Cue編集部の高橋です。

 

みなさんは今、幸せですか?

幸せと感じることはありますか?

人生は一度きり。できれば、いつも幸せを感じながら暮らしていたいですよね。

 

ここ最近、「幸せ」というキーワードに触れる機会が重なりました。

 

先日行ったフリーランス向けのイベント「先輩フリーランサーが語る、”幸せになるための”自分働き方改革術(http://cue.waris.jp/3394.html)」では、講師のフリーランサー・勅使川原さんが「自分を知ることが大切」とおっしゃっていました。

イベントの中で行われた、自分の幸せを言語化するワークショップが、私自身、とても印象に残っています。

 

何をもって「幸せ」とするか、価値観は人それぞれですし、時の流れと共に変化していくものでもあります。

10年前の幸せと今の幸せはまったく違いますし、未来の自分にとっての幸せもまた、変わっているかもしれません。

 

私は2年前の6月、自分と家族にとって何が幸せなのかを見つめ直した結果、その時働いていた会社を辞め、今の会社にジョインすることを決めました。

その見直しがあったからこそ、今の幸せがあると思っています。

 

忙しい毎日の中で、心のモヤモヤに気づいたら一度立ち止まり、自分の幸せについて考えてみるのもいいかもしれません。

 

「今の働き方を変えたい。でも…」とモヤモヤしている方には、Warisが5/30に発表した提言「活躍フリーランスの幸せ度実態調査」(https://waris.co.jp/10486.html)もおススメです。

「幸せ」ついて客観的な指標でとらえることができ、フリーランスの方にかぎらず、「幸せに働くためのヒント」を見つけることができる内容になっています。

よろしければ、ぜひご覧になってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします