• HOME
  • contents
  • work
  • 悩める女性マネージャーに贈るチームづくりのヒント|未来食堂・小林せかいさん対談(1)

悩める女性マネージャーに贈るチームづくりのヒント|未来食堂・小林せかいさん対談(1)

work

会社員・フリーランスに関わらず、チームマネジメントは永遠の課題。どうすれば良いチームをつくり、持続できるのでしょう
未来食堂の店主・小林せかいさんの著書誰でもすぐに戦力になれる未来食堂で働きませんか――ゆるいつながりで最強のチームをつくるには、「最強のチームとは、失敗から進化できるチームです」のメッセージ。
未来食堂は、”50分働くと一食無料”の『まかない』という仕組みで運営されており、働く人が50分ごとに切り替わる仕組み。いわば究極的に流動性の高いチームで運営されている飲食店です。
店主のせかいさんは日々、どうやってチームをマネジメントしているのか。
せかいさんと中学・高校の友人であるWaris https://waris.co.jp/人材紹介会社)共同代表・河とCue編集長・松岡で、未来食堂にお邪魔しました。

目次

チームのモチベーションを”つぶさない”が至上
”本当に自分しかできないこと”を見極める
特性に合わせて業務を依頼する

3年前の2016年「自分のキャリアを自分で切り拓く」というテーマで語り合った記事はこちら

第1回 小林せかいさんが『未来食堂』をオープンさせるまで
第2回 小林せかい×河京子|仕事も家庭も、完璧を目指さない
第3回 小林せかい×河京子|「常識」の外に一歩踏み出すことを恐れないで


<登場人物>
小林せかいさん(以下、せかい)
未来食堂 /東京工業大学理学部数学科卒業。日本IBM、クックパッドでエンジニアとして勤務した後、さまざまな飲食店での修業を経て、2015年9月、東京都千代田区一ツ橋に『未来食堂』を開業。事業計画書や毎月の売上をすべて公開する「オープンソース化」や、50分のお手伝いで一食が無料で食べられる「まかない」など前例のないシステムで飲食業界に革命を起こし、日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017【食ビジネス革新賞】」を受賞。

河京子(以下、河)
株式会社Waris共同代表 /慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科卒業。株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)で、企業と個人のマッチングや、大型採用を行う企業への、採用コミュニケーションプランの立案などを担当。リクルートキャリア在籍中の2013年4月、ハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。2014年6月にリクルートキャリアを退職し現職。

松岡永里子(以下、ー)
Cue編集長/広告代理店で法人営業、不動産ディベロッパーでビルマーケティング・営業サポートを経て、ITベンチャー企業・エンファクトリーに入社。2018年よりマネージャーになり、メンバーとの関わり方に日々悩む。2019年より複業でCueの編集長を務める。

チームのモチベーションを”つぶさない”が至上

対談中も働き続けるせかいさん(奥)と見守る河(手前)

―今日はよろしくお願いします!
せかいさんの著書「誰でもすぐに戦力になれる未来食堂で働きませんか――ゆるいつながりで最強のチームをつくる」のなかで特に印象的だったのが、「『チームメンバーの)モチベーションは高めるものではなく、つぶさないもの』と考えて行動している」という部分です。
マネージャーとして、チームのモチベーションを「高める」あるいは「引き出す」ことばかりを考えてたので、“つぶさない”という視点に、目から鱗でした。
河:モチベーションをつぶさないために、心がけていることはある?

 

せかい:メンバーがやるタスクは原則、本人が「したいと思うこと」だけ。
メンバーからの「これをやりたい」という提案は、基本的に否定せず、やってもらうようにしているよ。
例えば、メニューに描いてあるイラスト。「かわいいね」と伝えてから、まかないさん※)が毎日描いてくれているの。
※まかないさん:未来食堂の仕組み『まかない』を行う人のこと。http://miraishokudo.com/makanai/info.html

―なるほど。モチベーションをつぶさなかった結果、自主的にイラストを描き続けてくれるんですね。

もし、私が「絵を描くなんて無駄だよ」と言っていたら、きっと二度とイラストを描くこともなく、やる気を失っていたよね。
モチベーションを回復させるよりも、すでにあるモチベーションをどうやってキープするかを考えるほうが、簡単。
だから、チームリーダーに求められるのは、モチベーション”つぶさない”振る舞いです。

”本当に自分しかできないこと”を見極める

―言動からモチベーションが見えにくい場合、すでにあるモチベーションを見つけ出す方法ってありますか?

まかないさんは、何らかの理由で、ここ未来食堂)に来ているはずなので、その理由を探すようにしているかも。あと、相手のいいところって、ひとつはあると思っていて。未来食堂に来てくれるまかないさんのなかには、お客さんが見ていてハラハラするほど、お店の空気が変えてしまうような振る舞いをする人がいる。でも、そういう人も、思ってもいないところで芽が出るんだよね。人って種みたいなものを持っていて、いつか能力や才能が)発芽する。種が開くまでは、未来食堂はどんな風が吹いても、倒れないビニールハウスだという気持ちでやっているよ。

でも、あんまり「芽が出る」と思っていると、結局期待してイライラしちゃうじゃない? 分かりやすく言うと、私は、夫にいつも期待しちゃって、でも夫は期待通りにできなくて……笑)

 

イライラはしないけどなー。

 

アンガーマネジメントにも使われる「氷山モデル」という考え方があって。
例えば忙しい職場で「何で私ばっかり頑張っているの?」とイライラする人は、その奥に「もっと頑張っている自分を認めて欲しい」といったニーズがある。でも、自分でもこのニーズに気づきにくい。だからつい、その上の感情に左右されて言動してしまう。せかいは、昔から(※)感情という層が抜け落ちていて(笑)ニーズの上に、言動があるから、イライラせずに芽が出るのを待てるのかなって思った。※小林せかいさんと河は中学・高校時代からの友人

うーん。あと、相手に期待してイライラするのは、甘えなのかもね。例えば赤ちゃんが毎朝8時に起きなくても、誰も怒らないでしょう。「この人だったら分かってくれるかも」という期待の積み重ねは、甘えなんだよ。

 

ああ、私の甘えなんだ! 

 

芽が出るかどうか期待はしないけど、徐々にメンバーに任せられることが増えていく。「任せる」がうまくできないと、チームで働くメリットがないよね。だけど、マネジメントを負担だと感じている人にこの「任せる」が苦手なタイプが多い。”本当に自分しかできないこと”を見極めていけば、任せられる範囲は見えてくるはず自分の能力をシビアに自覚し、誰にでもできることは、誰かに任せましょう。

特性に合わせて業務を依頼する

お店のメンテナンスをしながら対談中のせかいさん

ところで、せかいさんご自身は、チームについて悩むことってあるんですか?

んー。ないかなー。

 

参考にならないな笑)悩む前に行動するタイプだからね。

 

「大変だなー」と考えることはあるけど。最初は飲食店での最適な振る舞いがよく分からなかった人も、徐々に変わって、今は店番をお願いできたりとか。本人の素質があって、何かを学んで伸びていったりするんだよね。

 

―私は期待をあまりしない分、早々に人を見切っちゃうんです。「できないでしょ」って。

まあ、見切ることも大事だよ。

 

ドライだな笑)

 

未来食堂には本当にいろんな方がくるから、お店の運営に)支障がなさそうなところから業務を依頼するの。

 

人に応じた仕事の依頼をしているのね、ダイバーシティマネジメントだね。

 

それと、本人の特性を後出しで言われることが多いから、先に聞くようにしてるかな。本人のことは本人が一分かっているからね。

 

著書にあった通り)人のデコボコにあった仕事の依頼をしているんだね。

 

未来食堂の場合、まかないさんたちは採用面接などせずに働いているけど、会社の場合メンバーを採用活動で「選んでいる」から評価”ちゃうのかもね。

 

前職でもよく採用後の受け入れ部門から「なんでこういう人を採ったんだ」「使えない」みたいなクレームが人事部門に入っていたんだよね。そのたびに私は「おかしいよ、最初はみんなできなかったじゃん!」って思っていた。自分ができなかったことを忘れて、フィードバックをする側に回っちゃう人が多い 

できる人って「なんでできないんだろう」って思っちゃうよね。

 

せかいが著書に「(できないのは)仕組みをつくる側に責任がある」と書いていて、その通りだなと思ったんだよね。私、前に未来食堂のまかないさんをしたことがあって……。

 

笑)河さんが、ブーツを履いてきて、厨房を汚したときね。

 

それで、この厨房には、土足禁止というルールができた。

 

―「できない人が気づきを与えてくれる」って本当ですね。

聴覚障害があるまかないさんと、他のまかないさんでつくった「手順書」がすごく役に立っていて。このお店って、初めて来た方には分かりにくいじゃない? 私も忙しいしさ。でも、テーブルの上に「手順書」を置いておくだけで、お客様にもお店の仕組みが伝わり、みんなのためになったの。特性に合った仕事をしてもらっているうちに、思いがけない効果が生まれる。だから、考えようなのかもしれないね。

>>後編へ

撮影・文/松岡永里子)

自分らしく働きたくなったら

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

松岡 永里子

Cue新編集長(2019/3〜)1988年生まれ。広告代理店で法人営業、不動産ディベロッパーでマーケティング・営業サポートを経て、ITベンチャー企業・エンフ...

プロフィール

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー