確定申告のシーズンが近づいて来ました。会社員なら会社が代行してくれる税金の手続きも、フリーランスの場合は自分の責任で進めなければなりません。帳簿のつけ方についてお伝えした前回に引き続き、税理士の日下部寿子さんに、「経費」の考え方について教えていただきました。

 

Q 何が経費として認められますか? 子どもの保育料は経費になりますか?

「何が仕事の経費として認められるのか?」というご質問の答えは明確です。ご自身が胸を張って「これは仕事のために使いました」と言えるものは「経費」です。

たとえば、取引先とコーヒーショップで打ち合わせをした際のコーヒー代は、誰に聞かれても堂々と「経費です」と答えられるはず。でも、仕事を終えた後、一人で喫茶店に入り、休憩しながら飲んだコーヒーのお金を経費として計上するのは、後ろめたい気持ちになるはずです。

 

とは言え、実際に帳簿をつけ始めると、経費として計上していいのかどうか、悩むケースが出てくるでしょう。

たとえば仕事をするために子どもを保育園やベビーシッターに預けた場合でも、現在の税法の枠組みの中では、その費用は、育児を外注した「家事費」と判断されてしまい、仕事の経費にはなりません。

 

Q 仕事用のスーツや美容院代は経費になりますか?

仕事用に購入した洋服はどうでしょう。この場合、「仕事のときにしか着られないものかどうか」がポイントになります。職場で決められた制服や作業着なら経費になりますが、スーツなどは、子どもの授業参観や、友達と会うときにも着ることができると考えられるので、一般的には経費にはなりません。

 

美容院代も同様です。モデルのお仕事をしている方なら経費にできると考えられますが、一般的な総合職では難しいでしょう。ただし、仕事のPRのためパンフレットを作成する場合などのヘアメイク代は、経費として記帳して問題ありません。

 

Q 自宅で仕事をしているのですが、家賃や光熱費は経費になりますか?

はい。経費になります。ただし、「家事按分」と言って、家事のために使った分と仕事の分を、分けて考える必要があります。

たとえば、家の面積の4分の1をオフィススペースとして使っているなら、家賃の4分の1を経費として計上することができます。電気料金などの光熱費も同様です。

 

パソコンやスマートフォンなどの通信費も、毎月の使用実績のうち仕事用に使っている分を、経費にすることができます。

いずれも、税務署から説明を求められた際に合理的な根拠を示すことができるよう、基準をしっかりと決めておきましょう。

 

Q クレジットカードで支払った経費は、どのタイミングで記帳すればいいですか?

支払いをした日付と引き落とし日の両方で記帳します。確定申告では、「発生主義」と言って、収入や支出が発生した日に取引が行われたと考えるのが基本です。

たとえば、2016年12月にクレジットカードで支払った経費が、2017年1月に引き落とされても、帳簿の上では12月の支出になります。

収入に関しても同様です。2016年12月に稼働した仕事の報酬が、2017年1月に振り込まれるとしても、帳簿上は12月の収入となり、2016年度分として申告することになります。

 

小規模事業者(前々年分の所得が300万円以下)が青色申告(10万円控除)をする場合、事前に届出をすれば、実際にお金が出入りした際のみ記帳する「現金主義」を選択することもできます。ただ、ゆくゆく仕事の幅を広げたり、65万円控除に挑戦することを考えている方は、最初から発生主義で記帳していく方がスムーズです。

※記事の内容は、2016年10月現在施行されている法律に基づくものです。

「発生主義」!なるほどね!これから迷ったら発生日時で考えよう
byサキ

税理士 日下部寿子

税理士法人・税理士事務所での8年間の勤務経験に加え、国内生保系資産運用会社の社員として、12年間にわたり、有価証券報告書作成、税務調査及び監査法人監査対応、総務・人事業務などを担当した経験を持つ。2015年、北区赤羽に日下部寿子税理士事務所を開業。会社員経験を活かし、法人・個人事業主の「税務・会計のホームドクター」として、確定申告や相続税に関することから経理に関することまで、幅広く相談を受け付けている。
http://www.kusakabetax.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします