キャリアブランク、再就職、転職などフレキシブルにキャリアを築いてきた自らの経験を生かし、リサーチや対話を通して、ブランクがある女性のキャリア支援、プロフェッショナル女性のフリーランス人材としての活躍などを支えている小崎亜依子さん。働き方の多様化、フリーランス市場の拡大が加速する今、この変革期に見据えるべき先はどこなのか? その答えを探すひとつの試みとしてWarisが実施した「変革型フリーランス実態調査」の結果を交えながら、「フリーランスが幸せに働くこと」について小崎さんと一緒に考えてみました。

第1回目は、フリーランスの支援を続けてきた小崎さんが今、課題だと感じ始めていることです。

小崎亜依子
Waris Innovation Hub プロデューサー/Warisワークアゲイン事業統括
野村アセットマネジメント株式会社を経て、留学・出産育児により5年のキャリアブランクを経験。NPOでのアルバイトを経て2007年に株式会社日本総合研究所へ転職。企業のESG側面の評価分析を行い、社会的課題解決を投融資の側面から支援。「なでしこ銘柄」における企業分析等を担当した後、2015年株式会社Warisに参画。自身の経験を活かし、キャリアブランクのある女性を対象としたインターンシップ事業を手掛けるとともに、プロフェッショナル女性を対象としたプロジェクト型ワークの創出・マッチングを行う。日本テレワーク学会所属。

INDEX

―変革型フリーランスで幸せに働く―

第1回:小崎さん、「フリーランスになれば幸せ」って本当ですか?

第2回:時給5000円も夢じゃない!?「変革型フリーランス」になるには

第3回:企業に「選ばれる」フリーランスから、キャリアを「選ぶ」フリーランスへ

世界的にフリーランス市場が拡大している

― 小崎さんの体感としても、やはりフリーランス市場の変化は大きなものですか?
そうですね、本当に大きく変化してきたなと感じます。フリーランス市場は世界的にも拡大傾向にあり、日本はとくにここ5年ぐらいでしょうか。ものすごい変化が起きています。5月に開催した「フリーランスの多様な実態〜4社調査比較〜」では、市場の拡大、経済効果の可能性などがデータとして発表されました。フリーランス市場が急速に成長していることがよくわかります。

 

― 世界的にフリーランス市場が拡大した背景を、改めてお聞きすると何でしょう?
ITの進化に伴って派生した「シェアリングエコノミー」のシステムとフリーランスの拡大が強く連動した結果、というのがひとつありますね。不足している(空いている)ところに、必要な人材をマッチングしていくことが、シェアリングエコノミーのプラットフォームの発展によって簡単にできるようになりました。日本ではランサーズやクラウドワークス、米国ではアップワークなどがその走りですね。

 

多様化するフリーランス

― フリーランスの実態もすごく多様化していると感じます。名刺交換をすると、企業の名刺だけど実はフリーランスなんです、とか。
ごく普通の企業で働くビジネスマンが、実はフリーランスだったりするケースも少しずつ出てきていますからね。

 

kozaki01_02

 

職業で言えば、ひと昔前はフリーランスといえばデザイナー、イラストレーター、エンジニアなどある程度限定されていましたが、今では本当に多岐にわたります。プラットフォームも細分化し、例えばフリーランスの弁護士や医師、最近の職業で言うならデータサイエンティストといった高度プロフェッショナルの職業に特化したものもあります。

 

― フリーランスが浸透しつつあることは嬉しいですが、手放しに「よかったね」でいいのかな?という不安もあります。
まさに今、私たちもフリーランスの今後を考えていく正念場だと捉えていて。職業が多様化しただけではなく、フリーランスの働き方、それぞれのスタンス、企業との関係性、満足度などが実に玉石混淆だということが露呈してきたなというところです。とくに私たちがサポートするビジネス系フリーランスを目指す女性の中には、会社を辞めてフリーランスにさえなれば自由に働ける!幸せなキャリアが築ける!と幻想を抱いてしまっている人も少なくありません。フリーランスで働くことが浸透してきたという意味ではよいのかもしれませんが、以前よりも安易な気持ちでフリーランスになりたいと考える人が増えてきた感があります。

 

夢だけでは、活躍し続けられない

― 夢みてしまう気持ちはよくわかります(笑)。でも、それだけではやっぱり難しい。
「フリーランスは簡単じゃない」と脅かしたいわけではないんですよ(笑)。ただ、フリーランスで活躍できることを支える立場として、夢だけを見させるのではなく道筋を示していく義務があるんじゃないかな、と。フリーランスがこれだけ多様化し、玉石混淆になりつつある中で、そうしたフェーズに来ているのではないかと考えました。

 

kozaki01_03

 

―「フリーランスという選択があります」からスタートし、「選択した後どうしていくか」という時期に今、達しつつあるのですね!
そうですね。じゃあ示していくべき道筋って何だろう?と考えたとき、まずロールモデルが必要ではないかと。自由であることを実感し、報酬や時間といった現実的な面も含めて満足度高く働くことのできているフリーランスとはどんな人たちなのか。その人物像をひも解いて伝えることが、道筋を照らす一助になるのではないかと考えました。そのために実施したのが「変革型フリーランス実態調査」です。

 

― 変革型フリーランス?? どんなフリーランスなのでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします