• HOME
  • contents
  • work
  • 「毎日つまらなさそうに働いているのは、なぜ?」ーフリーランス人事の自分に素直な働き方

「毎日つまらなさそうに働いているのは、なぜ?」ーフリーランス人事の自分に素直な働き方

フリーランス人事・杉本朱さんインタビュー
work

「こういう選択をしたら、なんとなく次こうなる」って決まっていると思っていたたけれど、違った。だから、今はフリーランスを楽しみたい。

ーお話を伺っていて改めて、杉本さんの明るく前向きで聡明なお人柄は、ご家族の影響が大きそうですね。本当に、素敵なご家族です。
最後の質問になりますが……ぶっちゃけフリーランス人事は、おすすめですか?

杉本:万人におすすめできるかというと「うーん」ですね。フリーランスになってみて、色々な情報や仕事は、これまで会社が与えてくれてた部分が大きかったんだなーと改めて感じています。
フリーランスは、情報収集だけじゃなく、仕事を創り出すことも含め全部自分でやらなければならず思った以上に大変だと実感しています。だけど今は、フリーランスで良かったと思っています。今は自分1人でお仕事を請け負っていますが、これから先は、私とは違った領域で強みを持っているフリーランスの方とコラボしたり、チームを作って働いてみたいな、とも思っていて……。これまで1人ではできなかったことにもチャレンジできるといいなと思ったりしています。まだまだやれることがありそうで楽しみです。
まずは、今年いっぱいできることを頑張ってみて、来年のことはまた考えようと思っています。

ーフリーランスになることだけが答えではないですよね。来年以降はどうされるんですか?
杉本:来年以降は本当に何も決めていなくて。あえて決めていないんです。会社員だと、当たり前のように昇進や昇給を求められますが、その点フリーランスは自由だなと感じます。

ー(私は今、会社員なので)すごく分かります! 昇進や業績と常に目標が掲げられ、背伸びを強要される感覚はありますよね。
杉本:実は私1回結婚してて、離婚しているんです。結婚したら、子供を産んで人生そのまま進んでくんだろうなと思っていたのに、思いがけないことからすぐに離婚することになってして。
それまで「こういう選択をしたら、なんとなく次こうなる」って思っていたんですけど、そうじゃないなーと改めて気づいたんです。
なので、今の段階で次を決めるのではなく、どんな選択肢も取れる状態でいたいんです。また結婚したいなとも思っていて、家庭ができたときにいきなりフリーランスは難しいと思っていて、今の自由な生活を楽しんでおくのが将来の選択肢を増やすことにもなるのかなと思っています。

ーなるほど、杉本さんに芯の強さに加えて、心の余裕を感じる理由が今わかった気がします。
「人事の仕事の醍醐味は、企業の健康的な文化づくり」と話す杉本さん。驚きエピソードも飛び出しましたが、彼女と話すと明るく前向きな気持ちになれました。

当たり前のように過ごしている毎日に、少しでも違和感を覚えたら「なぜ?」と考えて抜くのも1つの方法なのかもしれません。じっくり考え抜くと「本当にしたいこと」が見えてきそう。もちろん、それはみんなが今すぐすべきことでもなく、こういう方法があると頭の片隅に入れておいておくだけで、1つ選択肢が増えるのではないかなと思っています。
杉本さんのお話は、Cueからお届けする1つの生き方。キラキラと輝いて見える彼女にも、きっとインタビューでは語られなかった、もがいたり苦しんだりしたエピソードがあるんだと思います。
立ち止まって考えたいときには、とことん考え抜いてみて。今じゃないと思ったら、今のままでもいい。将来の目標を追いかけるのに疲れたら、すこしお休みするのもいい。流れに身を任せてもOK。
ただ、自分自身の直感や心の声に耳を傾けることだけは止めないでいたいな、いて欲しいなと思うのです。

取材・構成・文/松岡永里子(Cue編集部) 撮影/持田薫

自分の名前で働きたくなったら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

Cue 編集部

さまざまな女性たちの生き方を紹介するライフストーリーメディア。 変化を受け入れてしなやかに生きる彼女たちの物語が、ほかの誰かにとって小さなきっかけ、「はじま...

プロフィール

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー