• 横山さとの記事一覧

Tag: 横山さと

interview20171214main

小安美和さん|ここで終わりたくない! ゼロリセットからのキャリア作り

2017年12月14日
日本・シンガポール・中国と、国をまたぎながら「自立的にキャリアを作る」ということを実践し、2017年には自身の会社Will Labを設立された小安美和さん。 性別や国籍を問わず誰もが就労を通して「ありたい姿」を実現すること――そんな“will”の原点となった体験、実現のためにどうキャリアを作ってきたのか、willをもつことの大切さを、Waris共同代表の田中美和がうかがいました。
私らしいキャリアって何だろう?〜どう描き、どう作っていくのか  vol.3

秋山ゆかりさん|キャリアは長期戦。夫婦でバランスを取りながらハッピーに!

2017年11月29日
事業開発コンサルタントとしてグローバルに活躍されている秋山ゆかりさん。ビジネスパーソンとしてキャリアを積む中、31才でイタリア留学を経験し、プロの声楽家としての活動も行うパラレルキャリアの持ち主です。そんな秋山さんに、Waris共同代表の田中美和が、自分らしいキャリアの切り開き方、キャリア継続の秘訣などをうかがいました。第3回の今回はキャリアを長期的に捉え、どう家族でバランスをとっていくのかがテーマです。
私らしいキャリアって何だろう?〜どう描き、どう作っていくのか  vol.2

秋山ゆかりさん|自分のコアスキルはどこにある? ポートフォリオの組み換え術

2017年11月21日
事業開発コンサルタントとしてグローバルに活躍されている秋山ゆかりさん。ビジネスパーソンとしてキャリアを積む中、31才でイタリア留学を経験し、プロの声楽家としての活動も行うパラレルキャリアの持ち主です。そんな秋山さんに、Waris共同代表の田中美和が、自分らしいキャリアの切り開き方、キャリア継続の秘訣などをうかがいました。第2回はフリーランス独立後の成長のキーとなる「ポートフォリオの組み換え」についてのお話です。
interview20171115main

秋山ゆかりさん|今すべてが手に入らなくても、やりたいことは捨てなくていい!

2017年11月14日
事業開発コンサルタントとしてグローバルに活躍されている秋山ゆかりさん。ビジネスパーソンとしてキャリアを積む中、31才でイタリア留学を経験し、プロの声楽家としての活動も行うパラレルキャリアの持ち主です。そんな秋山さんに、Waris共同代表の田中美和が、自分らしいキャリアの切り開き方、キャリア継続の秘訣などをうかがいました。
忙しくても「自分自身」と対話することを大切にしてほしい

龍多美子さん|忙しくても「自分自身」と対話することを大切にしてほしい

2017年10月26日
24歳で自身の店をオープンしてから35年間、下着のフィッティングを通して多くの女性の心と身体に寄り添い続けてきた『リュー・ドゥ・リュー』オーナーの龍多美子さんへのインタビュー。連載2回目は龍さんのキャリアをお聞きしながら、自身の道を迷いなく進むための極意に迫ります。もやもやしている方、必見ですよ!
「今」に集中しましょう。不安からは何も生まれません

龍多美子さん|「今」に集中しましょう。不安からは何も生まれません

2017年10月19日
24歳で自身の店をオープンしてから35年間、下着のフィッティングを通して多くの女性の心と身体に寄り添い続けてきた『リュー・ドゥ・リュー』オーナーの龍多美子さんへのインタビュー。連載2回目は龍さんのキャリアをお聞きしながら、自身の道を迷いなく進むための極意に迫ります。もやもやしている方、必見ですよ!
自分を変えたいのならまず、正しいブラジャーをつけましょう 『リュー・ドゥ・リュー』オーナーの龍多美子さん

龍多美子さん|自分を変えたいのならまず、正しいブラジャーをつけましょう

2017年10月12日
24歳で自身の店をオープンしてから35年間、下着のフィッティングを通して多くの女性の心と身体に寄り添い続けてきた『リュー・ドゥ・リュー』オーナーの龍多美子さん。龍さんのフィッティング術に隠された仕事への信念、女性に伝えたい想いなどを3回にわたってお届けします。
進みたい道を選び、「やりたい」を貫けるのがフリーランス/松田ひろみさん

進みたい道を選び、「やりたい」を貫けるのがフリーランス/松田ひろみさん

2017年9月27日
最大のきっかけは、2011年の東日本大震災だったのかなと思います。当時、育児雑誌のデスクを務めていましたが、震災後のお母さんたちの不安な気持ちを置いて記事を作らなければならず、そんな仕事のあり方に疑問を感じてしまったことが大きいように思います。会社員である以上それは仕方のないことでしたが、フリーランスになれば、ある程度自分の意志で仕事のバランスもとれるのではないかと考えたのです。