Cue編集部の小崎です。

私が今の会社でリモートワークを始めて、1年が経ちました。

今日は私自身の経験から「リモートでもブレストはできるのか?」
というテーマでお話ししたいと思います。

 

私はブレインストーミングが大好きです。

人とアイディアを出し合う中から、
「ひらめきの連鎖」が生まれていくからです。

 

決まったタスクを効率よくこなすには
リモートワークでも何の問題もありません。

でも、ブレインストーミングはどうでしょう。

実際に顔を合わせることなく、ブレストができるでしょうか。

リモートワークを始めたばかりの頃は、私自身も半信半疑でした。

 

私たちの会社では、チャットツールを導入しています。

その中に、思いついたアイディアをとにかく何でも
話し合うという「妄想ルーム」があります。

新しいビジネスのアイディア、
改善したいことなど、テーマは自由です。

誰かがアイディアをポストしたら、
それに対して誰かが反応するというシンプルなものです。

テキストだけのアイディアの交換ですが、
これがとても面白く、まさにひらめきの連鎖が起こるのです。

 

まるで隣に座っているような感覚でいつも話をしているのに、
考えてみればその同僚とはまだ数回しか会っていない…
などということもありました。

 

もちろん、直接会って話すことに勝るものはありませんが、
リモートワークでもひらめきの連鎖は不可能ではないのです。

実際に話をするようなスピードでタイピングできる人が
増えたことも、距離を感じない理由のひとつかもしれません。

 

「直接顔が見えなければクリエイティブな話し合いはできない」
という思い込みを外してみると、
そこから新たな可能性が広がっていくかもしれません。

 

文/Cue powered by Waris編集部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします