• HOME
  • contents
  • lifestyle
  • 血のつながりは尊いのか?特別養子縁組をめぐるミステリー『朝が来る』

血のつながりは尊いのか?特別養子縁組をめぐるミステリー『朝が来る』

lifestyle

妊娠を望んだが叶わずに特別養子縁組によって子を授かった者と、
子を産んでも育てられなかった者の人生を追う、
というあらすじを聞いて、親子の絆に迫るドラマチックな物語を期待したのなら、この小説は読まないほうがいい。

朝が来る/辻村 深月 (著)・文藝春秋

辻村深月によるこの長編『朝が来る』が描くのは、命がもたらす希望だけでなく、出産にまつわるあまりに過酷な出来事だからだ。しかしこの物語は、子をめぐり混乱し葛藤するふたりの女性の心を、暗い側面も含めて容赦なく描き切るからこそ、心を射抜くような余韻が残る。

 

栗原佐都子と夫の清和は、つらく長い不妊治療を終わらせ、特別養子縁組制度によって生後間もない子を授かり朝斗と名付ける。心優しく素直に育った朝斗が幼稚園年長になったある日、生みの親である「片倉ひかり」を名乗る女性から電話で、「子どもを返してほしい」と告げられる。

信頼と愛情で深くつながった朝斗と佐都子の関係は、幼稚園で起きる子ども同士のトラブルというエピソードを通して十分に伝わってくる。

朝斗と過ごしたそれまでの日々は描かれないが、朝斗の幼くも聡明な態度から、彼が適切な愛情によってしっかりと育てられてきたことも明らかだ。朝斗本人も周囲も、本当のお母さんが別にいるという事実を自然に受け入れて穏やかに暮らしている。

 

夫婦のつらい不妊治療の経験が、朝斗への重すぎる愛情や実の母親への屈折した感情につながっていないことが新鮮で、リアルでもある。

この物語は、産まれてくる命をめぐるミステリーだ。
突如現れたこの女は、本当に朝斗を産んだ片倉ひかりなのか。その謎を軸に、物語は丁寧に紡がれていく。そして、過去にさかのぼって描かれるひかりの過酷な人生とその謎の解が重なった時、ミステリーの謎解きの面白さを超えた、血の通った温かい感動が押し寄せてくる。

 

中学生で子を出産し育てられなかったひかりが、行き場をなくした母性に混乱し、崩れていく姿はとても重く苦しい。
娘が思い通りに育たない苛立ちと、妊娠したことへの絶望によって冷静さを失うひかりの母親の姿も目を背けたくなるが、血のつながりゆえにこじれる親子間の感情は、誰もが一度は味わったことのあるものだからこそ、リアリティを持って伝わってくる。

思い返せば、養子を受け入れた者の感情には興味が持たれる一方で、子を手放した母親の思いやその人生は、あまり目が向けられていないように思う。

私たちは、善意ある引き取り手の気持ちには寄り添いたくなる一方で、子どもを手放した女性の人生を忘れてはいなかったか。
そこに思いを巡らせたとしても、彼女らに「いつか迎えに行くからね」といった感傷的なセリフを期待して、その人生を悲しい物語として、簡単に片づけようとしてこなかっただろうか。

 

『朝が来る』は、産んだ子どもを育てられなかった女性の人生をもきちんと愛し、彼女の弱さも愚かさも、周囲の冷たい眼差しも含めて露わにしている。

窮地へ追い込まれていくひかりの心には、常に子どもの存在が影を落としているけれども、頭の中はそれだけに支配されているわけではない。そこには、寂しい、逃げたい、不安、誰かに頼りたいといった、ひとりの少女としてのごく普通の感情も溢れている。
子を手放した者にも生々しい人生があるという当たり前のことに、この物語は気付かせてくれる。

血のつながらない親子の絆を描く物語はたくさんある。実の親と育ての親の対立や、養子となった子の葛藤をテーマにした作品も世間に溢れている。

しかしこの物語を読んだ後は、いかに自分自身が養子という問題に対して希望的観測や偏見を持って接していたか、思い知らされた。親子関係を望んだり、手放したりする人はこうであってほしいという理想を押し付けて、感傷に浸れるストーリーを期待していた。

 

『朝が来る』は、気持ちの良い涙が流れる物語ではない。
不妊治療の実情や、血のつながりに悩みもがき苦しむ姿は、とても美しいとは言えない。
そして、人の人生を良い方向だけでなく暗い方向にも大きく変えてしまう、命というものの重みを伝えてくる。しかしだからこそ、ふたりの人生がクロスするクライマックスでは、命の力に圧倒される。

誰もが、誰かと血でつながっている。
私たちは親子の問題から逃げられないが、この途方もない事実を前に、大きな何かに包まれているような安心感を覚えるのは私だけだろうか。

血のつながりは残酷であり、必ずしも尊いとは言えないかもしれない。母性とは何なのか、そもそも母性は本当に存在するのかもわからなくなる。しかしこの物語は、そんな私たちの判断とは関係なく、力強く産まれてくる命はいつも愛おしいということを、厳しくも優しく教えてくれるのだ。

 

文/川辺美希

朝が来る/辻村 深月 (著)・文藝春秋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

川辺 美希

言葉の力で人の魅力を引き出し伝える編集者。出版社でカルチャー誌、音楽誌、美術雑誌等の編集を経験し、現在はフリーランスとして俳優やミュージシャンのインタビュー...

プロフィール

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー