できれば円満に転職・独立したいもの。そのためにはどういったところに気をつければいいのでしょう?女性の雇用問題等に詳しい社会保険労務士の佐佐木由美子さんが、スムーズな退職と入社・独立のお作法について解説します。

 

退職を申し出るときのポイントpixta_20983502_S

これまで慣れ親しんでいた職場を離れて、新しい会社へ転職するのは、誰しも勇気が要ることです。まして、独立してフリーランス(個人事業主)になる、ということであれば、不退転の決意で臨まれることでしょう。

スムーズな転職・独立のために大切なことは、これまでの職場を円満に退職するということ。いつ辞めると切り出すか、悩ましいところではないでしょうか。

一般的な就業規則では、自己都合で退職するときは1か月前までの申出をルールとしている会社が多いことと思います。期間の定めのない労働契約の場合は、会社の承諾がなくとも、民法の規定により退職の申出をした日から起算して、原則として14日を経過したときは退職できることになっています。

とはいえ、実際に2週間前に「退職します」と言われたら、会社も後任を探す準備もできませんし、1か月前であっても、会社側からすれば引き継ぎを含めて「時間がない」と感じることでしょう。

会社の規模にもよりますが、2~3か月前に退職の意向を伝えて調整を行うことができれば、現場サイドとしても助かることでしょう。自分でマニュアルを作成するなど、できる限り業務の引き継ぎをスムーズに行えるよう努力し、細やかな配慮を示すことが円満退職には大切なポイントです。

 

秘密保持契約等を求められることも

退職するときに、会社によっては退職時の秘密保持契約を求められることがあります。それは、今までの業務において知りえた顧客情報や、営業秘密などに関して、一切漏えいしないというものです。

不履行に対しては、損害賠償請求が可能です。秘密保持契約が締結されない場合でも、就業規則等に退職後の秘密保持義務について規定されていることが多いので、くれぐれも注意したいところです。

また、同業他社への転職や事業を行うことについて、競業避止義務の誓約書を課されることがあります。この有効性については、企業の利益、退職者の不利益及び社会的利害の3つの視点に立って慎重に検討するものとされており、合理的範囲内の競業制限でなければならないとされています。

 

不要なデータの削除を!pixta_17153100_S

これまで会社から貸与されて自分専用として使っていたパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどの電子機器については、不要なデータを削除しておきます。一方で、業務で今後も利用するデータや資料などは、誰が見てもわかるように整理しておくとよいでしょう。

また、自分の名刺を利用することはありませんから、シュレッダーにかけて処分します。お客様や取引先からいただいた名刺については、会社に置いていくのが望ましいでしょう。

なお、社員証や入館するためのIDカード、社章、その他会社から貸与されていたものは、漏れなく返却します。保険証も退職日翌日以降は利用できませんので、退職日に会社に返却しましょう。

 

退職のご挨拶マナーを大切に

退職については、正式な退職日が決まってから、まず社内の関係者に報告します。特にお世話になった方には、直接ご挨拶するのが望ましいといえるでしょう。

顧客、また業務上のお付き合いのあった取引先と懇意にしていたときは、挨拶状などの書面でご案内をします。時間があれば、後任者を連れて一緒にご挨拶に伺うのが、より丁寧な対応といえるでしょう。

そのとき、くれぐれも気を付けたいのは、同業他社へ転職したり、独立したりするような場合。同じ業界で仕事をしていく場合でも、自分や転職先をアピールするような言動は慎むことは最低限守っておきたいマナーです。

退職時のこうした言動を、意外と人は見ているものです。フリーランスの場合は、独立後も前職関係者から業務を委託されることが少なくありません。お世話になった会社や職場の人たちと良好な関係をこれからも築いていくために、節度ある対応を心掛けましょう。

立つ鳥跡を濁さずね!次のステージで活躍するためにも今の関係を大切にしなきゃ。
by ナオコ

社会保険労務士
グレース・パートナーズ社労士事務所代表 佐佐木由美子

中小・ベンチャー企業を中心に就業規則、人事労務・社会保険面をサポートするほか、女性の雇用問題に力を注ぎ、出産後も女性が働き続けられる雇用環境をサポート。著書に「知らないともらえないお金の話~病気、ケガ、育児…人生の転機でもらえる給付金活用術」(実業之日本社)等。働く女性の職場環境改善のための情報共有サロン「Salon de Grace」、Facebookページ「グレース・プロジェクト」主宰。
http://www.sasaki-sr.net/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします