フリーランス、会社員、学生などが、仕事や勉強などを行うコワーキングスペース (以下、コワーキングと略します)。最近、増えているような気がしませんか?

オフィスという場所に縛られず働く人が増えたほか、地域活性化の起爆剤としたい自治体、小規模ビジネスとして乗り出す企業も少なくないようです。

そこで今回は、フリーランスがコワーキングを利用するメリットやチェックポイント、都内のおすすめコワーキングスペースをご紹介します!

 

コワーキングスペースを使うメリットとは?

フリーランスがコワーキングを利用することには、どんなメリットがあるのでしょうか。

 

1.人とのつながり、人脈が広がる

コワーキングスペースのルーツは、2005年頃からサンフランシスコ界隈で始まった「コワーク」というワークスタイル。個々で仕事をしながらも、同じ空間を共有している者同士、情報交換や交流をし、共存共栄しましょう、というスタンスが基本です。

 

フリーランスとして仕事をしていて、一番大切なのが人とのつながり。新しい事業も、顧客も、仲間も「人」なんですよね。コワーキングを利用すればそこに集まる利用者と知り合うことができます。私自身はライターですが、コワーキングで知り合ったデザイナーと組んで仕事をしたり、顔の広いスタッフに取材対象者を紹介してもらったり、といった経験があります。

 

2.居場所ができる

カフェを探して荷物を抱えてウロウロ、というのは時間も体力もロスします。

「打ち合わせ大歓迎」というコワーキングも少なくありません。自宅以外に落ち着いて人と対話ができる場所があるのは、フリーランスとして安心です。

また月に数回だけ都心で打ち合わせ、という場合も、コワーキングを活動拠点にすれば何かと便利です。回数券利用などのシステムを活用しましょう。

 

3.気分が変わる、集中できる

誰かに管理してもらえるわけではないフリーランス。だらだらと仕事をしてしまいそうなときは、場所を変えてコワーキングに行くのがおすすめです。

一人では煮詰まってしまいがちな作業も、場所が変わったり、人の気配があったりするだけで、作業効率が上がるといった効果が狙えます。

 

4.設備が充実している・経費が節減できる

フリーランスとして気になるのがコスト。コワーキングには仕事に必要な電源やインターネット環境が整っています。コピー機やプリンタなどは自前でそろえるより、コワーキングで利用したほうが経費を節減できることも。

 

コワーキングの利用料は経費になりますし、110002000円前後とコストもそれほどかかりません。さらにフリードリンクやお菓子、仕事に役立つ書籍が常備されていたり、会議室が割引で使えたりと、魅力的なオプションサービスが付いている場合もあります。

 

5.託児など、オプションサービスも拡充

だ少数ですが託児付きのコワーキングも増えています。子連れで仕事ができるだけでなく、ワーママ同士のつながりができたり、保育士に育児相談ができたりと、プラスαのメリットが。利用する際には、年齢の制限や風邪など病気の際の利用可否なども確認しておきましょう。

 

コワーキングスペースを選ぶ際のチェックポイント

このように便利な点が多いコワーキングですが、たくさんある中から、どのように選べばいいのでしょうか?

まずは、「探したいエリア×コワーキング」で検索。実際に足を運んで、雰囲気を確かめてみましょう。

 

1.サービス内容と料金はきちんと確認を

「郵便物の受取ができると思っていたら別料金だった」「格安だと思ったら利用時間に制限があった」などといったことがないように、契約内容をしっかり確認しましょう。

サービス内容が分からないときは遠慮なくスタッフに質問を。万が一、質問しにくい雰囲気ならば、そのコワーキングは避けたほうが賢明です。

 

2.自宅の近くorターミナル駅の近くが便利

どんなに居心地の良いコワーキングでも、移動に時間がかかると自然に足が遠のいてしまうもの。移動時間のロスと「いったん家から出る」というアクションのハードルを下げるためにも、自宅近くのコワーキングがおすすめです。

 

地方在住の方が都心での活動拠点として、あるいは複数のクライアントを訪問する際の拠点として使う場合は、乗り換えが便利なターミナル駅の近くが良いでしょう。

 

3.できれば複数回ドロップイン利用してみる

いきなり長期の契約ではなく、まずは2時間程度ドロップイン利用をして、その場所の居心地を確かめましょう。冷房が首筋に当たって無理、実はたばこ臭かった、個室が案外騒がしかった、なんてことはサイト上の情報では分かりません。

また、できれば時間や曜日を変えて複数回利用してみましょう。たまたまその日だけのことだった…という可能性もあります。

 

コワーキングスペースを使うときは、ここに注意!

便利で快適なコワーキングが見つかったら、いざ契約…する前に、利用者として注意点したいことを確認しておきましょう。

 

1.ベントには積極参加を

日本ではコワーキングで働く人同士、あまり干渉しないケースが多いようです。私も、面識のない方に話しかけるのは得意ではありません。そこで活用したいのが、イベントや勉強会。利用者同士を積極的につなげようと、さまざまな催しを行っているコワーキングも多くあります。懇親会などを実施している場合は、積極的に参加してみましょう。知り合いが増えるだけでなく、仕事に直結する出会いも少なくありません。

 

2.最低限のセキュリティ意識を持とう

トラブルを防ぐために、作業中のPCを開きっぱなしで離席しない、大きな声で仕事の話はしない、貴重品は身につけるなど最低限のセキュリティは必須です。

 

3.社会人としてのマナーと礼儀を守ろう

気心の知れたコワーキングでも、盛り上がって騒いだり、ゴミを放置したまま帰ったり、その場にいない人の悪口を言ったり…といったマナー違反はやめましょう。

 

おすすめのコワーキングスペースリスト

 

筆者が実際に利用しているコワーキング

  • おせっかいサロン&レンタルセミナースペース「SpringSpot」(浅草橋)

利用者同士の交流が盛ん。運営者の「おせっかい社長」が、フリーランスのさまざまな相談に乗ってくれます。

http://spring-spot.com/

 

  • 「WisSquare」(東京)

東京駅から徒歩3分、女性のためのつながるオフィス。会員は女性のみだが、打ち合わせなどで男性の入室も可能。

http://www.womanscafe.com/

 

Facebookの友人が教えてくれたおすすめコワーキングスペース

  • 「Co-Edo®」(茅場町)

コワーキング利用料金だけで会議室を利用可能。勉強会やイベント開催などもできます。

https://www.coworking.tokyo.jp/

 

  • 「LODGE」(永田町/赤坂見附)

Yahoo! JAPANが運営する日本最大級のコワーキング。1day利用無料キャンペーン中(予告なく終了することがあります)。

https://lodge.yahoo.co.jp/

 

  • 「the SNACK」(銀座)

銀座の一等地にあるコワーキングカフェ。オープンスペース内には、表参道の人気店『パンとエスプレッソと』とのコラボカフェが。日々のランチや息抜き、来客との打ち合わせにも利用できます。

http://the-snack.jp/

 

  • 「Coin Space by渋谷区観光協会」(渋谷)

カフェやオフィス代わりに、またグループでの勉強会にも利用可能。午前中(07:00–12:00)は、 30分100円、最大300円とリーズナブルな料金が嬉しい。渋谷マークシティ4階という好立地。

https://coinspace.jp/

 

文/曽田照子

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします