• HOME
  • contents
  • special , work
  • 「おいしい」は魔法のコトバ。毎日の料理を楽しくするには? 料理家・山口祐加さんインタビュー

「おいしい」は魔法のコトバ。毎日の料理を楽しくするには? 料理家・山口祐加さんインタビュー

special

Instagramにアップされるおいしそうなごはん。
両手に収まらないほどの食材が使われているであろう、色とりどりのおかず。
手の込んだお料理はとてもおいしそうだし、憧れる。だけど「できない自分」にもやもや……。
本当はおいしく楽しく食事できれば十分なのに、どんどん難しくなっているような気がします。どうすればこんなもやもやから解放されるのでしょうか。

ある日、Twitterのタイムラインで目にした#今日の一汁一菜
山口さんが作るお料理は、とてもおいしそうで。でも作り込んでいなくて。きっと、毎日の食事にぼんやりとした悩みをかかえるCueの読者にとって救いになるのではと思い、ぜひインタビューさせてもらえませんかと今回お声がけしました。
料理家であり、ライターでもあり、そして「自炊を応援する人」である山口祐加さんに料理やごはんについて、うかがいます。


プロフィール
山口祐加さん
料理家、ライター、自炊を応援する人。
幼いころから料理をたのしみ、出版社、PR会社を経て2018年4月よりフリーランスに。料理教室、セミナー、出張社食など幅広く料理に関するお仕事をしつつ、ライターとしても活躍中。Twitter、インスタ、noteの発信も目が離せない。
9月からはNIKKEIとnoteの取り組み「Nサロン」集中講座で「料理名のない自炊入門」もスタート。
※山口さんについて、ご自身のことばで発信されているので、ぜひぜひそちらをチェックしてみてください。
Twitter:https://twitter.com/yucca88
Instagram:https://www.instagram.com/yucca88/
note:https://note.mu/yucca88

”映える”ごはんじゃないのが、あたりまえ。「自分がいい」と思う料理を

ー山口さんの育った環境や生き方が魅力的なのをTwitterやnoteで読ませていただきました。
Cueは、「きっかけは、彼女の生き方」を合言葉にライフストーリーを綴るメディアですが、今回はせっかくの機会なので、Cueの読者に向けて料理や食事に関するお悩み解決のお話をおうかがいできればとおもいます。よろしくお願いいたします!

山口さん(以下、山口):親が専業主婦の割合が多いCueの読者である30〜40代女性の皆さんには、いわゆるお母さんの家庭料理を食べて育った人が多いと思います。一方、共働きが増えてきている社会で、毎日仕事をしながら何品もおかずを作るのは難しい。
家族のかたちや暮らし方が多様になってきている中で、どうしてそんなに理想、そして他人や昔と比べるんだろうと思います。
外は外、ウチはウチですから、「自分、あるいは自分たちがこれでいい」という食事をするのがいちばん良いと思うんです。
でも、SNSを見ていると「家庭料理の闇」みたいなものを感じざるを得ませんね。

ー家庭料理の闇?

山口:たとえば、インスタグラムで“#家庭料理”のハッシュタグで出てくる写真には「何時間かけて作ったんだろう?」と思うほど豪勢なものが結構あります。“#ずぼら飯”でようやく、普段の食事に近い投稿が出てくるんです。
このずぼらや手抜きという自虐的な表現は、日本人特有の謙虚さ・謙遜だと思います。簡単な料理でおいしく満足できたら、それはとても良いこと

でも、たとえばご飯と一緒にとうもろこしを炊いただけのとうもろこしごはんを、誰も「手抜き・ずぼら」だなんて思わないですよね(笑)ご飯料理なので時間はかかりますが、とてもシンプルな料理だと思います。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07PGXMR79

https://www.amazon.co.jp/dp/B07PGXMR79

土井善晴さんの『素材のレシピ』という本の帯に「簡単は手抜きじゃない」と書いてあるのですが、これがまさに私が言いたいことなんです。

料理は家計の許す範囲で、お家で作れて、“食べられるもの”であることが最低限。プラスおいしかったら、嬉しい! さらに誰かと食べられたらもっと幸せって思うんです。
ー言われてハッとしました。とても、シンプルな考え方ですね。

山口:みなさん、もっと自分を褒めるハードルを低くした方がいいと思います。「ご飯作れた、えらい」「おいしくできた、最高!」って。
実は、私のインスタで普段の一汁一菜を投稿すると、他の投稿に比べて2〜3倍の「いいね!」がつくんです。もしかして、本当はみんなこのくらいの品数でいいんじゃないかなと。
生活感のある日常の風景はSNSに投稿するほどでもないものが多いので、表に出づらいのです。SNSは人に見せても良いと思える写真をアップする場所とわかっているはずなのに、それらと自分の日常を比べてしまうのって辛いですよね。かといって、先ほどの#家庭料理の品数が多い投稿を否定するつもりはありません。おいしそうにできたら写真を撮りたくなる気持ちは私も同じです。ただ、お料理が好きでたくさんの品数作れる人たちの「日常」と、自分の日常と混同してしまうと、比較してしんどくなってしまう。
せっかくなら、料理を楽しんで、おいしく食べてほしいなと思っています。

>>NEXT
食育にも。毎日の料理を楽しむ方法

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

続きを読む
1 / 2

松岡 永里子

Cue新編集長(2019/3〜)1988年生まれ。広告代理店で法人営業、不動産ディベロッパーでマーケティング・営業サポートを経て、ITベンチャー企業・エンフ...

プロフィール

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー