• 育児の記事一覧

Tag: 育児

onayami0413

仕事と育児の両立がつらい…フリーランスになったら、やりがいを感じられるようになりますか?

2018年4月13日(最終更新:2018年4月13日)
育児と仕事の両立がつらい…フリーランスになったら、やりがいを感じられるようになりますか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フリーランスでもマネジメント職。市場調査案件をチームで請けるフリーランサー|城みのりさん

2018年3月22日(最終更新:2018年3月24日)
フリーランスは個人で働くスタイル―というのは、もう古くなっていくのかもしれません。フリーランスだけどチームをマネジメントしながらで市場調査案件を請け負う城さんにお話を聞きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フリーランスになって手に入れた、子育てしながら夢を叶える働き方|西坂美奈さん

2018年2月24日(最終更新:2018年2月24日)
フリーランスとして「世界に日本を伝えたい」というミッションを基準にして仕事をする西坂さん。会社員時代はネット証券会社の社長室で広報・IRを担当してたという彼女のこれまでとこれからの『働く』について伺いました。
interview20180219main

池田千恵さん|育児と仕事の両立も、「早起き」が叶えてくれた

2018年2月19日(最終更新:2018年2月21日)
ベストセラー『「朝4時起き」で、すべてがうまく回り出す!』の著者であり、株式会社朝6時代表の池田千恵さん。二度の大学受験失敗や就職活動30社落選、20代で窓際社員など、幾度の挫折を「早起き」によって乗り越えてきました。第2回目は、早起きをするようになったきっかけと、早起きのメリットを伺いました。
column20180207-main

哺乳瓶トレーニングが仕事復帰時期を左右する!?|フリーランス女性のための産前産後ライフハック

2018年2月7日(最終更新:2018年2月7日)
4歳(タローくん)と1歳(ジローくん)、2人の息子さんを育てる(株)ハモニア 代表取締役・松原佳代さん。 フリーランスや自営で働く女性(とその旦那様)のために、「産前産後にやっておきたいこと」を教えてくださいました。【出産前からファミサポも味方に!|フリーランス女性のための産前産後ライフハック】に引き続き、松原さんの実体験を元に産前産後を乗り切る技を教えていただきましょう。
column20180206-main

出産前からファミサポも味方に!|フリーランス女性のための産前産後ライフハック

2018年2月6日(最終更新:2018年2月6日)
フリーランス、独立、自営、起業といった道を選ぶとき、パートナーがいる場合、子どもが欲しいと考えている場合には、必ずといっていいほど頭をかすめるのが、出産、そして育児を、会社員ではない働き方で乗り切ることができるのか? という思いだと思います。私の自営での出産を振り返りつつ、フリーランスあるいは自営の女性(とその旦那様)に向けてライフハック的に、産前産後にやっておきたいことをまとめてみたいと思います。
pixta_2582048_M (1)

40代で子育てと介護のダブルケアに直面。フリーランスであれば、仕事は続けやすいですか?

2018年2月5日(最終更新:2018年2月5日)
フリーランスという働き方には興味がありますが、会社を辞めて本当に仕事があるのか不安です。こんな私でもフリーランスになれますか?
薄井シンシアさん|先ばかり見ない。今、あなたの目の前にある可能性に気づいて。

薄井シンシアさん|先ばかり見ない。今、あなたの目の前にある可能性に気づいて。

2018年1月31日(最終更新:2018年1月31日)
自分で選択した道を後悔しない生き方、あきらめない生き方・・・シンシアさんのメッセージを3回にわたってお届けするこの連載。最終回は、挑戦を続けるシンシアさんから、仕事と家庭の両立世代へ向けて伝えたいことです。
薄井シンシアさん|スキルより必要なもの―ブランクを経て働くということ。

薄井シンシアさん|スキルより必要なもの―ブランクを経て働くということ。

2018年1月26日(最終更新:2018年1月31日)
自分で選択した道を後悔しない生き方、あきらめない生き方・・・シンシアさんのメッセージを3回にわたってお届けするこの連載。2回目は、自身のステップアップの方法を振り返りながら、ブランクを経て働くために大切なことを教えてくださいました。
薄井シンシアさん|後ろ髪を引かれない生き方、していますか?

薄井シンシアさん|後ろ髪を引かれない生き方、していますか?

2018年1月22日(最終更新:2018年1月31日)
「この子を育てあげることが今の私の仕事だ」と直感し、28年前、仕事をやめて専業主婦の道を選択した薄井シンシアさん。17年間のブランクを経て、“給食のおばちゃん”として再出発した後、5つ星ホテルの副支配人を務めるまでにキャリアアップを続けてこられました。1回目は、働くことにもやもやを抱える女性がやるべき「5つのリスト」のお話です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フリーランスになって名刺が3倍。責任感と喜びは会社員時代の100倍に!/河合優香理さん(新規事業立ち上げ)

2018年1月9日(最終更新:2018年4月7日)
私がフリーランスになったのは、5年前、33歳のときです。31歳で出産し、育休明けから、正社員として勤めていた会社に復職していました。当時は、毎日、息子を自宅近くの保育園に預け、片道1時間半かけて通勤していたのですが、1歳という年齢のせいでしょうか、会社に到着したとたん、園から「息子さんに熱があるようだから迎えに来て欲しい」という連絡が来る、というようなことがたびたび起こるようになったんです。
column20171205main

私が“フリーランスママ”という生き方を選んだ理由

2017年12月5日(最終更新:2017年12月5日)
政府が“一億総活躍社会”を掲げたことに伴い、働き方の見直しが進んでいます。長時間労働が大きな問題として取り沙汰されるようになり、フリーランスという働き方も、子育て中の女性が仕事を継続することも、今大きな注目を集めていますよね。ワーキングマザーがフリーランスとして働くには、メリットもデメリットもあります。今回は、“ママ”としての役割にスポットを当て、自身の経験も踏まえてお話したいと思います。