「フリーランスになろう!」と決めてなった人も、「実現したいことを追いかけていたら、いつの間にかフリーランスになっていた」という人も、それぞれ様々なきっかけがあると思います。働き方が多様化するこれからの時代、「やりたいことを実現するのに、一番適している働き方は何か」を考えた結果、フリーランスを選ぶ、という人が増えていくのではないでしょうか。

正社員とは一味違うフリーランスは、どのようにキャリアを積んでいけば良いのか、見ていきましょう。

 

会社員とフリーランスの行き来もあり?

かつて、いわゆるバリキャリの会社員として、忙しく働いていた私。フリーランスになってからは、仕事におけるすべての決定権が自分にあり、時間も自由になる状況が快適で、当初は会社員に戻るなんて考えられませんでした。

 

しかし、最近少し考え方が変わってきました。先進的な企業が、性別を問わず働きやすい制度を整えた、というニュースをよく耳にします。フリーランスのデメリットは、固定のお給料がないことや、何かあった時の保障が少ないことです。正社員で、その時のライフスタイルに合わせた働き方ができて、お給料や保障が約束されているのなら、こんなにうれしいことはないと思います。自由な働き方が認められている企業が増え、やりたいことが実現できるなら、会社員に戻るという選択肢も大いにアリだと感じています。

 

景気が低迷したり、企業の業績が悪化したりすれば、外部への委託はカットされる可能性も出てきます。逆に、フリーランスになった方が手元に残るお金が増える、という場合もあるでしょう。

そういう意味では、「いつでも会社員に戻れる」「いつでもフリーランスになれる」という自信を持てるよう、常にスキルや能力を高めておく必要があると言えます。

 

フリーランスから会社員に戻るとき、気をつけたいポイント

一度フリーランスになったら、もう会社員に戻ることは難しいのでは?という声を聞くことがありますが、そんなことはありません。フリーランスから会社員に戻って活躍している人はたくさんいます。

 

会社員に戻る時に気をつけなくてはいけないのは、“組織の一員として働く”という観点。フリーランスは、何でも一人で決めて身軽に動けますが、組織で働くとなると、そうはいきません。

 

私は過去に、企業の面接官として中途採用をお手伝いしたことがありますが、「フリーランス経験のある人は、スタンドプレイに走りがちだから、組織の一員として動ける人かどうかを確認してください」と言われていました。やはり、企業側もそこを心配するものです。

 

必要な報告・連絡・相談はきちんとする、根回しをするなど、連携を意識しましょう。

逆に、フリーランス時代に培ったコスト感覚やスピード感などは、強みになりえます。

両方の良いところを取り入れていきたいですね。

 

 

起業するメリット・デメリットとは?

最近周りで増えてきたのが、フリーランスを経て起業をする人たち。「自分のやりたいことを突き詰めた結果、会社設立に至った」という人が少なくありません。オリジナルの商品やサービスを立ち上げ、広く展開していくには、組織を立ち上げたほうが良い、という判断もあるかと思います。

 

組織を立ち上げるメリットは、

・分業でき、自分の得意なことに集中できる

・事業がスピードアップできる

・相談相手ができる

・税の優遇が受けられる(一定の条件があります)

・信用を得やすい

といったことが挙げられます。

 

フリーランスは、一人経営の会社の社長をやっているようなものですから、運営するという意味では組織の立ち上げと似ている部分もあるかもしれません。ですが、人を採用してお給料を払う責任が生じる、という点は大きく異なります。当然、仕事の進め方やコミュニケーションにも気をつかう必要が出て来ます。その分、仲間と成し遂げた成果を一緒に喜ぶ、という醍醐味も生まれることでしょう。

 

「これで勝負したい」と思えるものが見つかった場合には、起業を視野に入れても良いかもしれないですね。

 

フリーランスであり続けるには?

フリーランスという働き方が合っている、これからもフリーランスとして働いていきたい、という人も当然いるでしょう。

そういう場合は、確実に収入に繋がる案件と、自身の成長に繋がる案件のバランスを考えて、仕事を引き受けることをオススメします。

 

フリーランスのスキルアップ”の回でも書きましたが、フリーランスは、確実に貢献できる案件しか依頼が来ない、そうでないと自分としても受けづらい、という側面があります。ちょっとチャレンジングな案件を、自分から提案して取りに行ったり、依頼があったら受けたりしてみてはいかがでしょう。報酬は普段より下がってしまうかもしれませんが、経験を積み、ステップアップしたり幅を広げたりするには必要なことです。もちろん、チャレンジと並行して、きちんと収入を得られる確実な案件もしっかり取りにいきましょう。

 

一定の期間にお金を貯めて、より専門的な知識やスキル、資格を取得するための講座やスクールに通う、というのもひとつの選択肢だと思います。

 

やりたいことを実現するために、自分で働き方を選べる時代が、これからやって来ようとしています。自分は何がしたいのか、何ができるのか、そのためにはどんな働き方がよいのか。自分に問いながら、どんな立場でも貢献できるよう、しっかり能力を高めていきたいですね。

 

文/ライター 天田有美

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします