毎日会社に通っていれば、ランチタイムに同僚と愚痴を言い合ってスッキリする小さな悩みも、基本的に一人で仕事をするフリーランス女性は、つい思いつめてしまいがち。思い切って旅行に出かけたり、信頼できる人に話を聞いてもらうのもいいけれど、そんなとき、日常生活の一部にほんの少し意識を向けるだけで、心がすっと軽くなる方法があったらいいと思いませんか? …

初めての子育ては、喜びや楽しさの反面、誰にとっても不安なもの。特にそれまでバリバリ働いてキャリアを積んできたママにとっては、仕事とのギャップに戸惑ったり、子どもの未熟さを受け入れられないことが多いと言います。…

私の場合、フリーランスになることを考えるよりも先に退職がありました。退職を決めた一番の理由は、子どものアレルギーが悪化し、早いうちに治療に専念したいと考えたこと。「もっと子育てに時間を取りつつ、仕事にもやりがいを持って向き合える働き方はないのかな?」と、考えていたことも背景にあります。…

フリーランスと言うと、エンジニアやデザイナーなど、クリエイティブワークのイメージが強いかもしれません。 しかし、実際には、企画や営業などのビジネスフリーランス、シェフやハウスキーパーなどの職人フリーランスと、職種の多様化が進んでいるのです。…

2月17日にプロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会と freee株式会社(プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 賛助会員)主催の 確定申告セミナー「確定申告の本当にあった怖い&びっくり話」を開催します。…

Cueは「総合職系フリーランス女性のためのメディア」です。

「総合職系フリーランス」とは営業や企画、マーケティング、広報、人事――そんないわゆる「文系総合職」の職種の方がこれまでの知識・経験を生かし、フリーランスで働くことを意味しています。フリーランスというと、エンジニアさん、プログラマーさんなどのIT系職種やライターさん、デザイナーさんなどのクリエイティブ系職種の印象が強いかもしれません。しかし、「文系総合職」の方が自分のプロフェッショナリティを活かしてフリーランスという働き方を選ぶ新しい形が生まれつつあります。在宅で週3日、育児と仕事の両立させたいなどといった時間や場所にとらわれにくいワークスタイルかつプロフェッショナルとして自由に働く、幸せに生きる――Cueはそんな新しい生き方・働き方を選ぶ女性たちを応援します。フリーランスに関心がある、あるいはすでにフリーランスとして働いている総合職女性たちへ向けて、先輩フリーランスやワーママのインタビューをはじめノウハウやコラム、お悩み相談などフリーランスとしてイキイキと活動するために必要な情報をお届けしていきます。