フリーランスのみんな、どうやって新しい仕事を取ってる?価格設定はどうしてる?子どもは保育園に入れた?フリーランスになって良かった?

基本的に一人で仕事をすることの多いフリーランス。同じ働き方をしている仲間と情報交換したくても、なかなか知り合う機会がないですよね。そこでCue編集部では、フリーランサー同士が集まりざっくばらんにおしゃべりをする「フリーランスランチ会」を開催しました。

年齢も職種もさまざまなフリーランサー4人が集合し、大いに盛り上がったランチ会の模様を、余すところなくお伝えします!

 

~フリーランス女子のぶっちゃけランチ会~
vol.1:フリーランスになって最初の報酬、いくらだった?
vol.2:フリーランスの価格設定、どうしてる?
vol.3:フリーランスの保活、どう乗り切った?

参加者プロフィール

N子01 Nさん(40代)
職種:マーケティングリサーチ
フリーランス歴:1年2ヶ月
Tさん(40代)
職種:経理
フリーランス歴:2年
Yさん(20代)
職種:コンサルティング・リサーチ
フリーランス歴:1年2ヶ月
Oさん(40代)
職種:マーケティング
フリーランス歴:10年

なぜフリーランスになった?それぞれの事情

 

Cue_logo[編集部]
本日はお集まりいただきありがとうございます。さっそくですが、自己紹介を兼ねて、皆さんがフリーランスになった経緯を教えていただけますか?
Y子<Yさん>
私はいわゆる駐妻※として2年間ブラジルに住んでいました。
実は、2週間ほど前に帰国したばかりなんです。結婚前はコンサルの仕事をしていたのですが、夫の海外赴任に同行するため退職。ビザの関係で、現地で仕事を探すことも難しく、フリーランスとしてリモートで仕事を請けることを模索しました。ポジティブな選択としてフリーランスを選んだわけではなく、ほかに働き続ける道がなかったという感じです。徐々に仕事をもらえるようになり、現在に至ります。ちょうど妊娠中なので、当面はフリーランスとして働き続ける予定です。
※駐妻とは・・・夫の海外赴任に同行する駐在妻のこと。参考記事:私がフリーランスになった理由|ブラジル駐在妻のフリーランス日記①

 

N子<Nさん>
コンサルやリサーチの仕事をしています。育休復帰後、退職と同時にWarisに登録。本当にフリーランスで食べていけるのかという怖さもあったのですが、カウンセラーのサポートでキャリアの棚卸しをし、さまざまな案件を紹介いただいて、ありがたいことに現在はひとりでさばききれないほどの依頼を受け、チームを組んで仕事をこなしています。

 

T子<Tさん>
経理の専門家として、大手ゼネコンや精密機械メーカーなどでキャリアを積んできました。両親の介護問題に直面し、正社員を辞めるかどうか葛藤しながらも、退職する道を選びました。Warisに登録して、フリーランスとしてスタートアップ企業の経理を請け負うようになりました。経理のフリーランスはまだ数が少ないですが、これからどんどん増えていくといいなと思っています。

 

O子<Oさん>
マーケティングリサーチの仕事をしています。子どもが3人いるのですが、子どもの数が増えるにつれ、時間の融通をつけて働きたいという思いが強くなって。勤めていた消費財メーカーでの仕事が、体を壊すほど忙しかったこともあり、フリーランスに転身しました。安定性はないけれど、子育てをしながら仕事の上での専門性を維持するには、ぴったりの働き方だと思っています。

 

自宅派? カフェ派? 快適な仕事場所は?

 

Cue_logo[編集部]
皆さんの仕事場所はご自宅ですか?

 

 

N子<Nさん>
100%自宅です。会社員時代はとにかく電車通勤がストレスでした。自宅で仕事ができる今は、毎日がバラ色です!(笑)

 

 

T子2<Tさん>
私はクライアント先に出社することが多いです。現在、3社ほどの企業と仕事をしているのですが、それぞれの企業に最低週1回は出社します。経理業務は、書類作成や振り込み手続きなど、私個人のPCではできないことも多いので。出勤しないと、仕事をしていないように思われるのが嫌だという思いもあります。

 

O子<Oさん>
気分を変えるために、コワーキングスペースや図書館で仕事をすることが多いですね。最近では、コワーキングスペースもかなり進化していて、ワンドリンクで何時間も使えたり、食べ物や飲み物の持ち込みがOKだったり…。電話が多い日は自宅で仕事をしたり、打ち合わせのために客先へ行くこともあります。好きな場所で仕事ができる働き方は快適で、もう戻れないですね。

 

Y子<Yさん>
ブラジルは治安がよくないので、気分転換にカフェへ行くこともありましたが、基本的に自宅で仕事をしていました。

 

フリーランスになって最初の仕事、どうやって見つけた?

 

Cue_logo[編集部]
フリーランスになって最初の仕事は、どんな仕事でしたか? 差し支えなければそのときの報酬も教えてください。

 

Y子<Yさん>
私は5年の社会人経験を経て、27歳でフリーランスになったので、当初は仕事がなかったですし、専門を生かして働く自信もなかったです。とにかく何かやらないと…という不安から、「コンサル 在宅 仕事」で検索したりして。最初の仕事は、クラウドソーシングサイトで見つけた1文字3円の文字起こしでした。
O子<Oさん>
フリーランスになった当初は、退職した会社の専属フリーランスのような形で、余裕があるときだけ仕事を請けていました。最初の仕事はグループインタビューで、企画書を作り、結果を分析し、報告書をまとめるところまでを一貫して請け負いました。リサーチ会社に依頼すれば数百万円という案件ですが、百万円弱くらいの価格で引き受けましたね。

T子<Tさん>
会社を辞めた当初は、フリーランスの経理なんて本当に需要があるのか不安でしたが、Warisの紹介で、スタートアップ企業の経理業務を請け負うようになりました。

 

N子<Nさん>
私も最初の仕事はWaris経由でした。実は別の人材派遣会社で「あなたの職種では仕事はないです」と言われてショックを受けたことがあって。Warisの案件に応募するときも、自信が持てず悩みましたが、思い切って連絡してみてよかったです。

 

vol.2:フリーランスの価格設定、どうしてる?につづく
vol.3:フリーランスの保活、どう乗り切った?

取材・文/Cue powered by Waris編集部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします