学生時代から世界初のWEBブラウザの開発に携わり、ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタント、GEインターナショナルの戦略・事業開発本部長などを歴任し、2012年に株式会社Leonessaを設立して事業開発コンサルタントとしてグローバルに活躍されている秋山ゆかりさん。ビジネスパーソンとしてキャリアを積む中、31才でイタリア留学を経験し、プロの声楽家としての活動も行うパラレルキャリアの持ち主です。

・第1回: 今すべてが手に入らなくても、やりたいことは捨てなくていい!
・第2回:自分のコアスキルはどこにある? ポートフォリオの組み換え術(近日公開予定)
・第3回: キャリアは長期戦。夫婦でバランスを取りながらハッピーに!(近日公開予定)

そんな秋山さんに、Waris共同代表の田中美和が、自分らしいキャリアの切り開き方、キャリア継続の秘訣などをうかがいました。

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかり

イリノイ州立大学アーバナ・シャンペン校 情報科学学部・統計学部卒業。奈良先端科学技術大学院大学 情報処理学工学修士。インターネット・エンジニアのキャリアを重ね、ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタントを務めた後、イタリアへ声楽留学。帰国後は演奏活動をしながら、GE International、日本IBMで事業開発部長等を歴任。2012年株式会社Leonessaを設立。政策立案と事業開発コンサルティングをはじめ、コンサートのプロデュースや演奏を行う。ベストセラーとなった『ミリオネーゼの仕事術【入門】』(ディスカヴァートゥエインティワン)をはじめ『考えながら走る』(早川書房)、『「稼ぐ力」の育て方』(PHP研究所)など著書多数。明治大学サービス創新研究所 客員研究員。

腰掛けから一転。自立を決意しスキルを棚卸し

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
田中美和 グローバルなビジネスパーソンとしてご活躍の秋山さんですが、キャリアのスタートはどのようなものだったのですか?

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん秋山ゆかりさん(以下、敬称略) 私が就職活動していた1995年頃は超就職氷河期で、新卒女性の就職先はほぼないような状態でした。私も200社くらいに説明会参加希望のハガキを送って、呼んでもらえたのはたった1社。それも「お茶汲み枠」として呼ばれたとわかり、辞退して外資系企業の中途採用のポジションを探し始めました。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和そうですね、就職氷河期の初期ですね。それにしても、中途採用のポジションでお探しになられたとは驚きです。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさんもともと大学時代からもともと大学時代から米国立スーパーコンピュータ応用研究所で仕事をしていて。。世界初のWEBブラウザの開発チームで働いた経験を持っていたので、大手のソフトウェアの会社の中途採用枠を狙いました。インテルに就職し、NCSAでやっていたのと同じように、開発系の仕事をしていました。でもその時は、完全に腰かけのつもり働いていんですよ。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
腰かけ!? そうだったんですか、今の秋山さんからは想像できません。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん音大にこそ行きませんでしたが、音楽科と普通科の両立プログラムのある大学を卒業し、当時すでに結婚もしていたので、「音楽をやりたい。それなら専業主婦がいいかな」なんて虎視眈々と考えていましたね。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
そこからビジネスパーソンとして生きていく方向へ進まれたのは、なぜだったのですか?

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさんまず、会社の過渡期で人員整理の対象となり会社を辞めなければならなくなったのがひとつ。それから、同時期に離婚したことも大きかったです。誰かに養ってもらって生きていくのはムリだ、と気づきました。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
確かに、夫婦間でどちらかをあてに生きていくのはリスクが大きいですよね。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん人の気持ちひとつで自分の人生が変わってしまうなんて、長い目で見ると非常にマイナスですよね。それに気づいた時点で転職をプランニングして、自分はどのようなスキルが欲しいのか、必要なのかということを真剣に棚卸ししました。この時の「スキルの棚卸し」は今考えても、後々の転職や独立などキャリアを築いていく中で重要な作業でしたね。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
欲しいスキルというのは、たとえばどのようなスキルだったのですか?

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん20代だった当時は、とにかくビジネスパーソンとしての基礎スキルですね。いわゆるMBAで一般的に必要といわれているスキル。それから、自分の頭で考えて意思決定できる力、お金のマネジメントをする力は絶対に必要だと思い、それらを手に入れる手段を真剣にプランニングしました。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

日経ホーム出版社・日経BP社で約10年編集記者。特に雑誌「日経ウーマン」で女性のキャリアを広く取材。調査・取材で接してきた働く女性はのべ3万人以上。女性が自分らしく働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスを経て、2013年ハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。共同代表。著書に「普通の会社員がフリーランスで稼ぐ」がある。

http://waris.co.jp

秋山流、パラレルキャリアのバランスの取り方

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和その後、秋山さんはBCGやGEといった大企業で重責を担いながら、社外でも仕事をお持ちになられていたそうですね。プロの声楽家としてはイタリア留学もご経験されており、いわゆるパラレルキャリアの先駆けなのですが、なぜそのような道を選択されたのか教えていただけますか?

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん自分がほしいと思うスキルを得ていく過程で、社内でのみ通用するスキルなのか、社外で通用するスキルなのか、わからなくなることがあって。自身のスキルが社外で通用するものかどうかテストするためには、他の会社で働いてみるのが手っ取り早いですよね。そこで、プロボノとしてベンチャーの立ち上げや、NGOやNPOの活動に参加することにしたんです。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
転職ではなく、正社員で働きながら社外で別の仕事を持つ、というのが興味深いです。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさんもうひとつの仕事を持つことについて、私は副業という感覚ではなく社外プロジェクトに関わることで本業のスキルをレベルアップするということを強く意識していました。後々の自身のキャリアを視野に入れて、フリーになることも想定したうえでそのような選択をしたのです。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和なるほど、本業への効果を視野に入れてのパラレルだったのですね! さらに声楽家としてのキャリアも歩んでおられるのがすごいです。キャリアを複線化したい女性が増える中、バランスをうまく取れずに悩む人も多いのですが、アドバイスをするならどのようなことでしょうか?

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん私自身を振り返ってみてもそうですが、全部を手に入れているように見える人も、切っているものは実はすごくあると思うんです。全てを“同時に”手に入れることは、やはりできませんから。そういう割り切りも、パラレルキャリアを考えた時には重要ではないでしょうか。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
すごくわかります。秋山さんご自身もそうだったのですね。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん社会人20年、音楽活動30年といった長い時間軸で考えれば「全てをやってきたね」と言えるかもしれませんが、その時期その時期で当然変化はあって、いつも全てのことを自分がベストだと思うかたちで継続できているわけではありません。時間配分だって、決して複数のことを同等に5:5でやっているわけではないんですよ。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和
5:5ではないんですね! キャリアを平行させるのにちょうどいい配分ってあるのでしょうか?

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさん私の経験や周囲にヒアリングしたところで割り出したのが82という比率。だいたいそのくらいの時間の割き方が、パラレルキャリアをスムーズに回せる配分だと思っています。

 

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和キャリア全体のタイムラインの中でメリハリを付けて、自分の中にある軸や大切にしたいことを諦めずに守っていくのが大切なんですね。

 

事業開発コンサルタント/声楽家 秋山ゆかりさんそうですね。そして、諦めないためにもちろん戦略必要です。私は多くの仕事を限られた時間の中で経験することでビジネスパーソンとしてのキャリアを圧縮し、音楽家とビジネスパーソン、それぞれのキャリアのピークをずらすことに成功しました。全部を同時に手に入れることはできないけれど、全部捨てない未来にやりたいことは捨てないこと。欲張りかもしれませんが、それが自分らしいキャリアを切り開く中では、とても大事ではないかと思っています。

(vol.2 につづく)

 

取材・文/ 横山さと 撮影/工藤朋子

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします