4歳(タローくん)と1歳(ジローくん)、2人の息子さんを育てる(株)ハモニア 代表取締役・松原佳代さん。

フリーランスや自営で働く女性(とその旦那様)のために、「産前産後にやっておきたいこと」を教えてくださいました。【出産前からファミサポも味方に!|フリーランス女性のための産前産後ライフハック】に引き続き、松原さんの実体験を元に産前産後を乗り切る技を教えていただきましょう。

 

※この記事は以前松原さんのブログに掲載したものを再編集しています

○産前にやっておきたいこと

  1. 頼れるシッターさんを見つけておこう
  2. 不安にはなるけれど・・・仕事は意識的にセーブしよう
  3. 税金の支払いや事務作業は前倒しで!
  4. 目指せ!お父さん子!
  5. 習い事はスタートしておこう
  6. 体力をつけよう

○産後にやっておきたいこと

  1. 哺乳瓶トレーニング
  2. 仕事を急激に増やさない

★産前にやっておきたいこと1~3については、前回記事:【出産前からファミサポも味方に!|フリーランス女性のための産前産後ライフハック】をチェック!

 

産前にやっておきたいこと4:
目指せ!お父さん子!

 

赤ちゃんのお世話でも手いっぱいなのに、お兄ちゃん、お姉ちゃんの赤ちゃん返りがはじまるともう大変。上の子をいかにお父さん子にしておくかも、フリーランス出産のポイントだと思います。

 

うちの場合、妊娠期から、週に1回お父さんごはんの日をつくりました(安定期前のちょっとしんどい時期に提案w)。ハンバーグとか子ども受けのよいメニューを選ぶ夫。その結果、タローが私のごはんを食べながら「お父さんのごはんはおいしいけどね!」なんて憎まれ口を叩くようになりました。

そして、保育園の送り迎えも夫にお願いしちゃいました(ありがとう)。

 

産前にやっておきたいこと5:

習い事はスタートしておこう

 

我が家は3歳差だったので、タローの3歳の誕生日頃から、習い事をスタートさせました(ジロー妊娠8ヶ月の時)。産後3ヶ月は新しい事は始められなかったでしょうから、早めに始めておいてよかったなぁと。

ちなみに上記お父さん子作戦の一環で、習い事の送り迎えもお願いしました! 産後も3ヶ月はお父さん頼みでした。

 

産前にやっておきたいこと6:

体力をつけよう

 

育児は体力がいります! そしてフリーランスとして仕事を続けながらの場合は特に、睡眠時間がぐっと減ります。ただでさえ、夜間授乳で十分に寝られないのに、日中は子どもがお昼寝のタイミングを見計らって、家事と仕事もすることになると思うので。

妊娠中に(いや、その前から)しっかりと体力をつけておくことがおすすめです。

 

次に、産後にやっておきたいことをいくつかお伝えします

 

産後にやっておきたいこと1:

哺乳瓶トレーニング

 

保育園に預けなくとも、ある程度大きくなると4〜5時間、おばあちゃんに預けたり、パパに見ていてもらったりしながら仕事の時間を確保しようと考えている方もいるでしょう。

そんな時に便利なのが、哺乳瓶。が、この哺乳瓶、早い時期からちゃんとトレーニングしておくことをオススメします。

 

私の場合、ほぼ完全母乳で産後3ヶ月まで過ごし、週1回程度トレーニングのため哺乳瓶で飲ませてはいたのですが、いざ保育園に預ける頃から、哺乳瓶拒否が始まりました。

保育士さんたちがスプーン、コップといろいろ試し、私は私でさまざまな哺乳瓶を揃え試しましたが、一向に飲んでくれず。結果、慣らし保育に2ヶ月ほどかかり、その間は短時間で迎えに行ったりしていました。

 

哺乳瓶トレーニングは必須です!

 

産後にやっておきたいこと2:

仕事を急激に増やさない

 

仕事を減らすも増やすも、自分でコントロールできるのがフリーランスのよいところ。3ヶ月ぐらいすると、子育てにも慣れてきて、もう少し仕事できるかも! と思う時が来るかもしれません。が! 5ヶ月をすぎ離乳食が始まると…また育児時間が長くなってきます。そして、寝返りしてハイハイし始めると目が離せなくなります。というわけで、急激に仕事を増やしてしまうのは禁物。1歳ぐらいまでは、波はあれども、手はかかる前提でいるほうがよいかと思います。

 

そして、最後にひとつ。産後にやっておきたいこと。それは、やっぱり、子どもとの時間を大切にすること。

 

自営やフリーランスの場合、どうしても仕事が生活のなかに入ってきます。子どもといるときも、ついつい気になって、スマホやパソコンを拡げたくなるもの。でも、赤ちゃんの時期はあっという間に過ぎていきます。その時その時、子どもと一緒の時間を大切にしながら、上手に仕事と育児のバランスをとる方法を見つけていってくださいね。

私自身も日々模索中です(笑)。

 

以上、皆さんのフリーランス妊娠&育児生活の参考になれば幸いです! 

松原佳代
(株)ハモニア 代表取締役兼 カヤックLiving代表取締役

10年ほど面白法人カヤックというIT企業でブランディングと広報の仕事を担当したのち、2015年に独立してハモニアを創立。スタートアップを中心に、広報のコンサルティング事業を手がける。2017年秋から、カヤックLiving代表取締役を兼任。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします