弱ったあなたに聴いて欲しい。胸に響く、効くSAKANAMONの音楽

SAKANAMON藤森元生さんインタビュー
special

SKANAMONがくれる等身大の応援歌

ー(cueに収録されている)「テヲフル」を聴いたときに、悲しみのような、決意のようなものを感じました。
藤森:「テヲフル」は、新しいレーベルと事務所に入って気負いもありつつ、優しく受け入れてもらって、楽しくやっていこうという期待と不安でいっぱいのときにつくった歌です。

そして、前のレーベルと事務所への感謝の意味も込めて。「これからも頑張ります!」というポジティブな歌なんです。

「テヲフル」はポジティブな歌。僕はどこにいても自分の音楽をできると思っているので、(所属する)事務所が変わっても「どうとでもなるだろう」「もっと楽しくなるだろう」と。
音楽に関してだけは協調性がなかったりするんですが……こだわりがないところはとことんこだわりがないんです。
音楽でわがままを言わせてもらっているので、罪滅ぼしではないのですが、自分の中で勝手にバランスをとっている感じです。

ー才能があって、やりたいことがあって、だからこそそういう選択ができるのでしょうか。
藤森:でも、僕はもともと音楽が得意なわけじゃなかったんです。「逃げ」の人生でした。
ーそうなんですか?
藤森:逃げてたどり着いたのが、音楽だったんです。
学生時代、「運動もできない」「勉強できない」「モテない」さあどうする俺の存在意義……!ってなるわけです。
でも、「特別でありたい」と思って。
みんなに認めてもらうことで、存在意義を見出せる。それが藤森元生だったんですね。
絵を描いたら褒められて、調子に乗って漫画を描いて。高校から美術の学校に行ったら、自分よりみんな絵がうまくて…、
「自分だけの才能が欲しい」と思ってたどり着いたのが音楽だったんです。

ー音楽が得意だと気付けたきっかけは何だったんですか?
藤森:うーん。歌うのが好きでお家で歌って、友達にうまいねと言われて調子に乗って……徐々にですね。
でも、音楽しかなかったんですよね。楽しいことが音楽しかなかったんです。
ー今もそれは変わらないのですか?
藤森:この世界に入ったら、みんな楽器がうまくて、歌がうまくて……高校時代に巻き戻しです(笑)
でも、生意気なことに、「僕ら(SAKANAMON)はいなくてもいいや」と思えるような音楽は、この世に存在しないなと思っていて。
SAKANAMONの居場所はあると思うから、自信をもってやらせてもらっています。

島田紳助さんが、ダウンタウンを見て漫才を辞めようと思ったというエピソードがあるのですが、
僕らにとってのダウンタウンは、現れていないんです。
SAKANAMONより完全いい曲書いていて、いいこと言っていて、全部負けていたら、もういいです。
ー辞めたいなーって思ったことありますか?
藤森:ないですね。もし、ほかの才能があってそっちで開花できるような自信があったらともかく、音楽しかないので。

「楽観的に客観的に」自分らしく生きていく

ーCue読者に、おすすめの1曲をお願いいたします。

Cueにオススメは?藤森:……(悩んで)「並行世界のすゝめ」ですかね。
SAKANAMONの曲調としてもスタンダードで、悩んでいる人を後押しもできるし、逃げ道もちゃんと残してあげられる曲だと思います。

「並行世界のすゝめ」が収録されている
5th Mini Album「GUZMANIA」(グズマニア)

―聞いているうちにすっとするとても良い曲です。是非みなさんきいてみてください!
最後に、メッセージをお願いいたします。
藤森:いろんなできごとがあるなかで、物事をいかに楽観的に考えられるかということと、客観的に見らえるかということが大事かなと思います。
「斜に構えている自分」を客観視して、イタくないか?とか。
そして、「そういうことができている自分が、人より上手(うわて)だと思っていること」がイタくないかな? ……俯瞰しないといけないですね。
そうすると今、重要だと思っていることが、実は大きな問題ではないと、概念的にぶち壊すことができるんじゃないかなと。

「まあいいか!」「もういいや」と思える気持ちが、世の中を生きていくうえで一番大事な思考だと思うんです。
なげやりではなく、(そうやって前に進むことが)ポジティブだと僕は思っています。


(企画・取材・文/松岡永里子 撮影/持田薫)

悔しいこと、やるせないこと、自分が嫌になってしまうこと……。
笑っていたいこと、信じたいこと、自分は特別でいたいと思うこと。
人といると、私たちはどうしても比べたり、迷ったり、落ち込んだりしてしまいます。
でも、これだけは譲れないものを持てたら、守れたら、多少のことは「まあいいや!」と思えるのかもしれません。
何か、違うということは、特別。SAKANAMONの音楽を心身にめぐらせれば、
「今は迷わないように」とちょっとだけ自分を守り、健やかでいられるなと思うのです。

自分らしく働きたくなったら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

松岡 永里子

Cue新編集長(2019/3〜)1988年生まれ。広告代理店で法人営業、不動産ディベロッパーでマーケティング・営業サポートを経て、ITベンチャー企業・エンフ...

プロフィール

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー