• インタビューの記事一覧(2ページ目)

INTERVIEW

「私らしい働き方」って・・・?生き生きと自分なりのスタイルで働いている女性のインタビューや、
自分らしい働き方をしたい女性を応援する企業の経営者、人事担当者のリアルな声をお届けします。

【対談・フリーランスとして働くということ 第1回】ジャーナリスト・中野円佳×Waris共同代表・田中美和

「育休世代」の中野円佳さんが、シンガポールに拠点を移す本当の理由

2017年4月3日
著書『「育休世代」のジレンマ』で、出産後に仕事を辞めるキャリア女性の実態に切り込んだ中野円佳さん。実はこの春、パートナーの海外赴任に同行しシンガポールでの新生活をスタートしています。
前島由美さん

フリーランスとして働きながら自身のブランドをリリース/前島由美さん

2017年3月27日
子どもが成長してきて、もう少し時間の融通がきく働き方をしたいと感じ始めたこと、そして、かねてから自分の中で温めていた「ネイルブランドを作りたい」という想いが大きくなってきたことが重なり、当時勤めていた会社を退職しました。
轡田いずみさん

フリーランスならではのモヤモヤを“チーム体制”で解消/轡田いずみさん

2017年2月20日
私の場合、フリーランスになることを考えるよりも先に退職がありました。退職を決めた一番の理由は、子どものアレルギーが悪化し、早いうちに治療に専念したいと考えたこと。「もっと子育てに時間を取りつつ、仕事にもやりがいを持って向き合える働き方はないのかな?」と、考えていたことも背景にあります。
株式会社ホープ 代表取締役社長 時津孝康さん

福岡で東京在住のフリーランス人材を登用「メンターのような心強い存在」/株式会社ホープ 代表取締役社長 時津孝康さん

2017年1月31日
第1創業期は社員をじっくり育ててきましたが、今は成長を加速する第2創業期に入りました。そこで、以前から知っていたWarisに、広報のプロを探していると相談したのがきっかけです。社員をイチから育てるより、今のホープにフリーランスのハイスキル人材をかけあわせることで、スピード感を持って成長していけると感じました。
角田夕香里さん

夫婦揃って転勤族。自由度の高い働き方が必要だった/角田夕香里さん

2017年1月23日
結婚した夫が転勤族で、私も転勤族。しばらく離ればなれの生活を送っていて、ここ数年はそれこそ「盆と正月」にしか会えないような状況でした。そんな中、今度は夫が遠く九州へ転勤することに。夫の転勤をきっかけに会社を退職し、フリーランスになる決断をしました。
cue対談3TOP

「常識」の外に一歩踏み出すことを恐れないで

2016年12月22日
未来食堂・小林せかいさんとWaris共同代表・河京子さん。「自分のキャリアを自分で切り拓く」というテーマで語り合います。今回は第3回目です。 「一見、キラキラ輝いているように見える人でも、本当はその分、重さや葛藤を背負っているものだと思います。」
usu_045

コンサル業と子育て。フリーだから超多忙でも両立できる/臼井令子さん

2016年12月19日
1人目を生んだ時点で、「2人目を妊娠したら独立」と決め、実際に2人目の育休中から具体的な準備を始めました。両親が自営業だったからかもともと独立志向が強く、子ども時代の夢は社長になることでした。フリーランスという選択は必然の成り行きでもあったのです。
cue対談2TOP

仕事も家庭も、完璧を目指さない

2016年12月15日
未来食堂・小林せかいさんとWaris共同代表・河京子さん。「自分のキャリアを自分で切り拓く」というテーマで語り合います。今回は第2回目です。 「仕事も家庭も、完璧を求めると苦しくなる。そんなにがんばらなくてもいい。「母たるもの、こうあらねば」という思い込みを、一度手放すと楽になるんじゃないかな。」
cue対談TOP

IBM、クックパッドのエンジニアから食堂経営へ、異色の転身

2016年12月8日
未来食堂・小林せかいさんとWaris共同代表・河京子さん。長年の友人として互いのキャリアを見つめてきた二人が、「自分のキャリアを自分で切り拓く」というテーマで語り合いました。
Cue_ayaka

成果を出せば時間も場所も自由。納得感が強いのがフリー/中野綾佳さん

2016年11月7日
会社員時代に体調を崩し、働き方を見直したのがきっかけです。以前から、仕事のクオリティよりも働く時間や場所が重要視される働き方には疑問を感じていたのですが、自由に働きたいと思いつつ、その答えがフリーランスだということには気づいていませんでした。
フリーになるときに決めた4つの約束/勅使川原真衣さん

フリーになるときに決めた4つの約束/勅使川原真衣さん

2016年9月20日
外資系コンサルティング会社に勤めている時に出産し、仕事と育児の両立が始まりました。母になってみて、保育園に預けてまで働くのなら、より専門性を磨きたい、との思いで、その後 別の組織・人事系のコンサルティング会社 へ転職。
フリー1年で社員10年分の経験。自分スタイルで働くということ。/日下朋子さん

フリー1年で社員10年分の経験。自分スタイルで働くということ。/日下朋子さん

2016年8月30日
直接のきっかけは体調を崩し入院したことです。当時勤めていた会社を休職しましたが、休職可能な期限がきてもオフィスで週5フルタイムの会社員として働ける状態には戻れなかったためやむなく退職しました。