日に焼けた肌に茶髪のツイストヘア、低めのしゃがれ声と、一般的な保育士のイメージとはかけ離れた福田弘美さん。元々は子どもが特別好きでもなく、保育士になりたかったわけでもないそうですが、約8年前に鎌倉で「いっぱいわらお。」がキャッチフレーズの「まんまる保育室」を設立。園児や父兄から「ひろちゃん」と親しまれ、毎日全力で園児たちと遊ぶ園長に。

「アドバイスなんかできないけど、身近なところから働くお母さんの力になれたら」とおっしゃる、まっすぐで飾らない福田さんのメッセージを3回にわたってお届けするこの連載。3回目は、「保護者と保育園の理想の関係」についてのお話です。

INDEX

第1回:会社員もフリーランスも。頑張るお母さんの力になりたい

第2回:お迎え前にスーパーに寄るって悪いこと?「保護者支援」は保育園としての義務

第3回:延長保育はかわいそうなことじゃない。保護者と保育園の上手な付き合い方

― 仕事以外の時間に預けることをいい顔しない保育園が多いですよね。

園によってさまざまな対応をされているので、私の立場で否定はできないんですけどね。園長会に行ってもこんな髪型の園長いないし(笑)。 何かあったときの連絡先さえしっかり教えておいてくれれば、私はいいと思うんです。「産休中は15時半まで」というルールも、他の園に準じてそうしているけれど、具合が悪かったりしたら無理して守らなくていいと思っています。

 

― 妊娠中や産後は一番大変な時期でもありますよね。

私自身が3番目を妊娠中に、上2人を預けていた保育園から「明日から産休だからお迎え15時半ね!」と言われたことがあったけど、具合も悪かったし、子どもたちがうるさいけど公園に連れて行くこともできないし……しんどくて、延長で預かってもらえないか交渉したら「あなた自分の子どもがかわいくないんですか?」って言われたことがあって。そのときはものすごく怒りましたね。まだどこかに「保育園に預けると可哀想」「長くなると可哀想」っていう印象が根付いているんでしょうね。「まんまる」では延長になってお迎えが遅くなっても、お母さんたちが「先生とべったり過ごせて贅沢な時間だね」って言ってくれるんです。そういう関係を築かないといけないなと思います。

 

―いまだに「3歳までは親の元に」というような考えもありますよね。

3歳まで一緒にいたいっていう人は、そうすればいいと思うんです。その考えを否定するつもりはありません。でも、「保育園にいるのは可哀想」と思われたくはないですね。「まんまる」でも、「夫が保育園に入れるのを反対している」という方がいました。そのときは「お父さんと一緒に保育室の様子を見てください、楽しいですよ」って、実際にどうなのか見学してもらいました。子どもたちの様子を見てもらえば、楽しんでるのがわかりますから。

fukuda03_02
園長のひろちゃんも園児と同じ目線で水遊び(まんまる保育室提供)

―子どもたちと保育士さんの関係もいいのでしょうね。 鎌倉武士(※)として保育士以外の活動もするフリーランス保育士の方や、親戚のお兄ちゃんのような20代前半の男性スタッフなど、バラエティ豊かなスタッフの方がいらっしゃいますが、どういった基準で選ばれているんですか?

※鎌倉時代の装束で鎌倉の歴史や文化を伝え残す「鎌倉もののふ隊」主将

 保育室は子どもたちにとっての社会なので、色んな人がいるということを知って欲しくて、なるべく年齢や男女様々な保育士がいるようにしています。採用基準は私が話してグッとくるかどうか。履歴書で分ることよりその人の熱意とか、私が感じることを大事にしています。

 

― 今後「まんまる保育室」をもっとこうしていきたい、という目標はありますか?

「まんまる」の2号を作りたいんです。毎日全力で子どもたちと遊んで、今もすごく楽しいんですけど、「まんまる」は2歳児まで。2歳を過ぎてからも、もっともりもり遊べる時期まで一緒にいたいんです。できれば小学校に入るまで見届けたい。毎年卒園していく子にそう言って、まだできてないから、これだけはどうしても実現したい!今土地を探しているところです。

私は、世の中全ての子どもたちとお母さんたちをサポートすることはできないけれど、まんまるを選んでくれた保護者とその子の力にはなりたいって思っています。全力で。まんまる以外の保育園や保育士だってきっとそう。自分たちの目に届く園児たちの笑顔を守りたいって思っていると思います。毎日忙しいし、辛いこともたくさんあると思うけど、子どもと一緒に笑えていれば、大抵のことはきっと大丈夫!

fukuda03_03

(おわり)

取材・文/村雨玲子 撮影/工藤朋子 一部本文写真提供/まんまる保育室

▼これまでのお話

第1回:会社員もフリーランスも。頑張るお母さんの力になりた

第2回:お迎え前にスーパーに寄るって悪いこと?「保護者支援」は保育園としての義務

まんまる保育室(特定非営利活動法人まんまる まんまる保育室)
住所:神奈川県 鎌倉市常盤64 − 5
HP:https://sites.google.com/site/manmaruhoiku/
※小規模保育事業A型として鎌倉市から認可を受けています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします