Cue編集部の河です。

 

私たちの会社では創業当時から、メンバー全員が

リモートワークで業務を行っています。

そこで、よく聞かれる「リモートワークのコツ」を

マネジメントの視点からあらためて考えてみました。

 

(1)前提として「信じ合う」こと

 

(2)情報はできる限りオープンにする

メンバーの業績、生産性、スケジュールなどの情報は、

できる限り「見える化」します。

過剰に管理するのでも、信じるだけでもなく、

さまざまな情報を「可視化」することで、

メンバーが自ら考え、動く材料になるのです。

 

(3)グループウェアなどのツールを導入する

リモートワークだからこそ、

イノベーションを生むためにも、

コミュニケーションの質を担保することが重要です。

そのため、コミュニケーションをサポートする

ツールの導入は必須です。

Warisでは、社内MTGにGoogle Hangoutを利用し、

カレンダーはGoogleCalendarで共有しています。

社内システムはサイボウズ社のKintone、

チャットツールはChatworkを利用しています。

 

(4)「絶対リモートワークで」と思わない

リモートワークが原則とは言え、

時には顔を見て話した方がいいこともあります。

国内ならば、会おうと思えば会えるのですから、

直接会って話せばいいだけのことです。

 

(5)不安になるメンバーもいることを知る

リモートワークは効率的である一方、

どんなに成熟した人材でも、孤独を感じる働き方です。

誰かに相談したいとき、隣に人がいないことで

不安になるメンバーもいます。

信頼関係が醸成しきっていないチームや、

業務習熟度の低い若手メンバーには、

リモートワークが向いていない場合もあり得ます。

不安や孤独を感じやすい働き方であるという前提で、

教育・育成やコミュニケーションスタイルの確立を行うことが必要です。

 

新しい働き方のメリットのみならずデメリットにも目を向け、

解決策を併せて考えながら働き方改革を進めていきたいですね。

 

文/Cue powered by Waris編集部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします