• マーケティングの記事一覧

Tag: マーケティング

column20180411-main

メディアからの引き合いが増えた理由は、広報フリーランスの活用|株式会社カインズ

2018年4月11日(最終更新:2018年4月11日)
フリーランスのOさんは外部との接点を広く持たれ、かつメディアや市場のニーズを拾いながら、それらをしっかり当社につないでくださる頼もしい存在です。
freelance_lanch03

フリーランスの保育園選考、どう乗り切った? ~フリーランス女子のぶっちゃけランチ会 vol.3

2018年4月9日(最終更新:2018年4月11日)
総合職系フリーランサー同士が集まりざっくばらんにおしゃべりしたランチ会の様子をお届け。保育園問題どうしてる?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フリーランスでもマネジメント職。市場調査案件をチームで請けるフリーランサー|城みのりさん

2018年3月22日(最終更新:2018年3月24日)
フリーランスは個人で働くスタイル―というのは、もう古くなっていくのかもしれません。フリーランスだけどチームをマネジメントしながらで市場調査案件を請け負う城さんにお話を聞きました。
ランチ会02

フリーランスの価格設定、どうしてる?~フリーランス女子のぶっちゃけランチ会 vol.2

2018年3月21日(最終更新:2018年4月9日)
総合職系フリーランサー同士が集まりざっくばらんにおしゃべりしたランチ会の様子をお届け。自分の仕事の値段どうやってつけてます?
PC060488

フリーランス活用のメリットは、複数企業で仕事をする“引き出しの多さ” |株式会社ギフティ

2018年3月7日(最終更新:2018年3月26日)
弊社に来てもらったフリーランスの方は、もともと化粧品業界でのマーケティング経験をお持ちで、医療機器が専門だったわけではありません。けれど、外部の人材だからこそ、新たな風を吹き込んでくれています。
column20180202-main

フリーランスになって最初の報酬、いくらだった? ~フリーランス女子のぶっちゃけランチ会 vol.1

2018年2月2日(最終更新:2018年4月9日)
基本的に一人で仕事をすることの多いフリーランス。同じ働き方をしている仲間と情報交換したくても、なかなか知り合う機会がないですよね。そこでCue編集部では、フリーランサー同士が集まりざっくばらんにおしゃべりをする「フリーランスランチ会」を開催しました。 年齢も職種もさまざまなフリーランサー4人が集合し、大いに盛り上がったランチ会の模様を、余すところなくお伝えします!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フリーランスになって名刺が3倍。責任感と喜びは会社員時代の100倍に!/河合優香理さん(新規事業立ち上げ)

2018年1月9日(最終更新:2018年4月7日)
私がフリーランスになったのは、5年前、33歳のときです。31歳で出産し、育休明けから、正社員として勤めていた会社に復職していました。当時は、毎日、息子を自宅近くの保育園に預け、片道1時間半かけて通勤していたのですが、1歳という年齢のせいでしょうか、会社に到着したとたん、園から「息子さんに熱があるようだから迎えに来て欲しい」という連絡が来る、というようなことがたびたび起こるようになったんです。
column20171127main

フリーランス1年目の私が案件の少ない地方で、仕事を得た方法

2017年11月27日(最終更新:2018年2月24日)
福岡でフリーランスとして活動する安元たえかです。12年半勤めた出版会社を退職し、フリーランスの道へ。現在は、編集・企画・ライティング・マーケティングの事業で複数の企業やNPO法人と業務委託契約をし、パラレルキャリアを実践中です。今回は、地方(福岡)のフリーランス事情についてお話しさせていただきます。
息子の成長を見守りながら、自由に、軽やかに働く/山本志帆さん

息子の成長を見守りながら、自由に、軽やかに働く/山本志帆さん(PR・広報)

2017年10月31日(最終更新:2018年4月7日)
私がフリーランスになったのは、5年前、33歳のときです。31歳で出産し、育休明けから、正社員として勤めていた会社に復職していました。当時は、毎日、息子を自宅近くの保育園に預け、片道1時間半かけて通勤していたのですが、1歳という年齢のせいでしょうか、会社に到着したとたん、園から「息子さんに熱があるようだから迎えに来て欲しい」という連絡が来る、というようなことがたびたび起こるようになったんです。
進みたい道を選び、「やりたい」を貫けるのがフリーランス/松田ひろみさん

進みたい道を選び、「やりたい」を貫けるのがフリーランス/松田ひろみさん

2017年9月27日(最終更新:2017年9月27日)
最大のきっかけは、2011年の東日本大震災だったのかなと思います。当時、育児雑誌のデスクを務めていましたが、震災後のお母さんたちの不安な気持ちを置いて記事を作らなければならず、そんな仕事のあり方に疑問を感じてしまったことが大きいように思います。会社員である以上それは仕方のないことでしたが、フリーランスになれば、ある程度自分の意志で仕事のバランスもとれるのではないかと考えたのです。
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 サービス本部 サービスソリューション部 部長 田村咲耶さん

GEヘルスケア・ジャパン|フリーランスの活用で新規事業の販路拡大に成功

2017年5月15日(最終更新:2018年2月19日)
弊社に来てもらったフリーランスの方は、もともと化粧品業界でのマーケティング経験をお持ちで、医療機器が専門だったわけではありません。けれど、外部の人材だからこそ、新たな風を吹き込んでくれています。
轡田いずみさん

フリーランスならではのモヤモヤを“チーム体制”で解消/轡田いずみさん(マーケティング)

2017年2月20日(最終更新:2018年4月7日)
私の場合、フリーランスになることを考えるよりも先に退職がありました。退職を決めた一番の理由は、子どものアレルギーが悪化し、早いうちに治療に専念したいと考えたこと。「もっと子育てに時間を取りつつ、仕事にもやりがいを持って向き合える働き方はないのかな?」と、考えていたことも背景にあります。