フリーランスのみんな、どうやって新しい仕事を取ってる?価格設定はどうしてる?子どもは保育園に入れた?フリーランスになって良かった?

基本的に一人で仕事をすることの多いフリーランス。同じ働き方をしている仲間と情報交換したくても、なかなか知り合う機会がないですよね。そこでCue編集部では、フリーランサー同士が集まりざっくばらんにおしゃべりをする「フリーランスランチ会」を開催しました。

年齢も職種もさまざまなフリーランサー4人が集合し、大いに盛り上がったランチ会の模様を、余すところなくお伝えします!

 

~フリーランス女子のぶっちゃけランチ会~
vol.1:フリーランスになって最初の報酬、いくらだった?
vol.2:フリーランスの価格設定、どうしてる?
vol.3:フリーランスの保活、どう乗り切った?

参加者プロフィール

N子01 Nさん(40代)
職種:マーケティングリサーチ
フリーランス歴:1年2ヶ月
Tさん(40代)
職種:経理
フリーランス歴:2年
Yさん(20代)
職種:コンサルティング・リサーチ
フリーランス歴:1年2ヶ月
Oさん(40代)
職種:マーケティング
フリーランス歴:10年

フリーランスでも保育園に入れる? 育児との両立は?

 

Cue_logo[編集部]
子どもを育てながら仕事をしている、これから子どもを持ちたいと考えているフリーランス女性にとって、ネックになるのが「保活」の問題。フリーランスは正社員に比べ、子どもが保育園に入りづらいとも言われています皆さんはどのように乗り切りましたか?

 

 

Y子Yさん
私は現在妊娠中。(※2017年12月取材当時)
私の住んでいる自治体は保活激戦区。待機児童数も多いので、フリーランスでは
認可保育園の枠は確保できないと最初からあきらめて、4月から認証保育園の入園枠を確保しました。

 

 

Cue_logo[編集部]
今妊娠しているお子さんを、今年の4月から入園させるということですか?

 

 

Y子Yさん
いえ。来年の4月からの入園です。

 

 

N子T子O子Cue_logo

 

 

【一同】えーっ!!

 

 

T子Tさん
一緒に仕事をしているチームのメンバーの中に、やはりお子さんが保育園に入れなかったフリーランスの方がいます。シッターさん2人をフル活用して、それでも難しいときは、先方に事情をお話して、子連れで打ち合わせをすることもあります。費用も高いですし、両立は大変だと思うのですが、一度完全に仕事を辞めて空白ができてしまうと、復帰するのはとても大変です。何とか頑張って続けてほしい、応援したいと思っています。

 

O子Oさん
会社員としてフルタイムで働いていると、保育園には入りやすいかもしれませんが、拘束時間が長いし残業もあるし、仕事と育児の両立は本当に大変ですよね。私自身も、保育ママやベビーシッター、親戚など、ありとあらゆる助けを借りて乗り切りました。

 

N子Nさん
私も娘を出産したのは会社員として働いているときでしたが、育休から復帰してから退職するまでの間、とにかくものすごく大変でした。子どもが熱を出す。看病している自分にもうつって熱が出るのですが、自分の体調不良で休めるほど有給休暇が残っていない。39度の高熱をおして出社し、なぜこんなにも思い通りにならないのかと、悔しくて泣いたこともあります。今は、子どもや自分が体調を崩したら、仕事をコントロールして自分のペースで休むことができますから、精神的負担が会社員時代とはまったく違いますね。

 

T子Tさん
私自身は子育てが一段落しましたが、子どもの手が離れると、今度は介護の問題に直面するのですよね。私は会社員時代、両親の介護問題に直面し、本当に悩みました。介護休暇の日数もかぎられている中、有給休暇を切り崩して介護をするのも限界があり、社内でも「この人は使いづらい…」という空気になってしまって。介護はネガティブなイメージがあり、育児と違っていつまで続くか分からないのも難しいところだと思います。フリーランスになって、以前に比べかなり自由に動けるようになりましたね。

 

Cue_logo[編集部]
育児や介護と仕事を両立させたい女性にとって、皆さんの経験談は大きなヒントになると思います!

 

 

 

フリーランス同士、ゆるやかなつながりの中で働く?

 

Cue_logo[編集部]
フリーランスになると、基本的にひとりで動くので、何かあったときの不安や、孤独を感じる人も多いようです。その点はいかがですか?

 

 

N子<Nさん>
実は今、自分がいただいた仕事にチームで取り組むという試みを始めています。私自身が会社を辞める直前、夫の海外赴任に帯同するため仕事を辞めた「駐妻」の中に、働きたいけれど仕事がなくてモヤモヤしている優秀な女性たちがたくさんいることを知ったんです。自分が請けた仕事をさばききれないとき、クライアントの許可を得て、彼女たちに仕事をお願いするようになって。当初は、皆さんブランクがあるので、正直完璧な仕上がりは期待していなかったのですが、とても真面目で理解が早い方ばかり。成果物のクオリティも高く、安心して仕事を受注できるようになりました。

 

Y子Yさん
私は、駐妻のキャリアを支援する「駐妻キャリアnet」に参加しているのですが、本当は仕事をしたいけれど、ビザの関係で働けないなど、悩んでいる方はとても多いのですよね。

 

 

T子<Tさん>
私も、経理や人事労務の業務を一括して請け負う人材団体を立ち上げて、それぞれの分野の専門家と一緒に仕事をしています。スタートアップ企業の経営者にとっては、チームでやっていることが安心感につながるようです。

 

Cue_logo[編集部]
自身がフリーランスとして働き続けるだけでなく、フリーランス同士のゆるやかなつながりの中で新しい働き方を模索している皆さん、素晴らしいです! 今日はお忙しい中、本当にありがとうございました。

 

 

▼前回までのお話
vol.1:フリーランスになって最初の報酬、いくらだった?
vol.2:フリーランスの価格設定、どうしてる?

次回フリーランスランチ会もただいま企画中!
参加者募集情報はCueメルマガ会員の方へ優先的にご案内します。この機会に是非メルマガ会員登録してくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします