2017年も残すところ、あとわずか。

フリーランスのみなさん、今年はどんな1年でしたか?仕事も納めたし、あとはお正月を待つばかり・・・としたいところですが、確定申告の準備は進んでいますか?税金関係は会社がまとめて代行してくれる会社員と違って、フリーランスは自分で全て管理しなければなりません。特にフリーランス1年目の方は、漠然とした不安を抱えてはいませんか?

確定申告とは、一言で言うと「1年間の儲けの清算」です。手順を追って、余裕をもっと準備すれば誰でも行える申告手続きの一つです。

2017年分の確定申告期間は、2018年2月16日(金)〜3月15日(木)です。

ベテランフリーランスさんも、初心者さんも、確定申告に必要なポイントを確認しておきましょう。

確定申告とは?確定申告初めの一歩

どんなことに気をつけて、具体的に何をすればいいのか―― 税理士の日下部寿子さんに、確定申告の基本を教えていただいた記事をまずは確認しておきましょう。

pixta_14257764_S

 

確定申告って何? フリーランスはしなければならないの? フリーランスのための確定申告講座【1】

 

 

<この記事のポイントだけチェック>

  • そもそも確定申告って何のこと?
    →「1年間の儲けの清算」です。
  • フリーランスの確定申告は義務?
    →フリーランスとして「年間38万円以上の所得を稼いだ人」には確定申告の義務があります。
  • 「青色申告」と「白色申告」の違いは?
    →「青色申告特別控除」の有無と、「帳簿」のつけ方の違いがあります。
    青色申告をした場合、フリーランスとしての所得から一定額(帳簿のつけ方により65万円または10万円)を差し引くことができます。詳しくは記事にて。
  • 青色申告のメリットは?
    →税金が安くなる(青色申告特別控除)他にも、いくつかの特典があります。

手書き?ソフト?フリーランスの確定申告ならクラウドソフトを使って楽々作業!

「青色申告」にも「白色申告」にも欠かせない帳簿付け。「帳簿」とは、1年間の取引の内容の記録を意味しますが、実際に作業するにはどうしたらスムーズに進められるでしょう。発行した請求書や、仕事で使った領収書を集めてみたものの、経理業務に縁のない人は、数字や計算、仕分け・・・それだけで拒否反応が出てしまう人もいるのでは?帳簿のつけ方も、引き続き、税理士の日下部寿子さんに教えてもらいましょう。

 

 

領収書はデータ保存OK?おすすめの会計ソフトは? フリーランスのための確定申告講座【2】

 

 

<この記事のポイントだけチェック>

  • おすすめの会計ソフトは?
    freee。専門知識がない方でも直感的に記帳することができます。
  • 帳簿や領収書は、データ保存でOK?
    →紙ベースで保管することが原則です。
  • 申告書について誰に相談すればいい?
    →税理士による「無料相談会」、各地域の小規模事業者で構成される「青色申告会」(要月会費)、有料で記帳や申告書作成の作業を「税理士に依頼」などがあります。

経費として認められるものと認められないもの

領収書の保管も、帳簿の付け方もOK!いざ、申告する時にわき上がる疑問―これって経費に認められるのだろうか。会社員だったら経費清算の可否のジャッジは組織次第ですが、フリーランスは自分次第!?フリーランスの「経費」の考え方、税理士の日下部寿子さんに聞いてみましょう。

 

 

子どもの保育料は経費になる?自宅事務所の家賃は? フリーランスのための確定申告講座【3】

 

 

<この記事のポイントだけチェック>

  • 経費として認められる基準は?
    →「仕事のために使いました」と言えるものは「経費」
  • 仕事用できるスーツの購入費は経費?
    →ポイントは「仕事のときにしか着られないものかどうか」。スーツは仕事に関係のないフォーマルな場で着用することもあるので、一般的には経費にはなりません。
  • 家賃や光熱費は経費になる?
    →条件はありますが、経費になります。
  • クレジットカードで支払った経費の記帳のタイミングは?
    →収入や支出が発生した日に取引が行われたと考えるのが基本です。

早めに領収書をまとめて、帳簿を完成させよう!

いかがでしたでしょうか。

何だか難しく感じる確定申告ですが、今は便利で分かりやすい会計ソフトも充実しています。無料で確定申告相談ができる場所もあります。1年頑張った自分の仕事、お金の流れもしっかり把握しておきましょう。

 

※記事の内容は、2016年10月現在施行されている法律に基づくものです。

 

まとめ編集・文/Cue powered by Waris編集部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします