• 両立の記事一覧

Tag: 両立

column20180115main

共働き夫を、頼れる家事メンにするパートナー育成術

2018年1月15日
「本当は家事から解放されたい!なんで家事は共働きじゃないの!?かと言って家事のアウトソースにお金をかけたくはないし…。」 なんて、モヤモヤを抱えている方も多いのでは? それが「あること」を意識した結果、今は頼れる家事メンに大成長!このコラムでは、嫌がられず共働き夫婦の家事分担を進める方法をご紹介します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フリーランスになって名刺が3倍。責任感と喜びは会社員時代の100倍に!/河合優香理さん

2018年1月9日
私がフリーランスになったのは、5年前、33歳のときです。31歳で出産し、育休明けから、正社員として勤めていた会社に復職していました。当時は、毎日、息子を自宅近くの保育園に預け、片道1時間半かけて通勤していたのですが、1歳という年齢のせいでしょうか、会社に到着したとたん、園から「息子さんに熱があるようだから迎えに来て欲しい」という連絡が来る、というようなことがたびたび起こるようになったんです。
column20171205main

私が“フリーランスママ”という生き方を選んだ理由

2017年12月5日
政府が“一億総活躍社会”を掲げたことに伴い、働き方の見直しが進んでいます。長時間労働が大きな問題として取り沙汰されるようになり、フリーランスという働き方も、子育て中の女性が仕事を継続することも、今大きな注目を集めていますよね。ワーキングマザーがフリーランスとして働くには、メリットもデメリットもあります。今回は、“ママ”としての役割にスポットを当て、自身の経験も踏まえてお話したいと思います。
私らしいキャリアって何だろう?〜どう描き、どう作っていくのか  vol.3

秋山ゆかりさん|キャリアは長期戦。夫婦でバランスを取りながらハッピーに!

2017年11月29日
事業開発コンサルタントとしてグローバルに活躍されている秋山ゆかりさん。ビジネスパーソンとしてキャリアを積む中、31才でイタリア留学を経験し、プロの声楽家としての活動も行うパラレルキャリアの持ち主です。そんな秋山さんに、Waris共同代表の田中美和が、自分らしいキャリアの切り開き方、キャリア継続の秘訣などをうかがいました。第3回の今回はキャリアを長期的に捉え、どう家族でバランスをとっていくのかがテーマです。
息子の成長を見守りながら、自由に、軽やかに働く/山本志帆さん

息子の成長を見守りながら、自由に、軽やかに働く/山本志帆さん

2017年10月31日
私がフリーランスになったのは、5年前、33歳のときです。31歳で出産し、育休明けから、正社員として勤めていた会社に復職していました。当時は、毎日、息子を自宅近くの保育園に預け、片道1時間半かけて通勤していたのですが、1歳という年齢のせいでしょうか、会社に到着したとたん、園から「息子さんに熱があるようだから迎えに来て欲しい」という連絡が来る、というようなことがたびたび起こるようになったんです。
進みたい道を選び、「やりたい」を貫けるのがフリーランス/松田ひろみさん

進みたい道を選び、「やりたい」を貫けるのがフリーランス/松田ひろみさん

2017年9月27日
最大のきっかけは、2011年の東日本大震災だったのかなと思います。当時、育児雑誌のデスクを務めていましたが、震災後のお母さんたちの不安な気持ちを置いて記事を作らなければならず、そんな仕事のあり方に疑問を感じてしまったことが大きいように思います。会社員である以上それは仕方のないことでしたが、フリーランスになれば、ある程度自分の意志で仕事のバランスもとれるのではないかと考えたのです。
column20170815

【スタッフコラム】親が70代になったら考えておきたいこと

2017年8月15日
5年前、福岡に住む母が骨折入院したとの連絡を受けてかなり動揺したことがありました。デイサービスに通う父の世話をどうするかという問題もあったからです。
【スタッフコラム】「朝型生活」の思わぬ落とし穴

【スタッフコラム】「朝型生活」の思わぬ落とし穴

2017年8月9日
年明けから心機一転、早起き生活に挑戦中です。きっかけは偶然、子どもの寝かしつけからうっかり深く眠ってしまい、気が付いたら朝の4時。「せっかくなので早起きしてみよう!」と思い立ち、その日を境に朝型のライフスタイルになりました。
【スタッフコラム】不妊・不育治療と仕事は両立できる?

【スタッフコラム】不妊・不育治療と仕事は両立できる?

2017年7月25日
わが家は、私と妻の2人暮らしです。 「お子さんはいらっしゃるんですか?」とよく聞かれるのですが、私たちにはまだ子どもはおらず、かれこれ3年間不育症の治療をしています。
完全在宅で人事業務。フリーになって罪悪感から解放された。/松浦圭子さん

完全在宅で人事業務。フリーになって罪悪感から解放された。/松浦圭子さん

2016年8月29日
フリーランスとして働き始めたころは、子育てと仕事との両立に難しさを感じて前職を退職して2年余りが経った頃でした。知人と働き方について話していた時に、たまたま「業務委託」というフレーズが出てきたことがきっかけです。