フリーランスのみなさん、会社員時代に毎月の給与明細をチェックしていましたか?

当然ですが、フリーランスと会社員ではお金の入り方が異なります。会社員の場合は決まった収入がルーチンで入ってきますので、とくに管理に気を使わなくても、よほどのことがない限り生活は回ります。「給与明細はほとんど見なかった」という方も多いかもしれません。

ところがフリーランスでは、一転して収入が不安定になります。不安定であることを前提に、お金をやりくりしていかなければなりません。

でも、安心してください。フリーランスになったからといって、極端な節約をする必要も、複雑にお金を管理する必要もないのです。

 

支出入と税金、社会保険料を意識することから

まずするべきことは、お金の管理能力を身につけること。そのために、お金に関する「情報感度」を上げていきましょう。毎月の支出と収入、税金、社会保険料をしっかりと把握するのはもちろん、税金や確定申告について勉強し、賢くやりくりするための知識を備えておくことが大切です。

これからフリーランスを目指す方は、ぜひ会社員のうちにこうしたことを習慣化し、お金の勉強をしておくとよいでしょう。給与明細を毎月きちんと確認することから始めてください。

 

「絶対に大丈夫」のポジティブ思考がお金を呼ぶ

 私のお客さまの中にも、フリーランスでお仕事をされている方がたくさんいらっしゃいます。
中でも成功している方の共通点は、とにかく「ポジティブ」ということ。

「お金に困る気がしない」「絶対に大丈夫!」と口にして、フリーランスであることを楽しんでいる方が、結果としていい波に乗っています。

 

理屈ではなかなか説明できないのですが、実際にお客さまを分析してみると、お金とマインドは密接な関係があります。
同じレベルのスキルを持っている場合は、マインドによって結果が分かれるのです。

ただ、個人で仕事をしていると、意識しない限りポジティブでい続けることは難しいですから、マインドを上げるためのツールを意識して取り入れましょう。

たとえば、ポジティブな本を毎月3冊は必ず読むというようなことでも十分です。「マインドをいかに上げるか」「根拠のない自信をどれだけ持てるか」ということが明確にお金に影響してくることを、ぜひ覚えておいてください。

 

次回は、お金に対する「不安」と「期待」のバランスのとり方、いわば「守り」のお金と「攻め」のお金についてお話しします。

ポジティブ思考。意外に難しいけど、フリーランスであることを楽しむことが大切なのね!
byサキ

ファイナンシャルプランナー/CFP認定者 高山一恵

女性向けFPオフィスの設立、取締役を経て、現在は株式会社Money&You取締役。同社が運営する女性と女性FPのマッチングサイト 『FP Café®』事業に注力する傍ら、相談業務、寄稿、講座などを通して女性の人生に関わるお金の知識を伝えている。
株式会社Money&You http://moneyandyou.jp
FP Cafe®

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします