企画・営業・マーケ・人事・・・など、総合職系のフリーランスとして活躍する女性たちに、「フリーランスになったきっかけ」「これまでのキャリアの変遷」「フリーランスとしての働き方・働く魅力」を伺いました。

Qフリーランスとして働き始めたきっかけは何ですか?

会社での仕事はとても充実していたのですが、子どもが成長してきて、もう少し時間の融通がきく働き方をしたいと感じ始めたこと、そして、かねてから自分の中で温めていた「ネイルブランドを作りたい」という想いが大きくなってきたことが重なり、独立を決めました。

 

会社を立ち上げることも考えましたが、ブランドと会社を同時に始めるのは経済的にも時間的にもハードルが高いと感じたため、まずはフリーランスとして働きながら、思い描いているブランドの芽を少しずつ育てていくことにしました。

 

Q会社員時代は、どんなお仕事をされていましたか?

大学卒業後、信用金庫に入社しました。その後ベンチャー企業にファッションのMD(マーチャンダイザー)として転職しましたが、業界未経験、ましてやベンチャーということで苦戦を強いられました。それならば大好きなコスメで勝負できないかと考え、社内のデザイナーと2人だけで化粧品のeコマースをスタートしました。営業から仕入れ、商品説明のライティングやPRも、すべて自分の仕事。「化粧品が好き」という一心で、夢中でやりました。

 

そのサイトが育ってきたところで、次は既存ブランドのコスメラインの立ち上げを経験し、売り上げが波に乗ったところで、今度はまったく新しいブランドとして、タレントの益若つばささんと一緒に『Candy Doll』というコスメブランドを立ち上げました。ブランドのPRと平行して、東京ガールズコレクションや渋谷ガールズコレクションなどのイベント広報も担うなど、多忙な毎日を過ごしていましたね。

 

そんな中、子どもを出産したことで少しずつ自分の意識がナチュラルやオーガニックに向くようになりました。『rms beauty』という海外のオーガニックコスメブランドが日本で展開を始めると聞き、自らその立上げへの参画を希望して、同ブランドの輸入と販売を手がける会社に転職しました。

 

Q今、フリーランスとしてどのようなお仕事をされていますか?

前島由美さん

『rms beauty』には、フリーランスになってからもずっと関わっています。同じく前職で担当していたヘアケアブランドも続けています。フリーになると決めたとき、「業務委託という形でもぜひ続けてほしい」と任せてくださったことに、とても感謝しています。

 

ほかには、イベント広報の経験を生かして、イベントの企画運営などを引き受けることも多いです。会社員時代はファッションやコスメの領域にどっぷり浸かっていましたが、今は異なる業界のお仕事も手がけるようになりました。ゲーム業界のベンチャー企業のお仕事で、さまざまな展示やアクティビティ的なコンテンツを盛り込んだ株主総会の企画運営をさせていただいたこともあります。

 

また、これまでと同じ「女性」「ビューティー」という切り口で少し畑を変えて、ジュエリーブランドのディレクションにも携わっています。イベントでもブランドでも、ゼロから立ち上げて、何か面白いことをやるのが大好きなんです。これまで経験してきたフィールドとは違っても、そのような仕事はとても魅力的に感じます。

 

Q前島さんにとってフリーランスで働く魅力は何ですか?

タイムマネジメントの決定権が自分にあることは、すごく大きいです。

 

それからもうひとつ、人との出会い。同じフリーランサーや、起業家の方など、面白くて刺激的な人とたくさん出会えることも、会社という垣根のないフリーランスならではの素晴らしさだと実感しています。フリーランスや起業家の方は、そもそも仕事に対する熱量が高いですよね。失敗も含め結果がすべて自分に返ってくるので、仕事への責任感や危機感が強い。そういった熱量の高い人との仕事は本当に楽しく、得るものも大きいです。

 

また、仕事のしやすさという点では、上司と部下など上下関係がなく、同じプロジェクトで同じゴールをめざす仲間として、フランクに意見を言い合えることも、よりクオリティの高いアウトプットにつながっていると思います。そんな関係が、私にはとても心地よく感じられます。フリーランスという働き方が性に合っているのだと思います。

 

Q今後のキャリアをどう描いていらっしゃいますか?

前島由美さん

昨年12月、ずっと温めてきた自分のネイルブランドをローンチしました。実はこのネイルのスタートには、ひとつエピソードがあるんです。

 

会社員時代、仕事と子育てに追われる中、職場に行くと周りの女の子がみんなキレイに見えて、きちんと化粧をする余裕もない自分はダメだなと落ち込んでいました。あるとき、子どもと保育園から帰る途中、ドラッグストアでマニキュアを1本だけ買って夜にひとりで塗ったら、気持ちがすごく明るくなったんです。

 

きれいな色のものは、やはり女性を元気にするパワーを持っているんだな、とあらためて感じました。そんな経験から、自分が納得できるネイルを作りたいと思うようになったんです。

 

「忙しく働いている女性が、このネイルを塗っている時間だけは、自分と向き合えるといいな」「自分の生き方や夢を考える時間になったらいいな」という思いを込めて作りました。今後もこのブランドを育てながら、「女性」「ビューティー」という、自分にとって大切で大好きな分野での仕事にはずっと関わっていきたいです。プラス、ママや子どもといったテーマにも取り組んでいけたらいいですね。

 

それから、世界をもっと広げるという意味で、海外のクライアントとの仕事にも挑戦したいです。息子はすごく人なつこくて、一緒に海外に行くと、あっという間に現地の人と仲良くなって遊びに行ってしまうんですよ。そんな息子を見ていると、学生時代にバックパッカーをやっていた自分の経験とオーバーラップします。子どもは親の見ている世界に影響を受けますから、私の世界が広がることで、子どもの世界も広がるといいなと思うんです。私が国境を越えて仕事をすることで、「どこでも生きていけるんだよ」「世界にはたくさん楽しいことがあるよ」と、息子に伝えていきたいと思っています。

 

成分にこだわった爪にやさしいネイルポリッシュ

★前島さんのネイルブランド『JUMII TOKYO
オトナの女性が安心して使える、成分にこだわった爪にやさしいネイルポリッシュ。ひと塗りでもムラになりにくく乾くのが早いので、忙しい女性にぴったり。現在7色展開。1色1200円(税抜き)。ロフト、東急ハンズ、PLAZAなど全国のバラエティーショップで先行発売中
https://jumii.tokyo

 

 

 

取材・文/横山さと(Cue powered by Waris編集部) 撮影/工藤朋子

※前島さんにお仕事をご依頼されたいなどご連絡取られたい場合はCue編集部 info_cue@waris.co.jp  までお問い合わせください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします