「やりたいこと」を見つけるには・・・

2012年2月、私は「やりたいこと」を実現するために会社を辞め、フリーランスになりました。私がやりたかったことは「女性がイキイキ働き続けることを直接応援すること」。

で、具体的に何をするの――――?どうやって「女性がイキイキ働き続けること」を応援するの―――?実はこれがすぐには見つからなかったんです。こういう方、けっこういらっしゃるんじゃないでしょうか?

「行きたい方向」「ありたい姿」は見えている。でもそれが、すごく遠くにあって・・・。そこへの行き方がわからない、具体的に実現するための方法がわからない・・・というケースです。私の場合はまさにそうでした。

ですから、想いにあふれて退職・独立したはいいものの、具体的に何をやったらいいかがよくわからず、この時期は非常に「モヤモヤ」していました。

結局、無我夢中で手足を動かしていたら、同じような想いを持つ仲間に出会い、Warisという会社を共同創業することにつながりました。今、会社は4年目になります。

まだまだ小さな規模ですが、自由で多様な働き方をしたい個人と企業とをつなぐジョブマッチングの仕事をしています。

 

「モヤモヤ期」を打開する3つの行動

今回は私なりに、このフリーランスの「モヤモヤ期」をどう打開したのかについてお伝えします。

 

1. とにかく「今できること」をやる

モヤモヤ、焦りはあるものの、フリーランスなので動かなければ収入もないわけですね。ですからとにかく「自分が今できること」にフォーカスして行動しました。私の場合は、出版社で10年以上雑誌記者をしていたのでライター・編集のスキルがあります。

特に「女性のキャリア」について多数の取材をしてきたのでその経験を活かして、前職や前職時代の知人の編集者などから仕事をいただきました。

また、在職中にキャリアカウンセラーの資格を取得していたので、この資格を活かして「できること」はないだろうかと考えました。

友人の女性たちに協力してもらい、習得したカウンセリングのスキルをベースに無料でキャリアカウンセリングをさせてもらいました。半年間で100人ほどお会いしました。このときに同世代の女性たちの生の声に触れられたことがWarisという会社を創業する際にも非常に参考になりました。

 

2. 想いを言葉で伝えるpixta_7235188_S

記者時代に取材させていただいた方が、印象的なことをおっしゃっていました。「田中さん、口に十と書いて『叶う』という字になるでしょう?叶えたいことがあったら、十回と言わず、百回でも千回でも口にしたらいいよ」と。

実際、フリーランスで「モヤモヤ」としていた時期、「女性がイキイキ働き続けることを応援したい(具体的に何をするかは決まっていないけど・・・)」というのを会う人、会う人に伝えていきました。

フリーランスとしてのホームページもつくり、ブログやSNSでもその想いを発信しました。そうすると不思議と「やりたいこと」に関連した情報が飛び込んでくるのです。一番象徴的だったのは人との出会いです。

事実、やりたいことを発信しているうちに今の会社の共同創業者たちと出会い、“具体的に”女性がイキイキ働き続けることをサポートするためのプロジェクトがスタートしました。

 

3. 興味のあるジャンルでコミュニティを運営する

この「モヤモヤ時期」に私は「働く女性向け」の勉強会を3つほど運営していました。一人でやっていたわけではなく、「女性のキャリア」に課題を感じる同じような考え方の仲間とそれぞれ運営していました。どれも参加者は毎回10~20人程度で、SNSを通じて知人を中心に集まっては、「女性のキャリア」「女性がイキイキ働き続けるには」といったテーマで講師の方を呼んでお話を聞いたり、自分たちでワークを行ったりしていました。

実はこのときに一緒に勉強会を運営していた女性二人が、今、Warisという会社の共同創業者でもあります。勉強会で多くの女性と接して、運営するうえでいろんな意見を交わす中で「もっと自由で能力を活かせる働き方があったらいいのでは?」という気づきに至り、「そういう働き方・仕事をマッチングさせる会社があればいいよね!」という具体案へとつながっていったのでした。

 

楽観的に!自分に問いかけ続ける

私の場合は結果的に、個人で事業を行う(=フリーランス)のではなく、「Waris」という株式会社を創って事業を行うことにつながりましたが、もちろん、フリーランスという形で、具体的にやりたいことを実現していく方法もあると思います。

大切なことは、「自分は何がしたいのか?」「それを具体的にどう実現するのか?」自分自身に問いかけ、行動し続けることではないでしょうか。落ち込むときもありますけど、極力、いつも「楽観的に」!

田中美和プロフィールPH

株式会社Waris共同代表・キャリアカウンセラー 田中美和

日経ホーム出版社・日経BP社で約10年編集記者。特に雑誌「日経ウーマン」で女性のキャリアを広く取材。調査・取材で接してきた働く女性はのべ3万人以上。女性が自分らしく働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスを経て、2013年ハイスキル女性と企業とのフレキシブルなお仕事マッチングを行う株式会社Warisを共同設立。共同代表。著書に「普通の会社員がフリーランスで稼ぐ」がある。
http://waris.co.jp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします