ベストセラー『「朝4時起き」で、すべてがうまく回り出す!』の著者であり、株式会社朝6時代表の池田千恵さん。二度の大学受験失敗や就職活動30社落選、20代で窓際社員など、幾度の挫折を「早起き」によって乗り越えてきました。そんな彼女と数年来の友人であり、朝4時半の早起きを実践しているWaris共同代表の米倉史夏が、フリーランス女性のための思考整理術と目標達成法などについてうかがいました。

INDEX

第1回:早起きで人生を変える!「朝4時起き女性のリアル対談」

第2回:育児と仕事の両立も、「早起き」が叶えてくれた

第3回:池田千恵さん|朝時間で慌てない心をつくる

「外出する予定がなくてもジャケットを着てください」

 

Waris共同代表 米倉史夏
米倉史夏千恵さんとは実は長年、友人であり経営者仲間で、以前から何かと相談に乗ってもらったり、アドバイスをもらっていましたよね。今回は、あらためてインタビューという形でいろいろお伺いしますね。よろしくお願いします。

 

株式会社朝6時代表 池田千恵さん
池田千恵さん(以下、敬称略)
はい、よろしくお願いします!

 

Waris共同代表 米倉史夏千恵さんは、大学受験の頃から挫折を繰り返しつつも、きちんと自分の目標を達成してきましたよね。フリーランスになると基本はひとりなので、目標があっても、達成までのモチベーションを保つことがとても難しいと思うんです。その点、千恵さんはどうやって目標をクリアしてきたのでしょうか?

 

株式会社朝6時代表 池田千恵さん実は私も、フリーランスになったばかりのときはとてもダレました(笑) 最初は自宅で仕事をしていたのですが、「4時起き」を提唱しているのに早起きがスムーズにできない日があったんです。

当時は独立したてでお金もありませんでしたので資金的には大きなチャレンジでしたが、思い切ってシェアオフィスを借りました。定期的にお金を出す、そこに出社するという仕組みとリズムを作ったんです。人は何かを達成できないとき、精神論で何とかしようとしますが、精神論よりも「仕組み」が大切なんです。

株式会社朝6時代表 池田千恵さん

株式会社朝6時代表取締役 池田千恵

外食企業、外資系コンサルティング会社を経て、2009年 に『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)を刊行。ベストセラーとなり「朝活の第一人者」と呼ばれるようになる。早起きによる思考整理や時間管理、目標達成手法をもとに、朝イチ仕事改善のコンサルティング、企業や自治体での講演や企業研修、朝活手帳のプロデュースなど、様々な活動を行っている。

株式会社朝6時:http://www.asa6.co.jp/

Waris共同代表 米倉史夏私は今、小さな子どもがいるので、自宅でリモートワークをすることも多いのですが、朝、子どもを送り出したら、メイクをしてジャケットを着るようにしています。そうすると、自宅にいても気持ちが仕事モードに切り替わりますね。

 

株式会社朝6時代表 池田千恵さんそう、それも「仕組み化」です。仕事のモチベーションを上げるには、とてもいいことだと思います。早起きに関する講演などのとき、参加者に「朝、起きたら、外出する予定がなくてもジャケットを着てください!」とよくアドバイスをします。スーツ姿で、まさか二度寝はできないでしょう?(笑)

 

Waris共同代表 米倉史夏
なるほど、そうですね(笑) 千恵さん、確かホノルルマラソンにも出ていましたよね。

Waris共同代表 米倉史夏

Waris代表取締役(共同代表) 米倉史夏

国際協力銀行を経て、外資系コンサルティンググループにて製薬業界のリサーチアナリストに。転職後は人材派遣系企業で新規事業立上げや事業企画業務を行い、2013年にハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。

株式会社Waris:http://waris.co.jp

株式会社朝6時代表 池田千恵さんその頃、経営者仲間の間でジョギングが流行っていて。どうせ走るなら、ホノルルマラソンを目指そうと思って始めたのですが、最初は2km走っただけで息切れする状態でした(笑)

そこで「仕組み化」です。まず翌年のホノルルマラソンに申し込み、完走するまでの様子をブログに書くことにしました。自分をやらざるを得ない状況に追い込んだのです。読者にも共感していただき、ラン仲間もできて励ましあったりして、それがモチベーションにもつながりました。

早起きが楽しみになる「仕組み」づくり

 

Waris共同代表 米倉史夏千恵さんは、早起きを提唱していますが、やはり「仕組み化」がポイントでしょうか。

 

 

 

株式会社朝6時代表 池田千恵さん私はまず、寝る前に次の日に着る服を用意して寝るようにしています。起きたら42度の少し熱めのシャワーを浴びます。交感神経を刺激して目を覚ますのに役立っています。朝食は、調理や片付けに時間がかからない簡単なもので済ませます。起きる前に、気持ちが「おっくう」にならないための「仕組み化」ですね。起きがけで頭がボーッとしていても出来るわけです。

 

Waris共同代表 米倉史夏

私も朝、起きたらラジオ体操をしています。芸能人がラジオ体操をしているYouTubeを見ながら体を動かすんです(笑) 3分くらいなのでおっくうにならないし、音楽がかかるので気持ちも上がります。これも「仕組み化」ですね。

 


―ラジオ体操の動画例・YouTubeより

株式会社朝6時代表 池田千恵さん
YouTubeを見ながらのラジオ体操、いいですね! 私もさっそくやってみたい!(笑)

 

Waris共同代表 米倉史夏
千恵さんは、朝食会も主催していましたよね?

 

 

株式会社朝6時代表 池田千恵さんはい。「早朝グルメの会」です。これは高級ホテルで美味しい朝食を食べることをモチベーションに早起きをしようという会で、自分が食べたい朝食、行ってみたいホテルをチョイスしたクローズドな会なんです。月に1度開催しています。朝にワクワクしたりときめくことを計画することでますます朝が好きになる、これも「仕組み化」として大切です。

第2回:『育児と仕事の両立も、「早起き」が叶えてくれた』につづく

 

取材・文/吉田明乎 撮影/工藤朋子

池田千恵さん主催の早朝グルメの会

『朝早起きしたいけどなかなかきっかけがつかめない人』や、『早起きして有意義な時間を過ごしたい人』が高級ホテルのエグセクティブな非日常空間&美味しい料理をモチベーションに月一度、早朝集合して様々なテーマでディスカッションをしています!

参加ご希望の方は、早朝グルメの会メルマガ にご登録ください。月1回開催募集告知が届きます(無料)。

 


場所:東京都内のレストラン
(年に数回、出張に合わせ東京以外でも開催)
時間:朝7時〜8時30 分
頻度:月1回
会費:無料
参加費 :実費

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします