Cue編集部の佐藤です。

 

東京在住で、ふだんは都内で仕事をしている私ですが、その他に、出身地である愛知県をはじめとする東海地方の事業開発も担当しています。

 

毎月1~2回ほど東海地方に出張し、企業の担当者や個人の方とお会いしたり、イベントを開催したりしているのですが、その中で面白い発見がありました。

 

東海地方では、人口や企業の数は愛知県が圧倒的に多いのですが、「リモートワーク」や「柔軟な働き方」というキーワードには、岐阜県や三重県の企業の方がより高い関心を持ち、実際の導入も進んでいるのです。

優秀な人材はどうしても都市部に集まりやすいので、企業や人口の少ない地域ほど、新しい働き方を必要としているとも考えられます。

 

「働き方改革は東京から」と思われがちですが、もしかすると、近い将来、地方から先進的な事例が生まれていくのかもしれません!

 

文/Cue powered by Waris編集部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします