小安美和さん|自分を信じて「できる」と言ってみよう

lifestyle

日本・シンガポール・中国と、国をまたぎながら「自立的にキャリアを作る」ということを実践し、2017年には自身の会社Will Labを設立された小安美和さん。

 

性別や国籍を問わず誰もが就労を通して「ありたい姿」を実現すること――そんな“will”の原点となった体験、実現のためにどうキャリアを作ってきたのか、willをもつことの大切さを、Waris共同代表の田中美和がうかがいました。

 

第2回の今回は、小安さん流のキャリアの作り方。キーワードは「背伸び」です。

 

・第1回:ここで終わりたくない! ゼロリセットからのキャリア作り
・第2回:自分を信じて「できる」と言ってみよう
・第3回:仕事は「やりたい」人にいくのか「できる」人にいくのか

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和

東京外国語大学卒業後、日本経済新聞社入社。2005年株式会社リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)入社。エイビーロードnet編集長、上海駐在などを経て、2013年株式会社リクルートジョブズ執行役員 経営統括室長 兼 経営企画部長。2015年より、リクルートホールディングスにて、「子育てしながら働きやすい世の中を共に創るiction!」プロジェクト推進事務局長。2016年3月同社退社、6月  スイス IMD Strategies for Leadership女性の戦略的リーダーシッププログラム修了、10月WILL GALLERYオープン、2017年3月株式会社Will Lab設立。

キャリアは「背伸び」してギャップを埋めながら作る

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん小安美和さん(以下、敬称略) そういえば私、シンガポールにいる時にフリーランスとしても仕事をしていたんですよ。時事通信社で働き始めるまで、会社員と平行して3つの仕事をしていました。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和田中美和 ええ、そうだったのですか! しかも3つも! どのような経緯でお仕事されることになったのですか?

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん自己流ですが個人的に作っていたホームページを新聞社時代のクライアントが見てくださり、「うちのプロジェクトのものも作って」と依頼してくださったことで、ホームページ制作を受託していたのが1つ。それから韓国語の翻訳と、日本語を教える仕事。さらに、現地の日本語新聞のライターもしていました。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和時代に先駆けて、海外リモートもパラレルキャリアも実践されていたのですね! そのキャリアの形を選択したのはなぜだったのですか?

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんおそらく私のキャリアの作り方の特徴だと思うのですが、できるかどうか確信がなくても、「できる」と言える力で切り開く、とでも言うのでしょうか。ホームページ制作は趣味で作った経験しかない、翻訳も仕事としてやったことはない。それでも「できます!」と受注する。そうすると、目に見える仕事の実績が残り、次のキャリアにつながります。もちろんギャップの部分を埋めるため、必死に努力もします。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和それはフリーランスの方のキャリアの作り方にも通じますね。仕事の幅を広げたいと考えた時、必ずしもパーフェクトな実績がなくても、積み重ねてきた経験から「おそらくできるだろう」というところでコミットすると、次につながるんですよね。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんたとえば日本語を教える仕事は当初家庭教師レベルだったのですが、勉強して途中で日本語教師の資格を取得し、日本語学校でクラスを持たせてもらえるまでになりました。日本語新聞のライター仕事も、ミニコミ紙とはいえコツコツと取材や執筆を続けたことで記者という実績ができ、結果として時事通信社で働けることになりました。つまりは「背伸び」ですよね。背伸びをして受注して、そのレベルに達するために必死に努力する。そのスタイルで私はキャリアをつなげてきたように思います。

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

日経ホーム出版社・日経BP社で約10年編集記者。特に雑誌「日経ウーマン」で女性のキャリアを広く取材。調査・取材で接してきた働く女性はのべ3万人以上。女性が自分らしく働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスを経て、2013年ハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。共同代表。著書に「普通の会社員がフリーランスで稼ぐ」がある。

株式会社Waris:https://waris.co.jp

会社員11年を経て、自分のミッションを果たすべく起業

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
帰国後、リクルートに入社することを選択されたのは、どのようなお考えからだったのですか?

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんシンガポールを引き揚げる頃には、メディアの営業と編集という2つの強みが自分の中に育っていて、両方を生かせるのがリクルート(現・リクルートホールディングス)でした。入社後はメディアの編集、商品企画、プロモーションで集客して売上を作るというサイクルを一通り経験しました。そして、3年半ほど経った頃、『ゼクシィ中国版』のメディアプロデューサーが不足していて「小安さん、中国語を勉強していたよね?」と聞かれたので、また「できます!」と言ってしまいました。ニーハオぐらいしか自信がなかったのですが。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
ご自身としても、海外でメディアを作ることに挑戦してみたかったということでしょうか。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんちょうどその頃は、メディアを作るスキルは身についたけれど、「あれ? 私のテーマだった“異文化コミュニケーション”はどこに行った? 異文化の情報を異文化の人に提供する夢はまだ実現していないぞ」と気づいた時期でもあったんです。このまま人生終わってもいいのだろうか? と。ですから、中国行きの話は願ってもないチャンスでした。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
実際に行かれてみて、いかがでしたか? 言葉の壁をどのように克服されたのかも興味深いです。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん言葉は陰で必死に勉強です(笑)。36才で初めて管理職、しかも中国人の部下を40人持つポジションに立ち、ニーハオしかできないところから、毎週の朝礼を中国語でやるということを自分に課しました。そんな中で仕事としては、上海・北京・杭州と文化の異なる3拠点で、中国の新しい結婚世代に向けて、日本のブライダル文化を発信するという事業に1年半携わりました。異文化の土地に身を置き、異文化の人たちに情報発信する…まさに私がやりたいと願い続けてきたことですよね。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和中国で1年半。その後、日本のリクルートに戻られてからご自身で起業されるに至った背景にはどのような思いがあったのでしょうか。

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さんやりたかった仕事を苦節10年以上、7社目でようやく叶えて、それは至高の喜びだったのですが、ビジネスとしてはうまく成長させることができなかったんです。私は商品責任者でしたので、一度辞表を出しました。ただ、機会を頂き、国内事業の企画部門に異動。企画マネージャー、部長、室長を務めることになり、さらに最後の1年は、全社横断のプロジェクト『子育てしながら働きやすい世の中を共に創るiction!』のリーダーを務め、いよいよ辞めるという時には入社から11年が経っていました。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和働きやすい世の中を創るという、ある意味、小安さんが今取り組まれているテーマから遠くない仕事に関わる中、あえて会社に残らず起業に向かわれたのはなぜだったのですか?

 

株式会社Will Lab 代表取締役 小安美和さん私はずっと自分の課題感をもとに事業を創りたいと思ってきました。それは何かというと、性別や国籍といった属性に関わらず、誰もが就労を通して、「こうありたい」と思う姿を実現できる世界をめざすこと。確かにリクルートの中で事業を創ることもできたかもしれませんが、むしろリクルートが手がけていない領域、たとえばシンガポールで目にしてきた途上国の女性であったり、地方自治体といった部分こそ、自分の仕事だと感じたのです。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
なるほど、そのような思いで立ち上げられたのが、「will Lab」だったのですね。

<第3回:仕事は「やりたい」人にいくのか「できる」人にいくのか>につづく

 

取材・文/ 横山さと 撮影/工藤朋子

WILL GALLERY

世界の女性がつくる「てしごと」のセレクトショップ。
アジア・アフリカ13か国、18ブランド(2017年8月時点)女性の雇用につながる商品をつくりてのWILLとともにお届けします。

東京都港区白金台4-13-10 インディゴハウス1階

▼アクセス
三田線・南北線白金台駅1番出口徒歩3分

▼営業日
不定期オープン(営業日はWILL GALLERYのFacebookページよりご確認ください。)

オンラインショップでもお買い求めいただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCueをフォローしよう!

ピックアップ記事

あなたにオススメのストーリー