• 天田有美の記事一覧

Tag: 天田有美

ghost-presenter-433673-unsplash (1)

慎重派にオススメ!まずは“副業でフリーランス”を始めよう

2018年4月2日(最終更新:2018年3月31日)
フリーランスという働き方に興味はあっても、収入面の不安などから、いきなり挑戦するのはハードルが高い、と感じている方も多いのでは。そんな方は、副業としてフリーランスを始めてみてはいかがでしょうか?
column20180326-main

デュアルライフで自由に暮らしたい!~メリット・デメリットは?#新しい働き方最前線

2018年3月26日(最終更新:2018年3月24日)
例えば、田舎と都会、大都市2拠点、海外と日本・・・はたく場所に捉われないフリーランスだからこそ。メリットは『自由』だけではないようです。。
column20180129main

現役フリーランスが語る! リモートワークを成功させるコツ

2018年1月29日(最終更新:2018年1月29日)
私たちフリーランスは、自由な場所で仕事している人が多いですよね。でも、クライアントがどういう働き方をしているかで、コミュニケーションスタイルが大きく変わるもの。リモートワークのメリットもデメリットも、しっかり把握しておきたいですね。 今回は、リモートワークの是非と、活用方法について考えてみたいと思います。
column20171205main

私が“フリーランスママ”という生き方を選んだ理由

2017年12月5日(最終更新:2017年12月5日)
政府が“一億総活躍社会”を掲げたことに伴い、働き方の見直しが進んでいます。長時間労働が大きな問題として取り沙汰されるようになり、フリーランスという働き方も、子育て中の女性が仕事を継続することも、今大きな注目を集めていますよね。ワーキングマザーがフリーランスとして働くには、メリットもデメリットもあります。今回は、“ママ”としての役割にスポットを当て、自身の経験も踏まえてお話したいと思います。
column20171110main

ワーママがフリーランスのデメリットを乗り越える3つの方法

2017年11月10日(最終更新:2017年11月10日)
前回の記事では、ワーキングマザーがフリーランスで働くメリットについて取り上げました。しかし、物事には常に裏と表があるもの。自由な働き方を手にする代わりに、リスクを取らなくてはいけない場面もあります。今回は、ワーキングマザーがフリーランスを選ぶ場合のデメリットについて考えてみたいと思います。
column20171005

ワーママがフリーランスになる3つのメリット

2017年10月5日(最終更新:2017年10月5日)
“フリーランス”という働き方は、実はワーキングマザーにとってメリットがたくさんあります。「限られた時間の中で、生産性高く働く」という点において、両者は共通しているからです。 私自身、フリーランスで働くワーキングマザーですし、これまでお会いした方々の中にも、好んでこのスタイルを選んでいるワーキングマザーがたくさんいらっしゃいました。
Top view of office table with four colleagues working together

「孤独」なフリーランスが、チームワークを感じて働く方法

2017年9月7日(最終更新:2017年9月4日)
「フリーランスは組織に属していないから、一人で仕事をしているものだ」と思っている人が意外に多いようです。もちろん、一人で仕事をするスタイルを好んで選んでいる人もいると思いますが、私の場合は違います。自由に働ける環境は確保したいものの、周りの方々からもらえる刺激や視点がないと、仕事は楽しくないと思うからです。
「会社員に戻りたい」「起業したい」「ずっとフリーでいたい」 どう考える? フリーランスの“キャリア”

「会社員に戻りたい」「起業したい」「ずっとフリーでいたい」 どう考える? フリーランスの“キャリア”

2017年8月8日(最終更新:2017年8月4日)
「フリーランスになろう!」と決めてなった人も、「実現したいことを追いかけていたら、いつの間にかフリーランスになっていた」という人も、それぞれ様々なきっかけがあると思います。働き方が多様化するこれからの時代、「やりたいことを実現するのに、一番適している働き方は何か」を考えた結果、フリーランスを選ぶ、という人が増えていくのではないでしょうか。
どうする? フリーランスのスキルアップ4つのコツ

どうする? フリーランスのスキルアップ4つのコツ

2017年7月3日(最終更新:2017年8月4日)
フリーランスは、プロフェッショナルとして仕事を請け負うもの。だからこそ、スキルを維持し、ブラッシュアップすることが不可欠です。とは言え、日々の業務に追われていると、なかなか難しいという人も多いのではないでしょうか。