フリーランスママのちょっとひとやすみ①はじめまして

lifestyle

こんにちは! フリーランスママの高橋実帆子です。
フリーランスで編集やライターの仕事をしています。プライベートでは、6歳と1歳、2人の男の子のお母さんです。

平日は、お仕事をいただいている会社に出社して仕事をする日が多いですが、正社員ではないんです。フリーランスなので、複数の場所で編集や執筆の仕事をしています。(Cueの編集もしてます!)

今日は、なぜ私が今のような働き方をすることになったのか、自己紹介を兼ねてお話したいと思います。友達の家にお茶を飲みに来たような気持ちで、気楽に読んでいただけたら嬉しいです。

フリーランスママのちょっとひとやすみ

①はじめまして
ワンオペ育児リフレッシュ休暇
もしフリーランスが病気になったら
転妻がフリーランスとして仕事を続ける3つの方法
保育園「不承諾通知」が届いたら

「私は一体、自分の夢や目標をどこに置いてきてしまったんだろう…」

4年前、Waris共同代表の田中と初めて電話で話しながら、当時専業主婦だった私は、泣き出しそうになるのを必死でこらえていました。

「5年後、どんな自分になっていたいですか?」という田中の質問に、いくら自分の中を探しても、「5年後、なりたい自分」の姿を見つけられなかったのです。

傍らで泣く子どもをあやしながら、「私は一体、自分の夢や目標をどこに置いてきてしまったんだろう…」と呆然としたことを覚えています。

 

新卒で通信社の正社員になり、記者として働いていた私ですが、長時間労働の末に体調を崩してバーンアウト。結婚を機に退職し、夫の赴任先だった山形で、図書館のアルバイトをしながらのんびり暮らしていました。
それなりに楽しいけれど、子どものころからの夢だった文章を書く仕事ができなくなり、心にぽっかりと穴が開いたような日々。

そんなとき、友人の紹介でWarisに登録したのです。

 

「フリーランス」という働き方があることは知っていましたが、それは特別な才能や経験を持つ人だけに許される選択肢で、自分のように一度レールを降りた人間には選べないものだと思い込んでいました。
まさか自分がフリーランスになるなんて、当時は思いもよらなかったのです。

 

5年ぶりの仕事。掲載誌を抱きしめて泣いた日

Warisの紹介で最初に仕事をした日のことは、今でもよく覚えています。

「仕事のときって何を着ればいいんだっけ?」「名刺はどうしよう?」とドキドキしながら取材先を訪問し、何度も書き直して納品した記事が掲載された雑誌を書店で見つけたときは、本を抱きしめて泣きました。

もう二度と好きな仕事はできないと思っていた自分にも、まだできることがあった。
「仕事だけが人生じゃない」と思い込もうとしていたけれど、本当は私、働くことが大好きだった。

4年前に感じたそんな思いが、仕事をする上で、今も私の原点になっています。

それ以来、夫の転勤で毎年のように日本全国を引っ越して回り、2人の子どもを育てながら、リモートワークで仕事を続けてきました。

5年のブランクがあり、転妻で、行く先々で待機児童問題に悩まされながら(これまでに4回の保活を経験しました)、それでも大好きな仕事を続けることができたのは、私の場合、「フリーランス」という働き方を選んだからだと思っています。

自由に働き、幸せに生きる

Cueでも繰り返しお伝えしていることですが、「フリーランス」という働き方は万能ではありません。時間や場所の自由度が高い反面、収入の不安定さや社会保障の手薄さの問題がありますし、どんな働き方を心地いいと感じるかは人それぞれ違います。

それでも、たとえば家庭の状況が変化して、もう働くことはあきらめてしまおうかと思ったとき。今の働き方を変えたいけれど、何から始めればいいか分からないとき。

「フリーランス」という選択肢があることを皆さんにお知らせしたい。一歩踏み出すきっかけになるような情報をお届けしたい。

そんな思いから、私たちはこのサイトを立ち上げました。

5年後、皆さんはどんな働き方をしていたいですか?
叶えたい夢はありますか?

自由に働き、幸せに生きたい。

そんな希望を抱く皆さんにとって、Cueが羅針盤のような存在になれたら、私たちにとってこれ以上の喜びはありません。

文/髙橋実帆子

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

髙橋 実帆子

1980年生まれ。フリーランスライター/エディター。 共同通信社記者を経て、2012年からフリーランスに。 7歳と2歳、元気すぎる2人の男の子の母。 おいし...

プロフィール

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー