Cue編集部の蟻川です。

 

昨年12月21日より、Warisのコーポレートコピーが変わりました。

これまで掲げていた「企業×ワーキングマザー」から、

今後は「Live Your Life 新しい働き方を創る」というコピーに。

 

「働き方」について様々なニュースが駆け巡る昨今。

Waris社内でも「私たちは何屋なのか?」ということについて

あらためて議論を重ねてきました。

 

そして、これからは「新しい働き方」にチャレンジするのは

ワーキングマザーに限ったことではない。

老若男女問わず、新しい働き方へのチャレンジの機会を

提供していきたいというひとつの結論に達しました。

 

総合職の経験の中で培った

専門性やマネジメントスキルを活かし、

企業との新しい関係性を築くことにチャレンジする人たちを

私たちは「プロフェショナル人材」と呼び、

そのチャレンジを後押しし伴走する存在でありたいと

思いを新たにしています。

 

先日、総合職系フリーランスの知人が印象的なことを言っていました。

プロ人材がクライアント企業に提供するのは「労働力」ではなく、

「事業推進力」であり、「変革力」なのだと。

個人と企業が雇用関係ではない、新しい関係性を築くとき、

忘れてはならない大事な視点だと気づかされました。

 

プロ人材として活躍したい個人は、

クライアント企業に対して、「労働力」以上の価値を提供できているか。

企業は、その価値を正当に評価し、十分な対価を提供できているか。

その間をつなぐ私たちは、

両者が対等なパートナーシップを築くお手伝いができているか。

 

まだ解がない中で、模索する日々ですが、

私たちはこれからも「新しい働き方を創る」ことを信念に、

これらの問いに真正面から取り組んでいきたいと思っています。

 

文/Cue powered by Waris編集部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします