学生時代から世界初のWEBブラウザの開発に携わり、ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタント、GEインターナショナルの戦略・事業開発本部長などを歴任し、2012年に株式会社Leonessaを設立して事業開発コンサルタントとしてグローバルに活躍されている秋山ゆかりさん。ビジネスパーソンとしてキャリアを積む中、31才でイタリア留学を経験し、プロの声楽家としての活動も行うパラレルキャリアの持ち主です。

そんな秋山さんに、Waris共同代表の田中美和が、自分らしいキャリアの切り開き方、キャリア継続の秘訣などをうかがいました。

第1回: 今すべてが手に入らなくても、やりたいことは捨てなくていい!
第2回: 自分のコアスキルはどこにある? ポートフォリオの組み換え術
第3回: キャリアは長期戦。夫婦でバランスを取りながらハッピーに!

 

第3回の今回はキャリアを長期的に捉え、どう家族でバランスをとっていくのかがテーマです。

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかり

イリノイ州立大学アーバナ・シャンペン校 情報科学学部・統計学部卒業。奈良先端科学技術大学院大学 情報処理学工学修士。インターネット・エンジニアのキャリアを重ね、ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタントを務めた後、イタリアへ声楽留学。帰国後は演奏活動をしながら、GE International、日本IBMで事業開発部長等を歴任。2012年株式会社Leonessaを設立。政策立案と事業開発コンサルティングをはじめ、コンサートのプロデュースや演奏を行う。ベストセラーとなった『ミリオネーゼの仕事術【入門】』(ディスカヴァートゥエインティワン)をはじめ『考えながら走る』(早川書房)、『「稼ぐ力」の育て方』(PHP研究所)など著書多数。明治大学サービス創新研究所 客員研究員。

家族でお互いの「時間比率」をざっくりシェア

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん秋山ゆかりさん(以下、敬称略) ポートフォリオの組み換えの話にもつながるのですが、どの段階でどんなことに時間を使うか、「自分の時間の使い方」を決めるということもぜひおすすめしたいですね。ちなみに私は現段階ではこんな感じに決めて、家族でシェアしています。

スライド3

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

田中美和 なるほど、年代別でこうやって分けてみるんですね。これを家族でシェアされているというのがすごくおもしろい

 

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん私は20代の頃から、仕事とプライベートの配分をどうするかということを家族で話し合ってきました。わが家では「24時間=仕事の時間+プライベートの時間」と捉えていて、仕事は「実労働時間+将来への投資時間」、プライベートは「自分の時間+家族の時間+友達の時間など」。この時間の比率を夫婦双方ざっくりと共有し、約1ヶ月くらいの単位でマネージしています。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
ざっくりと共有、というのがポイントでしょうか。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん細かく握り合うとマイクロマネジメントされているみたいで私も夫も嫌で。全体像をお互い掴んでおけば、細かいところは相手の状況を読みながらすり合わせることができますよね。「このへんが仕事のピークなんだな」といったことがわかっていれば、それぞれ調整する努力をします。結果的にいつもお互いベストなバランスにならなくても、調整をしながらベストを目指しているのだとわかっていれば、結構納得がいくものです。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
そうですね、そこが家族間で見えていないとストレスですよね。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさんざっくりとでも、相手がどう考えていて今どこにフォーカスしているのか、なんとなく掴めていれば大きく踏み外すことはないように思います。わが家も正面切ってディスカッションはしないですが、ゆるっと理解したうえで時々、夜中に一緒にドラマなど見ながら細かい調整をしています。ポテチ食べながら「今月土曜日仕事入れすぎじゃないの?」とか「最近自分の時間とれてないみたいだから出かけてきたら?」とか、そんな感じです(笑)

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

日経ホーム出版社・日経BP社で約10年編集記者。特に雑誌「日経ウーマン」で女性のキャリアを広く取材。調査・取材で接してきた働く女性はのべ3万人以上。女性が自分らしく働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスを経て、2013年ハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。共同代表。著書に「普通の会社員がフリーランスで稼ぐ」がある。

http://waris.co.jp

その時々で、パートナーとのベストバランスを探ればいい

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和先ほどの年代別の図で見ると、秋山さんの今は家庭や人にフォーカスする時期でしょうか。お子さまのケアや家事は主に秋山さんが担うイメージですか?

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさんそうですね。保育園の送迎もすべて私がやっていますが、私たち夫婦のキャリアバランスを考えると、今はこのバランスがベストだと思っています。私自身が大企業で長く働いてきたからこその考え方かもしれませんが、夫が今家庭にフォーカスしてしまったら、この先のキャリアを作るのは難しい。キャリアの勝負をかけている時に「5時半にお迎えに行って」というのは大きな制約を作ってしまうことになります。その制約が取り除ける状況にあるのであれば、今は私が家庭にフォーカスして取り除こうと思いました。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
秋山さんが独立してお仕事されていて、ご主人よりも自由度が高いというのもポイントですか?

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさんそれもひとつ、あると思います。ただ、私は会社員時代にも音楽活動の時間を作るためにかなりタイムマネジメントを重視してきたので、会社に勤めていたとしてもさっさと帰ってきていたかもしれませんね(笑)。誰よりも仕事をして、仕事がきちんとまわっていて、ポジションも上にいければ時間の自由度は増すのだと意識していましたから。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和長期的な視点でキャリアを捉えることは、すごく大事ですね。ライフステージや夫婦のキャリアバランスに合わせて働き方の選択肢が増えれば、可能性もぐんと広がる気がします。その選択肢のひとつに、フリーランスもあるのかなと思うのです。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさんまさにそうだと思います。働き方もそうですし、時間の使い方も、未来への可能性を残していくためのポイントになりますね。一方で、だからといって自分の描いた未来に縛られすぎないことも大切だと思うんです。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
確かに図の中でも、未来の50代、60代はふんわりと思い描く程度にしてありますね。ここもポイントなんですね!

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん私、1年後の目標を決めるのはすごく得意なのですが、10年後20年後にこうありたい、社会をこうしたい、と夢見ることはあまり得意ではなくて。明日何か起きたら変わるかもしれないし、10年後なんてなおさら変わるでしょうし。それはそれで、自分の進化だと思ってよしとしたい。なんとなく未来をどう描いているのか家族でわかり合っていて、それでみんながハッピーでいられたらいいな、くらいの気持ちでいるのが可能性を狭めないちょうどよいさじ加減なのかなと思っています。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和思い描いた通りにならなくても、それは自分の進化・・・すごく励まされました。キャリア形成や仕事と家庭のバランスに悩む女性に、とても響くんじゃないでしょうか。今日は本当にありがとうございました。

(了)

 

取材・文/ 横山さと 撮影/工藤朋子

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします