ブラジル在住の加治屋さん、ドイツ在住の井川さん、海外から日本に帰国した後藤さんの3人の駐妻がオンライン上に集合した『駐妻座談会』。

 

仕事獲得の方法や、コミュニケーションツールの活用がテーマとなった『フリーランス駐妻達の最初の仕事の始め方』、リモートワークの難しさを乗り越える方法がテーマとなった『海外~日本・・完全リモートでの顧客との信頼関係の作り方』に続き、今回は、リモートワークのメリットや活用のコツについてお伝えします!

 

駐妻座談会1:フリーランス駐妻達の最初の仕事の始め方
駐妻座談会2:海外~日本・・完全リモートでの顧客との信頼関係の作り方
駐妻座談会3:日本企業が駐在妻にリモートワークで外注するメリット

 

前回までの「ブラジル駐在妻のフリーランス日記」はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■参加者
井川真由美さん
井川真由美さん
ドイツ在住。リモートの弁護士として複数企業の法務業務を担う。

 

後藤麻佑さん後藤麻佑さん
ブラジル在住中、コンサルティング会社、ベンチャー企業などのコンサルティング業務をリモートワークで実施(現在は帰国し、日本でフリーランスとして活動中)

 

加治屋真実
加治屋真実
ブラジル在住。リモートワークで複数のベンチャー企業の経営企画・営業企画業務を担う

 

■モデレーター

小崎亜依子
小崎亜依子さん
Waris Innovation Hub プロデューサー
Warisワークアゲイン事業プロデューサー

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下敬称略)

小崎)ここまでリモートワークの難しさをどう乗り越えるかについてお話を伺ってきましたが、逆に「リモートワークだからこそのメリット」を感じることはありますか?

 

井川)リモートワークは、女性に向いていると感じることが多いです。リモートだとどうしても、チャットやメールなどでのやり取りが多くなりますが、文字でのやり取りでうまく信頼関係を作って行くには、タイミングや内容を考え、細かなニュアンスにまで気を配るきめ細やかさが必要です。私自身、気配りがきちんとできているかあまり自信はないのですが・・・おそらく、男性よりも女性の方がより向いている働き方なのだろうな、と感じます。

 

加治屋)そうですね、直接コミュニケーションが取れないもどかしさを感じる一方で、じっくり考えて準備した上で発言できる良さを感じます。クライアントの多忙な社長様からも、「リモートだと、まとめて整理された意見をもらえるので、判断がしやすくて効率的だ」と言って頂けています。

 

後藤)あとは、海外でのリモートワークだと、時差をうまく使える点もメリットですね。ブラジルと日本の時差は12時間なので、日本の夜に実施したミーティングで話した内容を、翌朝までに資料に反映する、ということも可能です。クライアントにとっては仕事のスピードが上がりますし、私にとっても「使い勝手がいい」という印象を持って頂けることもあり(笑)、お互いにとってプラスに働いていると思います。

 

井川)ドイツも日本と8時間の時差がありますので、同じような働き方ができますね。日本時間の午後5時がドイツの午前9時ですので、退社前に仕事を投げていただければ、翌朝の出社時までにお返しすることができます。また、私の方も、朝起きてメールとチャットをチェックすればその日にやるべきことの目途がつきますので、「あっ、今日はちょっと余裕がありそうだから買い物に行っておこう」という具合に、仕事とプライベートとの両立がしやすいです。

 

小崎)時差があると、仕事を進めにくいような気がしますが、メリットにもなり得るのですね!とても興味深いです。では、リモートワーカーを上手く活用できる企業の特徴や、活用のコツがあれば教えてください。

 

井川)リモートワークには、ITツールの活用が重要ですが、やはりIT系のベンチャーはツールを使い慣れていて、コミュニケーションがスムーズだと感じることが多いです。Chatworkなどのチャットツールを導入している企業は特にやりやすくて、リモートの不便さをほとんど感じません。あとは、「業務の仕分け」をする方の存在が、非常に重要だと感じます。実務担当の方だと、「この業務を外部のフリーランスに依頼していいのか」の判断に迷うケースもあると思います。マネジメントされる方が、「社内でやる業務」と「外部に依頼する業務」を仕分けして、コントロールして下さると、仕事が進めやすくなります。

 

加治屋)そうですね、私もそう思います。業務を切り出すためには、ある程度長期的な視点で仕事を設計し、前もって依頼する必要があります。納期直前になると、仕事の内容について説明する時間がなくなって「社内でやった方が早い」となってしまい、結果として社内のメンバーの負荷が上がってしまいます。早めに段取りをして、仕事を依頼することで、外部人材をフルに活かせるのではと思います。

 

後藤)ただ、外部のフリーランスを活用したことがない企業にとっては「何を依頼するか」を設計するのが難しい部分があるかと思います。まずは、切りだしやすい仕事を少し依頼してみて、相互理解が進み、業務がうまく回るという体験を積んだタイミングで、依頼する仕事の幅を広げていく方法も、双方にとってスムーズで良いのではないかと思います。

 

小崎)最後に、外部のリモートワーカーとして働くことに興味がある個人の方や、リモートワーカーの活用を検討している企業の方に向けて、一言お願いします。

 

井川)仕事とプライベートの両立に悩む女性にとって、時間と場所に縛られないリモートワークは、最高の働き方だと思います。また企業にとっても、リモートで働ける外部人材の活用は、人件費削減のみならず、案件にあわせた柔軟な業務の進行が可能となる点で、大きなメリットがあります。働く人と企業の双方にとってWin-Winのスキームだと思いますので、今後さらに拡大していくことを願います。

 

後藤)私自身、最初はリモートでも通用するのだろうかと不安に思うことが多かったのですが、今では、場所や時間に制約があり働けなかった人が自分らしい働き方を実現することができる、画期的な働き方だと実感しています。また、リモートワークにおけるコミュニケーションの取り方や信頼関係の構築の難しさをデメリットだと感じていた企業が、実際活用してみたら業務全体が効率化した、という事例を聞くことも多いです。企業側でのリモートワークの活用も、今後活発化していくのではないかと感じています。

 

加治屋)リモートワークという働き方に興味がある方から、「どんな仕事のやり方になるのか全くイメージがつかない」とお話を頂くことがあるのですが、実際に始めてみるとすぐに慣れて活躍される方が多いです。難しい部分もありますが、住む場所を超え、ライフイベントとのバランスを取りながら働けるリモートワークというスタイルは、人生に大きな選択肢を与えてくれると感じています。これからも仲間が増えていくと嬉しいです。

 

3回に渡ってお送りした『駐妻座談会』いかがでしたでしょうか?

駐在中に仕事をする、しかも日本企業とフリーランス契約で・・!
そんなバイタリティ溢れる駐妻さんたちのリアルな話は、駐在先で仕事をしようとしている駐在妻の方だけではなく、リモートワークに励む方々にとっても円滑なコミュニケーションの取り方について参考にしていただけるのではないでしょうか。

今後も加治屋さんの『ブラジル駐在妻のフリーランス日記』をお楽しみに!

 

駐妻座談会1:フリーランス駐妻達の最初の仕事の始め方
駐妻座談会2:海外~日本・・完全リモートでの顧客との信頼関係の作り方

フリーランス 加治屋真実加治屋真実

フリーランス・駐妻キャリアnet代表

1983年生まれ。東京大学文学部卒業後、2007年に株式会社リクルートエージェント(現 リクルートキャリア)入社。経営企画、営業企画部門にて、中期経営計画や営業戦略立案、業務効率化などに従事。その後、事業開発部門にて新規事業の企画・立ち上げ・推進を担当。夫の海外赴任に伴い同社を2016年に退職。現在はブラジル在住のフリーランスとして、複数の日本企業の経営企画・営業企画業務にリモートワークの形で関わっている。また、キャリアに悩む世界中の駐妻を応援し共に成長するコミュニティ「駐妻キャリアnet」を運営している。

 

駐妻キャリアnet サイト http://chuzuma-career.hatenablog.com
Facebookページ https://www.facebook.com/chuzumacareer/
Facebook会員グループ https://www.facebook.com/groups/240130049816181/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします