働き方や今後のキャリアについての悩みや不安――どう考えて、どう対処していったらいいでしょう?30代40代の働く女性に対するサポート経験が豊富なキャリアカウンセラー・島谷美奈子さんがお答えします。

【今回のお悩み】

フリーランスとしての企業面談、確実に仕事につなげる秘訣はありますか?
34歳・フリーランス・広報)

フリーランスで広報の仕事をしています。先日、新たな仕事のチャンスがあったのですが、企業との面談で先方と業務内容についての折り合いがつかず、契約に至りませんでした。企業面談を、確実に仕事につなげるための秘訣はありますか?

事前に詳細な仕事内容が分かることの多い契約社員や派遣社員と違い、フリーランスは業務内容が細部まで決まっていない、ざっくりとした状態で企業との面談にのぞむことが少なくありません。その場合、業務ができるかできないかの単純な二択ではなく、一歩進んだ前向きな提案ができるかどうかが鍵になります。

そこで今回は、フリーランスが業務委託の企業面談にのぞむ場合、気をつけたいポイントをお伝えします。

 

ゴール設定のための、ヒアリングと課題設定

企業が求める成果の内容やレベルを正しく認識するためには、丁寧なヒアリングが必要です。

「広報の仕事をお願いしたい」「管理部門を立ち上げたい」などの企業からの依頼に対し、以下のような質問をしてみましょう。

 

◎現在は、どのような状況で誰が担当していますか?

◎1年後、どのような状況になっていたいですか?

◎3ヶ月以内に整備したい業務は何ですか?

 

先方のニーズを聞き取った上で、企業が抱える課題を整理し、言葉にして先方に伝えましょう。その際、自分がどのように貢献できるかを一言添えることが重要です。

 

たとえば、以下のような形で提案をします。

1年後には広報部門を軌道に乗せたいが、知識や経験のある社員が不在でいらっしゃるということですね。広報戦略を立てることからお手伝いさせていただき、よろしければ若手の社員の方へ引き継げる体制作りまで行いますが、いかがでしょうか」

 

言語化することでお互いの認識を確認することができますし、認識のズレがある場合は、その場で修正することも可能です。会話のキャッチボールを意識しながら、すり合わせを進めましょう。

 

プロフェッショナルの力が試される、自己PRと提案

自分がどのように貢献できるかを伝える場面では、経験や知見を、事例としてわかりやすく説明します。そのために、事前に企業研究を十分に行い、自分のどの強みが活かせるのか、どのように課題を解決できそうかを予測して面談にのぞむことが大切です。

 

まずはキャリアの棚卸しと自己分析を十分に行い、市場で活かせる自分の強みを整理しておきましょう。また、同じような課題を抱える企業の業務事例、同じような成長フェーズにある企業の事例等をピックアップし、すぐに説明できるようにしておきましょう。職種によっては、事例集や作品集を見せながらの説明も効果的です。

 

企業が抱える課題の内容によっては、自分の経験がない業務が含まれる、一人では遂行が難しい、対応可能なボリュームを超えてしまうなどのケースも考えられます。そういった場合には、代替案を出すことを心掛けたいものです。

どの領域、どのくらいのボリュームであれば自信をもって担当できるのか、どの時期になればボリュームを増やすことができるのか、具体的に提案しましょう。

 

自己PRと提案によって積極性や課題解決力が伝われば、企業の期待はさらに高まるはずです。

 

面談突破力を磨くために

企業の課題をヒアリング力によって紐解き、整理して自分ができることを提案する、フリーランスの企業面談。それは「ソリューション営業」や「コンサルティング営業」に近いものがあります。

 

イメージしづらい方は、会社員時代、業者から営業を受けた経験を思い出してみてください。課題に合わせた商品・サービスの具体的な紹介と、次につながる提案があったはずです。商品・サービスを「自分自身」に置き換えて考えると、わかりやすくなりますね。

 

営業と同様、コミュニケーション力を駆使して信頼関係を築くことは大前提です。信頼関係の構築や課題のヒアリングなしに一方的に商品・サービスを勧める、あるいは、課題を伝えるだけで具体的な提案が何もないとしたらどうでしょうか。

 

次につながる、受注に近づく企業面談とは、ヒアリングと課題設定、自己PRと提案によって、企業とゴール設定を行い、プロフェッショナルとしての積極性や課題解決力を伝える場をつくることです。

さらに、一緒に働きたいと思ってもらうためには、あなたの人となりも伝える必要があります。

レジュメやポートフォリオ、当日の身だしなみ、自己紹介も含め、自分自身をPRする場だと考えてしっかり準備をしましょう。

 

Warisでは、お仕事のご紹介後、企業面談が決まった方へ事前にアドバイスも実施しております。どうぞご利用ください。

フリーは専門スキルだけでなく、ヒアリングや自己PR力も必要なのね!
by サキ

キャリアカウンセラー/島谷美奈子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。福岡県出身。15年以上にわたり人材ビジネス業界、公的機関等にて人材活用・キャリアカウンセリングに従事。のべ5000名以上のカウンセリング実績を持つ。現在は、株式会社Warisでキャリアカウンセラーを担当するほか、女性の再就職セミナー講師、大手企業の職場環境改善委員を務める。横浜ウーマンビジネスフェスタ2015・2016実行委員。
http://waris.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします