下着屋・龍多美子さんのお悩み相談(上)

special

東京・吉祥寺に、知る人ぞ知るランジェリー・ショップがあります。
「Rue de Ryu(リュー・ドゥ・リュー)」。サイズをメジャーで測らない不思議なフィッティングで、「試着室にいる間に胸の形が変わる」「ブラジャーを変えたら人生が変わった」とたくさんの女性たちに魔法をかけてきたのは、オーナーの龍多美子さん。

参考記事:
・第1回: 自分を変えたいのならまず、正しいブラジャーをつけましょう
・第2回:「今」に集中しましょう。不安からは何も生まれません
・第3回: 忙しくても「自分自身」と対話することを大切にしてほしい

43年間、のべ7万人以上の女性の心と体に寄り添い、下着を通じて女性たちの心身を解放してきた龍さんのもとには、悩める女性たちからの相談が絶えません。
今回は、仕事や恋愛に迷ったとき、リュー・ドゥ・リューを訪れるという女性に同行し、龍さんとの対話の様子を取材させてもらいました。
人生の酸いも甘いもかみ分けた龍さんの、優しくも力強いアドバイス、必読です!

【相談者:Uさん(34歳女性)】
フリーランスデザイナーとして仕事をしています。
大手メディアで正社員として5年以上働いて、3年前に独立しました。
数年前に1度結婚しましたが、短期間で離婚。
最近、両思いだと思っていた男性が、突然私の友人と電撃結婚し、大きなショックを受けました。
恋愛でも、仕事でも、目指すべき方向を模索する日々。
こんな私が心から幸せを感じられる人生を手に入れる極意を教えてください!

リュー・ドゥ・リューの下着をつけると「事件」が起こる!?

Uさん (以下、敬称略):龍さん、こんにちは。お久しぶりです。
龍さん(以下、敬称略):Uちゃん、こんにちは。今日はよろしくお願いします。
編集部(以下「編」):Uさんは、以前からリュー・ドゥ・リューのブラジャーを使っていらっしゃるんですよね。
U:はい。2年くらい前から愛用しています。リュー・ドゥ・リューで新しい下着を買うと、必ず「事件」が起こって人生が動くので、もう手放せないんです。
龍:Uちゃんは体も心も敏感ですからね。本当に、すぐ変化が起こるの。この2年間で、Uちゃんの胸はBカップからEカップに育ったのよ。

編:ええっ! そうなんですか? そのブラジャー、私も欲しい…

U:それだけじゃないんです。先日もここに来て、たぶん両想いだと思うけど、煮え切らない相手との恋愛について龍さんに相談したんです。そこで龍さんがすすめてくれたのが真っ赤な下着で。「彼に選んでもらうんじゃない。あなたが相手を選ぶのよ!」って。
本当に不思議なんですが、そのブラジャーをつけたら、嫌なことを「嫌です」ってちゃんと言えるようになったんです。取引先にヘビースモーカーの方がいて、タバコの煙が苦手な私はずっと我慢していたんですけど、「打ち合わせの場ではタバコをやめてもらえますか?」と初めてきっぱり言うことができて。もちろん、仕事の話もちゃんとまとまりました。

龍:この赤いブラジャーの胸元には、水晶をイメージしたチャームがついているの。水晶には「自分の欲望に素直になる」というメッセージが込められているのよ。

U:その1ヶ月後、今度は白いシャツを着ても透けない下着が欲しくて、またリュー・ドゥ・リューに来たんです。ベージュの下着を買おうと思って龍さんに相談したら、「今、あなたに必要なのはベージュの下着じゃないわ。断然こっち! この下着をつければ、もっと素敵な男性に出会えるはず」とすすめてもらったのが、鮮やかなイエローの下着で。

編:全然透けなくない(笑)
龍:イエローは、自信を持って自分を表現する色なの。胸元にはコイン型のチャームがついています。タロットカードでは、金貨のカードのエースには、「物質」や「現実」が変化する、という意味があるのよ。
編:赤に黄色… もはや信号機みたいになってますが、Uさん、それで実際に変化はあったんですか?
U:はい。イエローの下着を買った翌日、両思いだと信じていた相手が、突然、私の大学時代のサークルの友人と電撃入籍したことを知りました。
編:ええっ! 本当にすごい変化が起こっちゃったんですね…
U:はい。さすがにショックで1週間寝込みました。でも、同時に心のどこかで「あーよかった」という想いもあって。ずっと彼への気持ちに執着していたけど、やっとこれで手放せるって。
龍:この先のUちゃんにとっては、もう必要のない人だったのね。これでもっと素敵な男性に出会えるはず。

Rue de Ryu の販売会についてはこちらからチェック>>

              (つづく)

取材・文・撮影/高橋実帆子

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

髙橋 実帆子

1980年生まれ。フリーランスライター/エディター。 共同通信社記者を経て、2012年からフリーランスに。 7歳と3歳、元気すぎる2人の男の子の母。 おいし...

プロフィール

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー