• HOME
  • contents
  • lifestyle
  • 小安美和さん|仕事は「やりたい」人にいくのか「できる」人にいくのか

小安美和さん|仕事は「やりたい」人にいくのか「できる」人にいくのか

lifestyle

日本・シンガポール・中国と、国をまたぎながら「自立的にキャリアを作る」ということを実践し、2017年には自身の会社Will Labを設立された小安美和さん。

 

性別や国籍を問わず誰もが就労を通して「ありたい姿」を実現すること――そんな“will”の原点となった体験、実現のためにどうキャリアを作ってきたのか、willをもつことの大切さを、Waris共同代表の田中美和がうかがいました。

 

第3回の今回は、どうすれば自分の「ありたい姿」が見えるのか、Will Labの“will”に込めた思いなどをお聞きしています。

 

・第1回:ここで終わりたくない! ゼロリセットからのキャリア作り
・第2回:自分を信じて「できる」と言ってみよう
・第3回:仕事は「やりたい」人にいくのか「できる」人にいくのか

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和

東京外国語大学卒業後、日本経済新聞社入社。2005年株式会社リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)入社。エイビーロードnet編集長、上海駐在などを経て、2013年株式会社リクルートジョブズ執行役員 経営統括室長 兼 経営企画部長。2015年より、リクルートホールディングスにて、「子育てしながら働きやすい世の中を共に創るiction!」プロジェクト推進事務局長。2016年3月同社退社、6月  スイス IMD Strategies for Leadership女性の戦略的リーダーシッププログラム修了、10月WILL GALLERYオープン、2017年3月株式会社Will Lab設立。

自分のwillを書けない女性が増えている?

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和田中美和 会社のお名前がWill Labで、これまでお話をお聞きしていた中でも感じたことですが、小安さんはご自身の“will”をすごく大切にされていて、willが何なのか、どこにあるのかということを、非常にクリアに捉えられていますよね。willに向き合うことって、簡単ではないように思うのですが。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん小安美和さん(以下、敬称略) 私の場合、シンガポールでキャリアがゼロになり、自分がどうありたいのか、何をしたいのか向き合わざるを得ない状況に直面したことも大きいのですが。でも、どんな状況であれwillを持ち、それを表明することは、仕事をしていくうえでとても大切だと思っています。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
周囲に自分が「こうしたい」ということを伝えるんですね。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんそうなんです。前職のリクルートでは半年に1度、各自が「will(やりたいこと)・can(できること)・must(しなければならないこと)」をシートに記入して上司と面談するのですが、数年前からwillを書けない人がだんだん増えてきたように感じました。でも、仕事って不思議とwillを持っている人の方にいくんですよ。「あの人、これをやりたいって言っていたな」という人に、仕事をアサインしようという力学が働くのだと私は思っていて。反対にwillが見えない人に対しては、その人のcanでアサインするしかないんです。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和なるほど、おもしろいですね。willを発信し、どんな仕事をやりたいのか知ってもらうのは、会社員だけでなくフリーランスにもすごく大切なことですね。でも、私たちのところへご相談に来る方の中には、willがわからないという方もいらっしゃいます。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんwillを言葉にするのって、やってみようとすると案外難しいですよね。ある時、調べてみたら特に女性のほうが、男性より明らかにwillが書けないということが数字として浮き彫りになりました。女性の特性だと思うのですが、実現できないこと、実現できるかわからないことを無責任に口にしてはいけないという意識が働いているように感じます。

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

日経ホーム出版社・日経BP社で約10年編集記者。特に雑誌「日経ウーマン」で女性のキャリアを広く取材。調査・取材で接してきた働く女性はのべ3万人以上。女性が自分らしく働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスを経て、2013年ハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。共同代表。著書に「普通の会社員がフリーランスで稼ぐ」がある。

株式会社Waris:https://waris.co.jp

willが見えない時は目の前のmustを頑張ればいい

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和では、どのようにwillを見つけていくといいのでしょうか。まさに、Will Labの事業にもつながることですが、ぜひ知りたいです。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん最初からwillがクリアになっている人がいる一方で、順序としてmustをこなしているうちに徐々にcanが増え、それがwillにつながっていくパターンもあります。ですから、willが今わからなくても大丈夫。目の前のmustを頑張ることが大切なんですよ。そのためには、自分のcan・can notをきちんと把握することもポイントです。できること(can)をさらに生かす、またはできないこと(can not)を克服するためのmustから逃げずに取り組んで、canを増やしていくことがwillにつながるので。これはすべてリクルートの先輩の皆さんら学んだことですが。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
すごくいいアドバイスですね。willを大切にすることは、mustから逃げないことでもあるのですね。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんwillだけあってmustをやらない人もいるかもしれませんが、それではダメで。私もよく「willで生きていていいですね」なんて言われることがありますが、私自身はwillを語るときはものすごい覚悟です。そのwillを実現するためのcanを自分は持っているのか、持っていないのならそれを埋める努力をしているか、やるべきmustから逃げていないか。まるでできていないことばかりなのですが、willを語る水面下で、自分自身にいつもそうやって問うています。willだけでは生きていけませんから。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和覚悟の上での“will”なのですね。なかなか言葉にするのは難しいですが、言葉にできる女性が増えていけば、確実に何かが変わっていくのではないかと期待しています。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんそうですね。「こうありたい」というビジョンを持ち、そこに向かって生きていけたほうが、その人の能力は最大化するし、幸せじゃないですか。そのためのラボがWill Labですから、willを生み出すためのアプローチであれば何でも、事業範囲を決めずさまざまなことにトライしています。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
たとえばどのようなアプローチがあるのでしょうか。フリーランスの女性に対してのプログラムもありますか?

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんはい、個人向けのワークショップにも取り組んでいます。いろんなワークショップがあるのですが、ひとつは絵を描きながらwillを言葉にしていく『EGAKU』ワークショップというプログラムを、株式会社ホワイトシップと協同で定期的に開催しています。また、H.I.Sさんと協働で、タイ東北地方の農村で活動する女性社会起業家を訪問し、ともにwillを考えるツアーも実施しました。あとはホースセラピーを取り入れたワークショップを岩手県釜石市の三陸駒舎さんにご協力いただき開催したりしています。馬とのコミュニケーションを通して、自分で見えていない自分の姿を知っていくというプログラムです。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
絵あり旅あり馬あり、さまざまなアプローチでwillを見える化していくのですね!

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん見えないwillをどう言語化していくか、あの手この手でやっているところです。あとは、チャンスが比較的少ない地方の女性のwillを引き出し就労につなげていく事業、研修機会が少ない中小企業で働く女性向けのリーダーシッププログラムにも取り組んでいます。そして、やはり私のwillの原点でもあるシンガポールでの体験から発起したこと。途上国の(教育機会、就業機会が少ない)女性に対して、日本にいながらにしてできることは何かと考え、彼女たちの自立・生活向上支援を目的につくられたハンディクラフトを販売するショップも展開しています。途上国の女性をサポートする現地や日本の女性起業家がたくさんいるので、パートナーシップを組んで一緒に取り組んでいます。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和willで生きる人が増え、たくさんのwillにあふれる社会。その実現のために私たちも頑張ろうと、小安さんのお話に励まされました。今日は本当にありがとうございました!

(了)

 

取材・文/ 横山さと 撮影/工藤朋子

WILL GALLERY

世界の女性がつくる「てしごと」のセレクトショップ。
アジア・アフリカ13か国、18ブランド(2017年8月時点)女性の雇用につながる商品をつくりてのWILLとともにお届けします。

東京都港区白金台4-13-10 インディゴハウス1階

▼アクセス
三田線・南北線白金台駅1番出口徒歩3分

▼営業日
不定期オープン(営業日はWILL GALLERYのFacebookページよりご確認ください。)

オンラインショップでもお買い求めいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

Cue 編集部

さまざまな女性たちの生き方を紹介するライフストーリーメディア。 変化を受け入れてしなやかに生きる彼女たちの物語が、ほかの誰かにとって小さなきっかけ、「はじま...

プロフィール

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー