フリーランスの皆さん、突然ですが、今、幸せですか?

どんな働き方ができれば、幸せを感じられると思いますか?

これまで3回にわたり、フリーランス女性と企業のマッチングを手がける株式会社Warisが行った「活躍フリーランスの幸せ実態調査(https://waris.co.jp/10486.html)」の結果をお伝えしてきました。

 

フリーランスって本当に幸せな働き方ですか?【活躍フリーランスの幸せ実態調査から(1)】(http://cue.waris.jp/3854.html

フリーランスが「幸せ」を感じて働くための4つの鍵【活躍フリーランスの幸せ実態調査から(2)】(http://cue.waris.jp/3886.html

活躍したいフリーランスが磨くべき9つのスキル【活躍フリーランスの幸せ実態調査から(3)】(http://cue.waris.jp/4022.html

 

調査の結果を踏まえ、今回は、フリーランスを含む個人が、幸せに働き活躍し続けるための「3つの提言」をお届けします。

【提言1】クリアなビジョンが幸せに働く鍵になる! 

今回の調査では、「収入や働く時間の長さと、幸福度との間に明らかな相関はない」という意外な事実が明らかになりました。個人が幸せに働く上で影響力が大きいのは、収入よりも、むしろ「今の自分が本当になりたかった自分かどうか」という点でした。

 

フリーランスとして働く上で、専門的なスキルや経験を身に着けることは重要ですが、それだけでは不十分です。「自分がどうありたいのか」というクリアなビジョンを持つことを、これからの時代に幸せに働く鍵の一つとして提言します。

 

【提言2】「バランス型フリーランス」的ワークスタイルで、自分らしく幸せに働き続ける

幸福度が高く、活躍しているフリーランス女性たちにヒアリング調査を行う中で、「バランス型フリーランス」とも言うべき、フリーランスの形に出会いました。

 

彼女たちは、総合職、あるいは専門職としてキャリアを積んできたものの、ワークライフの充実や、やりたいことの実現のためにフリーランスへ転向しており、現在は「週4日・1日4~5 時間程度、豊富なスキル・経験を活かした非定型・高度知的業務」で幸せに働き、クライアントから高い評価を得ています。

 

もちろん、フリーランスは働き方の選択肢のひとつに過ぎず、すべての女性にとって最適な働き方と言えるわけではありません。ただ、長時間労働と会社への高いコミットメントが求められる従来型の総合職は、結婚・出産・介護・パートナーの転勤などの多様なライフイベントによって環境が大きく変化する女性にとって、難しさがあることも事実です。

 

フルタイム・フルコミット・フル常駐にこだわらない「バランス型フリーランス」的なワークスタイルは、女性がスキルや経験を活かして働き続ける上で、大きな可能性を秘めているのではないでしょうか。

 

【提言3】会社員時代からプロジェクト型ワークで「プロ力」を醸成!

今回の調査を通じ、フリーランスとして活躍するためには、「自走性高く案件を完遂する力」や「成果に結びつく専門性・能力・経験」「コミュニケーション力」「ニーズ・状況の判断力」「自分を売る力」などさまざまなスキルが求められることがわかりました。

 

30~40代で「バランス型フリーランス」を選ぶためには、20 代をどう過ごすかがとても重要です。ヒアリング調査でも、「バランス型フリーランス」として満足度高く働いている女性たちは、20 代のうちに、総合職・専門職として豊富な実務経験を積み、コアとなる経験やスキルを身に着けていました。

 

厚生労働省発表のレポートでは、今後、「プロジェクト型ワーク」に従事する人が増えると予測されています(注1)。これからの時代を生き抜くために、会社員時代からプロジェクト型ワークを経験し「疑似フリーランス状態」を経験することで、フリーランスに求められる「プロスキル」を身に着けることができるのではないでしょうか。

 

「活躍フリーランスの実態調査」の結果からは、フリーランスとしてリスクをとりながらも、スキルや経験を活かし幸せに働いている女性たちの姿が浮かび上がってきます。

どんなワークスタイルが心地いいのか、本当にやりたいことは何なのか。「3つの提言」が、皆さんにとって、幸せな働き方について考え、それを実現する一助となれば幸いです。

 

注1 厚生労働省「働き方の未来2035」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000133449.pdf

 

文/髙橋実帆子(Cue powered by Waris編集部)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします