フリーランスは、プロフェッショナルとして仕事を請け負うもの。だからこそ、スキルを維持し、ブラッシュアップすることが不可欠です。とは言え、日々の業務に追われていると、なかなか難しいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「専門スキルを深める」「ビジネスパーソンとして幅を広げる」という二つの視点から、スキルアップについて考えてみましょう。

 

フリーランスと会社員の違い

私は、会社員からフリーランスになって2年ほど経った時、スキルアップについてとても悩んだ時期がありました。

最初は、ただがむしゃらに仕事をこなしていました。本業以外にも、営業や会計も全て1人でやらなければいけない環境のため、それだけで鍛えられることも多かったように思います。でも、一通りできるようになった時、「私はこの先、どうやってスキルアップしていくのか」と、わからなくなってしまったのです。

 

会社員であれば、スキルアップを強く意識しなくても、それなりに上がっていく仕組みがありますよね。

一つには、研修制度が大きいでしょう。3年目研修などの年次に応じたもの、マネージャー研修などの職位に応じたもの、業務に必要な知識やスキルを身につけられるものなど、強制的に受けさせられるものから、自分で選択して受けに行くものまで、内容も頻度もさまざまです。

 

二つ目は、異動や昇格による仕事内容の変化です。

まったく経験がない業務への配置替えによって、思いもよらない能力が開花したり、幅が広がったりすることもあります。組織というものは、一定のレベルに達したら、より高い目標を与えられて挑戦できるようになっているのです。

 

フリーランスが大変なのは、これらをすべて自分でやらなくてはいけないこと。私は研修制度の充実した企業の会社員からフリーランスに転身したため、「業務時間内に、お給料をもらいながら、費用は会社持ちで研修を受けさせてもらえるなんて、なんて贅沢だったんだ!」とありがたさを痛感しました。

 

フリーランス、スキルアップのコツ

では、フリーランスがスキルアップするにはどうしたらいいのか? コツを見ていきましょう。

 

1.外部研修や交流会に積極的に顔を出す

 

お金を出して研修に参加することは、自分が得意とする専門分野で勝負し続けるために、絶対に必要なことです。どのような分野であっても、常識や技術は常に更新されます。より新しいものを体系的に学んでおくことで、仕事の深みや幅が増します。

 

交流会は、人脈を繋げるという意味で、ビジネスパーソンとしての幅を広げるために必要です。人脈がスキルアップにどう関係あるの? と思うかもしれません。ですが、同じ業界や職種の先輩に会える、メンター的存在に出会える可能性がある、新たな仕事に繋がるチャンスがある、という点で、とても有効だと思います。

 

2.軸をぶらさず、ピボットしてみる

 

仕事をレベルアップさせるには、仕事で鍛えるのが一番です。でもフリーランスは、得意なこと・経験のあることしか依頼が来ないものです。たとえそれ以外の依頼があったとしても、経験のない仕事を受けることに不安を覚える人も多いのではないでしょうか。

 

そんな時は、自分の得意なこと、経験のあることをベースに、少し上流工程にチャレンジしたり、領域を変えたりしてみましょう。例えば、営業経験が豊富ならば、組織としてどう勝てるかを考える、営業企画に挑戦してみる。消費財プロモーションに長けているなら、商材を変えて食料品に挑戦してみる、といったイメージです。

 

新しい領域での知識や経験値が増えることで、レベルアップが図れます。これまでの経験が生かせるので、新たな領域とはいえ結果を残しやすく、次に繋がりやすいと言えるでしょう。

 

3.関係性のあるパートナーに提案する

 

これまでの仕事ぶりを評価してくれるパートナーがいる場合、思い切ってこちらから提案してみるのもアリです。「こんなことをやりたいと思っている」「御社の仕事の○○についても任せていただけないか」など、発信したり、相談したりしてみましょう。

依頼する側としても、全く付き合いのない人に発注するより、仕事ぶりや人となりがわかっている方が安心できますよね。もしかしたら、新たな業務を任せてくれるかもしれません。

 

4.とにかく発信する

 

SNSを活用したり、会う人に「私は○○にチャレンジしたい」「私は、将来こうなりたい」と伝えることは、有効かつお手軽な手段です。発信することで、自らに「言ったからにはやらなきゃ」とプレッシャーをかけられます。また、それを見た周囲の人が、

「それなら△△という本を読むといいよ」

「こういう勉強会があるけど、来ない?」

「知り合いがちょうど人探してるから、紹介するよ」

などと反応をくれ、次に繋がっていく可能性があります。

 

フリーランスとして仕事をしていると、同じフリーランスの人や、経営者とのお付き合いが増えていきます。同じ境遇であれば助け合えますし、面倒見の良い企業のトップに助けられることもあるでしょう。

いずれにしても、真摯に業務に取り組み、結果を出していることが前提となります。

 

フリーランスのスキルアップのコツ、いかがでしたか?

スキルアップにも、自分自身で責任を持たなければなければならないフリーランスですが、すべてを一人で抱え込む必要はありません。外部のリソースや人脈を活用しながら、コツコツと自己研鑽を続けていきましょう!

 

文/ライター 天田有美

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします