【対談・フリーランスとして働くということ 第2回】ジャーナリスト・中野円佳×Waris共同代表・田中美和

フリーランスという選択肢も含め、今後の働き方について模索中という中野さんと、Waris共同代表の田中美和が、女性のキャリアや、フリーランスという働き方の未来について本音で語り合いました。今回は第2回目です。「実際には、「本当はフリーランスになりたいけれど一歩踏み出せない」という人がたくさんいると思うんです。」…

【スタッフコラム】仕事を引き寄せる「評判力」

リンダ・グラットン著『ライフ・シフト』の中で、見えない資産の一つとして「評判」が取り上げられています。自分の周りの人たちが情報の拡散機能を持ち、評判を発信しているというのです。評判は、転職活動中やフリーランスとして次の仕事を探す際には、自分自身の強力なサポーターとなり得るものです。…

pixta_21340265_M

フリーランスは孤独や不安に襲われやすいと言われますが、みなさんは、不安とどう向き合っていますか?そもそも、「不安」とは何でしょう?定義が難しいですが、私がファシリテーターをやっている、日本ストレスチェック協会では、「不安」=「未来」×「恐怖」×「漠然」と定義しています。…

【イベントレポート】Waris×flier『LIFE SHIFT』読書ワークショップ〈後編〉 ~100年ライフをより楽しむために、ビジネスパーソンがとるべき人生戦略とは?

第2部は、参加者一人ひとりが自分自身のライフプランを描くワークショップの時間です。約60名の参加者が、『LIFE SHIFT』で描かれる100年ライフを実りあるものにするために、ビジネスパーソンがとるべき人生戦略についてともに考え、語り合いました。…

【イベントレポート】Waris×flier『LIFE SHIFT』読書ワークショップ〈前編〉 ~100年ライフをより楽しむために、ビジネスパーソンがとるべき人生戦略とは?

2017年3月10日、Waris、flier共催『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』読書ワークショップが開催されました。目玉は、「新しい働き方の専門家が読み解く『LIFE SHIFT』のポイント」というテーマでのパネルディスカッション、そして、「私自身のライフプラン」を考えるワークショップ。その一部をダイジェストで紹介します。…

Cueは「総合職系フリーランス女性のためのメディア」です。

「総合職系フリーランス」とは営業や企画、マーケティング、広報、人事――そんないわゆる「文系総合職」の職種の方がこれまでの知識・経験を生かし、フリーランスで働くことを意味しています。フリーランスというと、エンジニアさん、プログラマーさんなどのIT系職種やライターさん、デザイナーさんなどのクリエイティブ系職種の印象が強いかもしれません。しかし、「文系総合職」の方が自分のプロフェッショナリティを活かしてフリーランスという働き方を選ぶ新しい形が生まれつつあります。在宅で週3日、育児と仕事の両立させたいなどといった時間や場所にとらわれにくいワークスタイルかつプロフェッショナルとして自由に働く、幸せに生きる――Cueはそんな新しい生き方・働き方を選ぶ女性たちを応援します。フリーランスに関心がある、あるいはすでにフリーランスとして働いている総合職女性たちへ向けて、先輩フリーランスやワーママのインタビューをはじめノウハウやコラム、お悩み相談などフリーランスとしてイキイキと活動するために必要な情報をお届けしていきます。