2月5日に株式会社Waris主催の
「働く」を考える対話イベント「「自分らしく生きる・働く」 を考える対話の場」を開催します。

今や「働き方改革」は広く世の中で議論されるテーマとなりました。リモートワーク、パラレルキャリア、フリーランス・・・私たちの働き方のカタチは日々、変化を遂げています。

こうした変化の中にあって、具体的に何に対応しどう備えればよいのか・・・まだまだ道筋が見えていないのが現状ではないでしょうか?

「自分らしく働くとは?」「幸せな働き方とは?」「あなたにとっての『働く』とは?」
――めまぐるしく「働く」を取り巻く状況が変わる今だからこそ、企業・団体・個人の枠を超えて多くの方とこのテーマについて語り合い、その中から一人一人が気づきを持ち帰る場を創りたいと考えています。
本イベントでは慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野隆司先生をお迎えし、
キーノートスピーチをいただくとともに、参加者のみなさまにも小グループに分かれて対話(ダイアログ)※を行います。
この機会に「自分らしい生き方・働き方」について一緒に考えてみませんか?
ぜひご参加ください。

 

◆コンテンツ
第1部:キーノートスピーチ「私にとっての『自分らしく生きる・働く』とは?」
慶應義塾大学大学院システム・マネジメント研究科教授 前野隆司氏
(Q&Aを含めて40分程度)
第2部:対話(1時間程度)
「自分らしい生き方・働き方」について小グループに分かれて対話(ダイアログ)を行います。
(協力:株式会社Project Design Office代表取締役 中村一浩氏)

 

◆開催概要
【日時】:2017年2月5日(日)14時~16時(13時半受付~)
【場所】Yahoo! JAPANコワーキングスペース「LODGE」
東京都千代田区紀尾井町1-3 17F
https://lodge.yahoo.co.jp/access_pc.html
【対象】:「新しい働き方」に関心を持つ企業・個人・メディアの皆様
【定員】:50名 (無料)
【主催】:株式会社Waris「Waris Innovation Hub」
【協力】:株式会社Project Design Office

【お子様連れ参加について】
会場には託児はございませんのでご了承ください。参加者同士の対話のプログラムもございますのでセミナー中は終始抱っこでの参加でお願いできる方のみとさせていただいております(目安:約1歳半くらいまで)。よろしくお願いします。

 

◆キーノートスピーチ 
慶應義塾大学大学院システム・マネジメント研究科教授 前野隆司氏プロフィール
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。1984年東京工業大学工学部機械工学科卒業、1986年東京工業大学理工学研究科機械工学専攻修士課程修了、同年キヤノン株式会社入社、1993年博士(工学)学位取得(東京工業大学)、1995年慶應義塾大学理工学部専任講師、同助教授、同教授を経て2008年よりSDM研究科教授。2011年4月よりSDM研究科委員長。この間、1990年-1992年カリフォルニア大学バークレー校Visiting Industrial Fellow、2001年ハーバード大学Visiting Professor。著書に「幸せのメカニズム-実践・幸福学入門」「システム×デザイン思考で世界を変える」等がある

 

◆対話(ダイアログ) 
株式会社Project Design Office代表取締役 中村一浩氏 プロフィール
上智大学理工学部卒業。事業構想大学院大学修士課程修了。ミスミ、リクルートなど4社で4回の新規事業の立ち上げに関わる。現在は「対話(ダイアローグ)」の実践と研究に没頭中。代表事例に、長野県小布施町と慶應SDMとの共同事業「小布施インキュベーションキャンプ」がある。
著書『37.5歳のいま思う、生き方、働き方」(クロスメディア・マーケティング)、『新人コンサルタントが入社時に叩き込まれる「問題解決」の基礎講座」(日本実業出版)、『森と共に、歩む日々』(金風舎)

 

◆Waris Innovation Hubについて
【設立】:2016年12月(株式会社Waris内にてプロジェクトとして発足)
Waris Innovation Hubは、多くの企業・団体・個人のみなさんと「働く」についてリサーチや対話など交え、「新しい時代の働き方」を創っていくうえでのヒントやノウハウを発信してまいります。
https://waris.co.jp/wih/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします