2015年9月、東京・神保町の一角に、カウンター12席の小さな定食屋さん『未来食堂』がオープンしました。

事業計画書の公開、50分のお手伝いで1食が無料で食べられる「まかない」、おかずのオーダーメイドができる「あつらえ」など、前例のないシステムで飲食業界を驚かせた経営者の小林せかいさんは、日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017【食ビジネス革新賞】」を受賞。

そんなせかいさんと、Waris共同経営者の河は、実は中学・高校時代の同級生です。長年の友人として互いのキャリアを見つめてきた二人が、「自分のキャリアを自分で切り拓く」というテーマで語り合いました。
今回はその第2回目です(全3回)。(第1回IBM、クックパッドのエンジニアから食堂経営へ、異色の転身はこちら )

身近な人がファンになれないサービスはうまくいかない

顔アイコンkawa河京子(以下、「河」)

今、仕事と家庭を両立している女性の中には、パートナーシップに課題を抱えている人が少なくない。仕事を続けることに関して、パートナーの理解や協力が得られないとか。

せかいの旦那さんは金融機関勤務で、お店の会計周りもサポートしてくれていて。自分のやりたいことをパートナーと共有しながら進んでいけるのは、理想的な関係だよね。

顔アイコンsekai
小林せかいさん(以下、「せかい」) 私のアイディアを、夫が実現可能性の面から支援してくれている。専門家と二人三脚で歩んでいけるのは、本当に心強い。

 


未来食堂を開くとき、旦那さんはまったく反対しなかったの?

 

顔アイコンsekai2
夫は、私が学生時代、学園祭で喫茶店を出していたときから店を手伝ってくれていた。「いつか店を持つ」という私の思いも知っていたので、クックパッドを辞めて店を開くときも、ごく自然に受け入れてくれたかな。

顔アイコンkawa2
素晴らしい! 会社を辞めて独立・開業したい、フリーランスになりたい、転職したいという思いを持っていても、パートナーになかなか言えないという女性が多いと思うんだよね。

 

顔アイコンsekai2

一番近くにいるパートナーに言えないんだったら、全世界に向かって「私はこんなサービスをやります」とは言えないんじゃないかな。それに、身近な人がファンになれないサービスなら、実行してもうまくいかないと思う。家族の理解を得られないということは、計画のどこかに欠陥があるということ。私なら計画を見直すかな。

(右)未来食堂 小林 せかい/東京工業大学理学部数学科卒業。日本IBM、クックパッドでエンジニアとして勤務した後、さまざまな飲食店での修業を経て、2015年9月、東京都千代田区一ツ橋に『未来食堂』を開業。事業計画書や毎月の売上をすべて公開する「オープンソース化」や、50分のお手伝いで1食が無料で食べられる「まかない」など前例のないシステムで飲食業界に革命を起こし、日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017【食ビジネス革新賞】」を受賞。http://miraishokudo.com/
(左)株式会社Waris共同代表 河 京子/慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科卒業。株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)で、企業と個人のマッチングや、大型採用を行う企業への、採用コミュニケーションプランの立案などを担当。リクルートキャリア在籍中の2013年4月、ハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。2014年6月にリクルートキャリアを退職し現職。http://waris.co.jp/

夫の協力が見込めないなら、10ある家事を8にしてしまえばいい

顔アイコンkawa2仕事と家事・育児との両立に悩み、会社員からフリーランスになることを選択するハイキャリア女性も多い。夫の仕事が多忙すぎて、育児に協力できない。仕方なく、家事・育児の負担を抱えたまま、自分が働き方を変えるという選択をする。

ただ一方で、確かに仕事を続けることはできるけれど、家庭内での役割分担がますます固定化するというジレンマに陥ってしまっている人も多いんだよね。

 

顔アイコンsekai2

たとえば家事・育児にかかる時間や労力が「10」あったとして、そのすべてを自分が負担しなければならないと思うと、当然辛くなるよね。できれば夫と5:5、それが無理でもせめて8:2にしたいというのが一般的かもしれない。けど、夫の協力が見込めないなら、いっそ「8:0」にしてしまえばよくない?って思うんだよね。

顔アイコンkawa2


10ある家事・育児のうち、2はやらないということ?

 

顔アイコンsekai2

そう。仕事も家庭も、完璧を求めると苦しくなる。そんなにがんばらなくてもいい。「母たるもの、こうあらねば」という思い込みを、一度手放すと楽になるんじゃないかな。実は、未来食堂も同じシステムで。「飲食店たるもの、こうあらねば」という常識の外に出るところから出発している。

誰もが受け入れられ、誰もがふさわしい場所を作りたい

顔アイコンkawa2いい意味での「適当さ」が大切ということだね。

 

 

顔アイコンsekai2未来食堂にはメニューが無い。ランチは日替わりで、毎日一種類だけ。メニュー写真もないので、今日はトマトが手に入らないからにんじんで小鉢を作ろう、というような融通がきく。ごはんはおひつから自分でよそってもらうスタイルなんだけど、その日に炊いたごはんがなくなってしまい、代わりにレーズンパンを出したこともあるよ(笑)。

 

顔アイコンkawa2

レーズンパン!さすが(笑)。ただ、定食屋さんに来たら、私はやっぱりごはんが食べたい(笑)。

 

顔アイコンsekai2

ご飯が食べたければ、上のコンビニでおにぎりやレトルトご飯を買ってきてもらう(笑)。でもお客様がそれで納得していたら、何も問題ない。初めて手伝いに来てくれたまかないさん(『まかない』をする人)は、さすがにその光景を見て衝撃を受けてるけど(笑)。でも、不思議とお客さんは怒らない。白いごはんは食べられなかったけど、レーズンパンが食べられて何となく楽しかったからまた来よう、と思ってくれる。未来食堂の核には「誰もが受け入れられ、誰もがふさわしい場所」を作りたいという理念があるんだけど、そのコンセプトを伝えるために、「10」の完璧なサービスは必要ないから。

顔アイコンkawa2
たくさんメニューがあって、写真通りの料理が出てくるというような完璧さを、お客さんは未来食堂に求めていないってことだよね。こんなふうに、ありのままの自分を受け入れてくれる場所はなかなかない。せかいがお客さんやまかないさんを受け入れていると同時に、せかい自身も、お客さんやまかないさんに受け入れられている。

顔アイコンsekai2


いま苦しい人も、自分の周りに殻をつくらず人に頼ること、甘えることで、少し楽になるかもしれないね。わたしがまかないさんに感じて学んでほしいのは、そういう『完璧を目指さない姿勢』と、それで満足しているお客様の姿かな。

 

(第3回に続く)

取材・文/ 髙橋実帆子(Cue powered by Waris編集部) 撮影/工藤朋子

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします