2035年の未来――「正社員」はいなくなる!?

『2035 年の企業は、極端にいえば、ミッションや目的が明確なプロジェクトの 塊(かたまり)となり、多くの人は、プロジェクト期間内はその企業に所属するが、プロジェクトが終了するとともに、別の企業に所属するという形で、人が事業内容の変化に合わせて、柔軟に企業の内外を移動する形になっていく。その結果、企業組織の内と外との垣根は曖昧になり、企業組織が人を抱え込む「正社員」のようなスタイルは変化を迫られる。
――2016年8月に発表された厚生労働省による「働き方の未来2035 報告書」の内容の一節です。

 

変化の兆しはすでに現れ始めています。専門知識やスキルを活かして、フリーランスとして「雇われない働き方」を選ぶ人々が生まれているからです。
フリーランスと聞くと、ライター・デザイナーなどのクリエイティブ職か、エンジニア・プログラマーなどのIT関連職のイメージが強いかもしれません。
ところが、それだけにとどまりません。企画・営業・マーケティング・広報・人事などのいわゆる「総合職」としてキャリアを積んできた方々が、フリーランスとして働く時間や場所、仕事量などを自由に選ぶようになっているのです。

 

実際、私が共同経営する人材紹介会社「Waris(ワリス)」では、広報やマーケティング、人事などの『プロスキル』を持つ女性たちに、フリーランスの仕事をご紹介しています。この事業を始めて3年が経ちますが、自由な働き方を望む3000名以上の女性たちにご登録いただいており、手ごたえを感じています。

 

彼女たちは、企業側と契約を結び、プロジェクトごとに仕事をします。冒頭の「働き方の未来2035 報告書」に描かれている「プロジェクト型ワークスタイル」そのものです。人によっては、複数のプロジェクトを掛け持ちする場合もあります。

 

多様化する個人が働き方の『シフト』を起こす

働き方の『シフト』はなぜ起きているのでしょうか?
個人側には「自由にフレキシブルにキャリアを継続したい」という想いが顕著です。
例えば、私たちのご登録者の約8割が「ワーキングマザー」、働くお母さんたちです。

 

「企業の人事部で採用と労務の経験を中心に積んできた」「広報とマーケティングで10年の経験がある」――豊富な経験を活かしつつも、子どもとの時間を大切にしたいという考えから、時間や場所にとらわれにくい「フリーランス」という働き方を選んでいるのです。
こうした働き方を選ぶのは「育児」が必ずしも理由とは限りません。介護や、長時間労働による体調不良などがきっかけとなる場合もあります。

 

ほかにも、「多様化する個人のキャリア観」も要因の一つです。例えば私がお会いしたフリーランスの中には、ご自身で会社経営をしつつフリーランスとしてもお仕事をされる方や、NPO・NGOでの活動や地域社会での活動とフリーランスとしての活動を平行されている方がいます。会社員でありながら、将来的なご自身のキャリアを見据えてフリーランスとしての仕事を兼業で行う方もいます。「会社員として1社に勤める」「1社の仕事を専業として行う」だけでない”新しいキャリア観″を持つ人たちが生まれてきているのです。

 

人材活用は「ストック」から「シェア」へ

こうした新しい働き方の出現は、企業側にとってもメリットがあります。事業やプロジェクトの状況にあわせ、必要なときに必要なだけ、経験と専門性に富んだ優秀な人材を柔軟に活用することが可能になります。社内にはない知見を取り込むことで、イノベーションを加速させることも可能です。人材活用の在り方は「ストック型(1社が終身にわたり雇用する)」から「シェア型(必要に応じて人材を活用する)」へ変化しつつあるのです。

 

フリーランスは、自由度が高く能力を発揮できる素晴らしい働き方です。ただ、同時に厳しさもあります。そもそも『プロ』として企業と契約を結んで仕事をする以上、期待値に応じた経験と能力が求められます。また、キャリアの組み立て方、仕事の進め方、そのすべてが「100%自己責任」の世界でもあります。

 

個人がキャリアのイニシアチブをとる時代へ

しかし、冒頭の報告書が予測している通り、いずれそういった働き方が「当たり前」の世の中が来ます。会社に自分のキャリアの主導権を数十年にわたり安心して預けることができた時代は終わりました。このような時代において必要なことは「自分のキャリアの主導権を自分が握る」ということです。5年後、10年後、自分がどうありたいのか。そのためには何が必要で、今どんな経験をしておくべきなのか。自分の頭で考え、行動に移すことが求められています。

田中美和プロフィールPH

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

日経ホーム出版社・日経BP社で約10年編集記者。特に雑誌「日経ウーマン」で女性のキャリアを広く取材。調査・取材で接してきた働く女性はのべ3万人以上。女性が自分らしく働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスを経て、2013年ハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。共同代表。著書に「普通の会社員がフリーランスで稼ぐ」がある。
http://waris.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします