働き方や今後のキャリアについての悩みや不安――どう考えて、どう対処していったらいいでしょう?30代40代の働く女性に対するサポート経験が豊富なキャリアカウンセラー・島谷美奈子さんがお答えします。

【今回のお悩み】

ベンチャー企業で働くのはリスクが高い選択ですか?
(35歳・営業・会社員)

大手企業で営業職をしています。これまでの経験を活かし、フリーランスとしてベンチャー企業で働くことを考えているのですが、正直、安定性に不安があります。安心して働けるかどうか見きわめるポイントはありますか?

新的な技術やサービスを生かした事業を展開するベンチャー企業。その事業内容に関心を持ち、ベンチャー企業で働くことを希望するキャリア女性が増えています。けれども、将来性や組織の安定性に不安を感じ、決断を躊躇するケースもあるようです。
そこで今回は、キャリア女性がベンチャーでの就業を考える際の、4つのチェックポイントについて解説します。

 

経営参画の視点を持てるか

幹部候補向けの教育を受けて育った大手の経営層と違い、ベンチャー企業の経営層のバックグランドは多様です。「技術開発の経験は豊富だが、人材マネジメントは未経験」など、得意な領域にバラつきがあることも多いのです。また、周囲を固めるコアメンバーも、同じ業界出身者が集まっているなど、業種や職種に偏りがある場合もあります。

 

そのような環境であっても、「経営層の不足領域を自分がカバーして事業成長を加速化させる」「組織作りにも関わり企業の土台作りを行う」など、プロフェッショナルのフリーランサーとして視座を上げ、「経営参画」の視点で関わることができるかどうかが大切です。

 

2)カルチャーフィットしているか

スモールサイズの企業の場合、一緒に働くメンバーとの関係密度が高くなります。事業を成長させるため、積極的にメンバーと関わり、協力して業務を進める必要があるからです。

そのため、事業内容への関心度は共通であっても、価値観の違いがあまりに大きければ業務の推進に影響をきたす場合もあるでしょう。

 

ベンチャー企業を退職した方からよく聞くフレーズに「言葉が通じなかった」というものがあります。同じ単語について話しているのに、お互いの認識があまりに違っていて、あたかも外国語を聞いているような気持になるということです。

 

経営層だけでなく、一緒に働くメンバーとも何度か顔を合わせる機会を持つなど、事前に互いの価値観を確認しておくとよいでしょう。

 

3)ライフイベント/ライフワークとの折り合いはついているか

ベンチャー企業で働く最大の魅力は、大企業では難しいチャレンジができることです。

たとえば、「事業の企画から参画できる」「マーケティング業務だけでなく広報も担当できる」「若手の指導にも挑戦できる」などのケースが考えられます。

一方で、「管理部門が整備されていないため事務作業が煩雑」「情報取集のため外部機関にその都度照会する必要がある」などの手間も発生するかもしれません。

 

そのような環境の中で、経営に参画しながら事業成長に貢献し、フリーランサーとして成果を出していくためには、エネルギーが必要です。

 

今の自分が、十分にエネルギーを蓄えている時期かどうかも確認しておきたいものです。

子どもの受験や夫の転職など家庭の状況が気になる時期であったり、他に負荷が重い案件を抱えていて不安があるとしたら、業務スタート時期を見直してもよいかもしれません。

 

4)働きたい理由は明確か

そもそも、そのベンチャー企業に参画したい理由はどのようなものだったでしょうか。

「働き方が選べるので家庭と両立しやすい」「知人の紹介で融通が利きそう」などの条件面を重視して選んでいたということはありませんか?

 

革新的な技術やサービスを核とするベンチャー企業、中でも創業して数年のスタートアップ企業は、今まさに事業の基盤づくりをしている時期です。

参画するメンバー、一人一人の力が事業に大きな影響を与えます。その責任の一翼を担っていることを忘れず、経営参画の視点を持ち、混沌とした成長の過程も楽しみながら、大手企業ではできなかったことを実現させていくイメージができるかどうかを見きわめておきたいものです。

 

企業のカルチャーや自身の状況をよく見きわめ、参画することを決断したあかつきには、ベンチャー企業での経験が、あなたのフリーランサーとしての経験値を各段に上げてくれることでしょう。

大きなチャレンジができるのもベンチャーならではの魅力のひとつよね!
変化やスピード感を楽しめる人が向いているかもね。
by サキ

キャリアカウンセラー/島谷美奈子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー。福岡県出身。15年以上にわたり人材ビジネス業界、公的機関等にて人材活用・キャリアカウンセリングに従事。のべ5000名以上のカウンセリング実績を持つ。現在は、株式会社Warisでキャリアカウンセラーを担当するほか、女性の再就職セミナー講師、大手企業の職場環境改善委員を務める。横浜ウーマンビジネスフェスタ2015・2016実行委員。
http://waris.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします