企画・営業・マーケ・人事・・・など、総合職系のフリーランスとして活躍する女性たちに、「フリーランスになったきっかけ」「これまでのキャリアの変遷」「フリーランスとしての働き方・働く魅力」を伺いました。

フリーランスとして働き始めたきっかけは何ですか?

外資系コンサルティング会社に勤めている時に出産し、仕事と育児の両立が始まりました。母になってみて、保育園に預けてまで働くのなら、より専門性を磨きたい、との思いで、その後 別の組織・人事系のコンサルティング会社 へ転職。ここでの仕事はまさに自分が求めていたやりがいあふれるものである一方で、尋常でないワークロードで・・・海外のメンバーとチームを組んでいたため、電話会議が24時にスタートし、1時に就寝して4時に起きる生活。育児の大部分は実家に頼りっぱなしでした。

あるとき、保育園の年一回の個人面談で先生から「息子さんはクラスの中でも特にできることが少ない。お母さん、今、子育てに時間をかけないでいいの?」と言われてしまいました。

いつも時間に追われていて、たとえば洋服のチャックを閉めるのも私がやってしまうので、息子はいつまでたっても自分で閉められるようにならない。自分のハードワークのしわ寄せは、子どもが食らっているのだ、と突き付けられました。

それをきっかけに、プロジェクト数を減らしてもらうことや、海外チームとの連携に必要な深夜対応は外注することなど、社長・上司に検討していただいたのですが、実現にはどうしても時間がかかるとわかったので、退職して独立しました。

 

Q 会社員時代は、どんなお仕事をされていましたか?

大学院でも“高等教育とキャリア形成”を専門に研究していたのですが、市場調査に関わりながらさまざまな業界を俯瞰できればと、ネットリサーチを手がけるマーケティング会社に新卒で入りました。その後、外資系コンサルティング会社に転職。人事戦略に関わる仕事に携わりました。面白さ抜群の超エリート層を採用する現場でしたが、人が人を選ぶこと、選んだ人・組織がうまくはまるケースとそうでないケースを目にする中で、より多くの人の職業生活が幸福になる手伝いをしたいとの思いが強くなり、人材・組織開発を専門に手掛けるコンサルティング会社に移りました。

 

Q 今、フリーランスとしてどのようなお仕事をされていますか?

私は会社員時代から「性格行動特性」を専門に、さまざまな企業に対して主に人事組織分野でのコンサルティングを行っています。性格行動特性というのは、アセスメントツールやインタビューを通じて把握した、その人の定量面・定性面での「特性」、いわば「持ち味」です。それを、組織がよりよく機能するためにどう生かすか、マネジメントとして一人一人のメンバーやチームにどうアプローチするかを提案・アドバイスするのが私の仕事です。

 

会社員時代の発展形の範囲で、お手伝いできる案件もあれば、自身がこれまで見えていなかった前提から問い直すことを迫られる案件にも遭遇し、日々鍛えられます。例えば、会社員時代に担当していた従業員規模10万人を超える企業の組織活性プロジェクトと比較すると、現クライアントの20名弱から一番大きくても500名規模組織においては、“変革へのリアリティー”が圧倒的に求められます。一年後に変化の兆しが見えれば・・・といった調子で終わるわけにはいきません。「明日には、今日よりよくしておきたい」と切望しておられるクライアント経営者とその背後に見えるご家族、従業員の方々の面々をリアルに浮かべながら、青写真で終わらない具体策を持って対峙します。とはいえ、クライアント側が思いの強さゆえに近視眼的に目先の数字に終始することや、性格行動特性を視野に入れないビジョン独り歩き型の組織運営に陥ることもあるので、そこはまさに木を見たり森を見たり、鳥になったり蟻になったり・・・(笑)。リスクを背負って闘っておられるクライアントへの敬意を払いつつ、こちらは具体的な改善策の提示と実行支援で応える毎日です。

 

Q 勅使川原さんにとってフリーランスで働く魅力は何ですか?pixta_21875842_S

フリーランスとして仕事をし始めると、「もっと新しい実績を作りたい」「もっと頑張りたい」という気持ちが沸いてきます。そこはブレーキをかけながら・・・今は会社員時代の3分の2くらいの労働時間です。自分で予定を組めるので、詰めるところとはとことん詰めて、週休を増やすことも可能です。海外旅行も行けるし、ちょっとした休みに「軽井沢にトンボ見に行こうか〜」なんて言えるようになりましたね。息子もいろんな人に「変わったね」と言われるくらい、成長しました。

実は、独立したときに決めた4つのことがあるんです。①子どもといっしょに寝る。抱っこと言われたときに抱っこする。②人事組織領域の専門性を突き詰める。③報酬は会社員時代の2倍以上をめざす。④週45時間以上眠る。この4輪を回すことが絶対です。報酬面では、働きに見合った収入が得られていると思います。きちんと金額のご提示をして、そのぶん期待値を上回れるようにしっかりと働く。例えば小さなことですが、朝9時のアポイントなら、7時には近くのカフェにスタンバイして事前準備するなど、少しでもクライアントに満足していただけるように常に意識しています。

 

Q 今後のキャリアをどう描いていらっしゃいますか?

フリーランスは自分が伸びようとしなければ伸びないので、今はそのための壁打ち相手がほしい時期です。現状の働き方のままでは、頭打ちになってしまうのでは・・・という懸念もあります。また、細かいオペレーションをひとりでこなさなければならないので、労働集約型の働き方になってしまうのも課題です。会社組織にするのがよいのか、会社員に戻るのもありなのか、後進の育成をするべきか、あるいは自身のコンサルティングをパッケージ化して企業様にご提示するのかなど、今後についてはさまざま思いを巡らせています。

実はいま、性格行動特性を教育現場にも普及させたいと思っていて。無償でやらせてもらえないかと中学高校の先生たちにアプローチしているところです。自己理解が深まる16歳前後の時期に、ある程度自分の取扱説明書を持っておくことは人生の武器になるので、このテーマは“息子へのエール”という意味も込めて取り組んでいきたいです。

風水の母、動物占いの父・・・じゃないですけど、私もいつか “性格行動特性の勅使川原”と呼ばれるくらい、自身の仕事を極めていければと思います。

 

取材・文/横山さと(Cue powered by Waris編集部)

※勅使川原さんにお仕事をご依頼されたいなどご連絡取られたい場合はCue編集部 info_cue@waris.co.jp  までお問い合わせください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします